周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福成寺文書9(完)

    九 阿曾沼元秀書状

 (端裏捻封ウハ書)

 「                     より

      [   ]

            ⬜︎同宿中       阿豊 」

   已上

 今度者御無心之儀申候処ニ、御分別本望存候、清道寺廿石之地令之候、可

 有御知行候、弥々御馳走憑存候、恐々謹言、

      慶長二(1597)       阿曾沼

       五月十日         豊後守(花押)

 

 「書き下し文」

   已上

 今度は御無心の儀申し候ふ処に、御分別本望に存じ候ふ、清道寺二十石の地之を進ら

 せしめ候ふ、弥々御馳走憑み存じ候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 この度は遠慮ないお願いを申し上げましたが、道理をわきまえてくださり満足しております。清道寺二十石の地を進上させます。ますますご奔走なさるのを頼りに思い申し上げております。以上、謹んで申し上げます。