周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井英三氏所蔵)5

    五 大内氏奉行人書状寫

 

『横紙書翰』(安藝賀茂郡

 今度造賀之要害、不慮可必定之処、不思儀子細聞出、堅固大慶候、就

 忠切之次第、遂注進候、定而可 仰出賀候、弥々馳走肝要候、恐々

 謹言、

                『杉次郎左衛門尉』

       十一月十八日         隆宣

         (房家)           『在判』

       石井和泉守殿

 

 「書き下し文」

 今度造賀の要害、不慮必定たるべきの処、不思儀に子細を聞き出し、堅固大慶にて

 候ふ、其の忠節の次第に就き、注進を遂げ候ふ、定めて仰せ出だし賀せられるべく

 候ふ、弥々馳走肝要にて候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 今度、造賀要害で思いも寄らないことがきっと起きるはずであったのに、思いがけずその事情を聞き出し、要害を堅固に守ったことは非常にめでたいことです。その忠節の事情については、大内様に注進しました。きっとお慶びの言葉を仰せになるはずです。ますます奔走することが大切です。以上、謹んで申し上げます。

 

*解釈はよくわかりませんでした。