周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福成寺文書7

    七 小早川隆景書状

 

 當山之儀、前々姿聊無相違申談、何篇不疎意候、猶裳懸河内守可

 申候、恐々謹言、

       十月九日          隆景(花押)

      福成寺々務 御同宿中

 

 「書き下し文」

 当山の儀、前々の姿聊かも相違無く申し談じ、何篇疎意を存ずべからず候ふ、猶ほ裳

 懸河内守申すべく候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 当山福成寺のことは、以前の習わしと少しも異なることなく相談し申し上げ、何事についても疎ましく思い申し上げるはずもありません。さらに、裳懸河内守が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「裳懸」─裳懸河内守盛聡か(村井良介「芸備国衆家臣団一覧表」

     https://core.ac.uk/download/pdf/35266460.pdf)参照)。