周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福成寺文書6

    六 小早川隆景書状

 

 至此間者厳嶋、山中衆下向、炎天之時分御気⬜︎儀候、次用段之儀、従両人

 可申候、御同心可祝着候、猶日名内源三可申候、恐々謹言、

       七月一日          隆景(花押)

       福成寺 一山中

 

 「書き下し文」

 此の間に至りては、厳島に山中衆下向す、炎天の時分に御気⬜︎儀に候ふ、ついでに用段の儀、両人より申すべく候ふ、御同心祝着たるべく候ふ、猶ほ日名内源三申すべく候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 この間、厳島に山中衆が下向した。炎天の時分にお気遣いくださいました。次いで、話し合いの件について、両人から申すはずです。こちらとお心を合わせてくださることに満足しております。なお、日名内源三が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

*さっぱり解釈できませんでした。

 

 「注釈」

「日名内源三」─三原市本郷町南方に拠点をもつ小早川氏の被官か。

「用段」─「用談」のことか。