周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

神のお使い その2

  永享五年(一四三三)二月九日条  (『図書寮叢刊 看聞日記』4─145頁)

 

 九日、晴、室町殿八幡社参、自今夕北野七ヶ日可有参籠云々、明後日一万句連歌御法

    二条持基

  楽也、執柄以下廿頭也、諸方連歌経営無他事云々、

 (裏書)

 「聞、室町殿八幡社参御下向之時、馬場辺歩行、御前へ梢より箭一筋落、又猪鼻辺ニ

  箭一拾給、吉事之間御悦喜云々、若公出生之瑞歟、珍重也、又北野参籠之時、イタ

  チヲ被御覧、是天神仕者也、吉瑞共御祝着云々、」

 

 「書き下し文」

 九日、晴る、室町殿八幡に社参す、今夕より北野七ヶ日参籠有るべしと云々、明後日一万句連歌御法楽なり、執柄以下二十頭なり、諸方連歌の経営他事無しと云々、

 (裏書)「聞く、室町殿八幡社参御下向の時、馬場辺りを歩行す、御前へ梢より箭一筋落つ、又猪鼻辺りに箭一つ拾ひ給ふ、吉事の間御悦喜と云々、若公出生の瑞か、珍重なり、又北野参籠の時、いたちを御覧ぜらる、是れ天神に仕ふる者なり、吉瑞ともに御祝着と云々、」

 

 「解釈」

 九日、晴れ。室町殿足利義教石清水八幡宮に参拝した。今夕から七日間北野社に参籠するはずだという。明後日は一万句連歌のご奉納日である。摂政二条持基以下二十人が参加者である。あちこちで連歌会の準備に余念なく奔走しているそうだ。

 (裏書)「聞くところによると、室町殿足利義教石清水八幡宮にご下向になったとき、馬場あたりを歩いていると、義教の御前に梢から矢が一本落ちた。また猪鼻あたりで矢一本をお拾いになった。吉兆なのでお喜びになったそうだ。若君がご誕生になる奇瑞だろうか。また北野社にご参籠のとき、鼬をご覧になった。これは天神様に仕えている動物である。この吉兆はどちらも喜ばしいことだという。

 

 「注釈」

「馬場」─三ノ鳥居から本殿へと続く「馬場先」と呼ばれる参道のことか。

「猪鼻」─猪鼻坂のことか。二の鳥居と神幸橋の間にある上り坂。現在は存在しないよ

     うです(谷村勉「安居頭諸事覚を読む」『会報』五五、八幡の歴史を探究す

     る会http://yrekitan.exblog.jp/iv/detail/?s=23217675&i=201411%2F02%2F25%2Ff0300125_10595954.jpg)。

 

*天神様のお使いといえば、なんといっても牛ですが(北野天満宮HP、http://kitanotenmangu.or.jp/info/blog/第1話%E3%80%80天神様と牛.html)、この記事によると、イタチがお使いとして登場しています。おそらく、牛のほうが古くから天神様と縁が深かったのでしょうが、それにしても、いつからイタチは天神様の使いになったのでしょうか。