周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井英三氏所蔵)8

    八 大内氏奉行人奉書寫

 

『横紙感状』(熊)(安藝安南郡

 去九日態野要害落居之時、被疵之次第、依注進、被 御感状

 訖、弥可忠節之由、所仰出之状如件、

     (1527)         陶隆房』(興房)

     大永七年二月十三日       尾張

         (宣家)          『在判』

       石井九郎三郎殿

 

 「書き下し文」

 去んぬる九日熊野要害落居の時、疵を致さるるの次第、注進を遂ぐるにより、御感状を成され訖んぬ、いよいよ忠節を抽でらるべきの由、仰せ出さるるの所の状件のごとし、

 

 「解釈」

 去る二月九日、熊野要害の攻略が落着したとき、疵を受けた状況を注進したことにより、御感状を発給された。ますます忠節を尽くすべきであると仰せになられたのである。