周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井昭氏所蔵)6

    六 杉隆宣書状(切紙)

 

 内々かの平二郎申しさい候条、於此方よくゝゝ相きわめ、すてにしき相調候、

 城内之儀、右之人と申たんし、そのかくこ肝要にて候ふ、なを定兼可申候、恐々

 謹言、

       六月十六日          隆宣(花押)

         (房家)

       石井和泉守殿

             進之候

 

 「書き下し文」

 内々に彼の平二郎申す子細候ふ条、此方に於いてよくよく相究め、既に仕儀相調ひ候

 ふ、城内の儀、右の人と申し談じ、その恪勤肝要にて候ふ、猶ほ定兼申すべく候ふ、

 恐々謹言、

 

 「解釈」

 内々にあの平二郎の申し上げる事情がありました件について、こちらで十分に究明し、すでに調整しました。城内の件については、右の人と相談し申し上げ、奉公に励むことが大切です。さらに、定兼が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。