周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

武谷三男1

武谷三男著作集1『弁証法の諸問題』勁草書房 1968.6.15

 

*単なる備忘録なので、閲覧・検索には適していません。

 また、誤字・脱字の訂正もしていません。

 

 

「哲学はいかにして有効さを取戻しうるか」

矛盾や困難が生じた場合に、二通りの見解があらわれ、一つは理論の変更すなわち機能的側面(諸現象の法則化、再法則化カ)より解決すべしというもの、他の一つは対象の構造を確立すること、すなわちまた新たなる実体の導入による解決を主張するものである(これが理論を鍛えると言うこと)。そしてこれらの場合すべて機能的主張は否定されて、新たなる実体の導入という主張に軍配が上がった。

すなわち核内電子に関する諸困難、ラドンベリリウムを一緒におくことによって出てくる特殊な線の困難、これらは電子や光子などの法則、機能を変えるものではなく、新たなる実体たる中性子の導入によって解決された。

 

「私」(マッハなどはこの中性子を理念とするが、実体であるがゆえに現象が生ずる。イエの議論もそう。石井、坂田レベルでは理念・概念提起に過ぎないが、村落・百姓レベルにおいてだけではあるが、勝俣、蔵持レベルでは中世史研究に完全に実体として導入し得た。一見理念、学術概念のように見えるが、実体として認識しなければ、それに伴う現象が説明できなかったはず。)

 

 この進展において特徴的な点は矛盾にぶつかると必ず対立した二つの見解があらわれることである。しかしまず最初にあらわれるのは、機能的方向によって解決されると言う考えであった、できるだけ新たなる実体の導入はさけられた。最初はこの努力は結構である。しかし科学は対象の構造を知るのではない、実験結果を法則を立てて整理するに過ぎぬという認識論ではいかんともすべからざる事は、これによってよく分かるであろう。