周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井英三氏所蔵)2

    二 毛利隆元書状寫

 

 毛利隆元公御判物

『竪紙』

 石井侘言事、『以下三字不分明』、於防州之地『以下文字不知』、右可

(粟屋元親)

 粟右『以下右同断』、罷下裁判候て遣候へと、可被申聞候、謹言、

       十一月四日            隆元御書判

               『端書ニ』

                (石井宗勝ヵ)

                 弥三郎殿   隆元

 

 「書き下し文」

 石井の侘言の事、『以下三字不分明』、防州の地に於いて『以下文字知らず』、右之を遣はすべし粟右『以下右同断』、裁判に罷り下り候ひて遣はし候へと、申し聞かせらるべく候ふ、謹言、

 

*解釈はよくわからなかったので、省略しました。