周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福成寺文書3

    三 毛利弘元書状

 

 爲末代愁訴も如何ニ候之間、就御申御奉行衆承候者、以次心底申上

 度候、被御心得分候て可御意候、委細之旨、飯田下野守護御使者

 可申入候、毎事重而恐惶謹言、

       三月廿一日         弘元(花押)

      (周防興隆寺

      氷上別當御坊

            御報 御同宿御中

       (切封)

       「 ﹅ ﹅ 」

 

 「書き下し文」

 末代のため愁訴も如何に候ふの間、御申しに就き御奉行衆より承り候はば、次いでを以て心底申し上げ度く候ふ、御心得分けられ候ひて御意を懸けらるべく候ふ、委細の旨、飯田下野守護の御使者申し入るべく候ふ、毎事重ねて恐惶謹言、

 

 「解釈」

 今後のため、愁訴もどのようにするべきか考えておりましたところ、あなた様の御申し出について、大内氏の御奉行衆からお聞きしますならば、ついでをもって本心を申し上げたいです。それをお聞き分けになってお心遣いください。詳細は飯田下野が守護の御使者に申し入れるはずです。すべてのことを重ねがさね謹んで申し上げます。

 

*さっぱり解釈できませんでした。

 

 「注釈」

興隆寺」─現山口市大字大内御堀氷上。天台宗の古刹で、山号は氷上山、本尊釈迦如

      来。〔創建〕大内盛見が応永十一年(一四〇四)二月、興隆寺本堂の再建

      供養に際して納めた興隆寺本堂供養日記(興隆寺文書)に、推古天皇十九

      年に、大内家の祖百済国の琳聖太子が創建した仏閣であると述べている。

      天長四年(八二七)頃、大内重村が妙見社を寺中に造立してから、大内氏

      の氏寺と定められたという。

      興隆寺の名は正嘉元年(一二五七)大内広定が施入した銅鐘の銘文に「興

      隆寺 奉施入 権介散位多々良弘貞 娑婆世界南閻浮提大日本国山陽道

      防国吉敷郡大内村氷上山興隆寺搥鐘也 正嘉元年丁巳十一月廿七日 鋳冶

      大工丹治助利 観達金剛仏子定直」とあったという(寛延三年「氷上山秘

      奥記」)が、鐘は現存しない。また氷上寺とも称したらしく、弘安五年

      (一二八二)の興隆寺文書に「氷上てらはたゝらのうちてらなり」とみえ

      る。南北朝時代の文書には氷上寺・興隆寺と二つの寺号が入り交じって記

      される。