周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

荒谷文書2

    二 小早川興景感状

 

 就小田高屋取合之儀、差遣候之処、去月晦日矢疵之段、神妙之至祝着候、

 弥於向後馳走肝要也、仍感状如件、

     (1536)

     天文五年卯月三日         興景(花押)

           (吉長)

         荒谷内蔵丞殿

 

 「書き下し文」

 小田・高屋取り合ひの儀に就き、差し遣はし候ふの処、去月晦日矢疵を被るの段、神妙の至り祝着に候ふ、いよいよ向後に於いて馳走肝要なり、仍て感状件のごとし、

 

 「解釈」

 小田と高屋を取り合っている件について、(あなたを)派遣したところ、去る三月晦日に矢傷を受けたことは、このうえなくけなげなことで満足しております。今後はますます奔走することが大切です。感状は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「小田」─現賀茂郡河内町小田、大和町箱川。宇山村の東南に位置し、北は椋梨村(現

     大和町)と接する。和木村(現大和町)から整流する椋梨川は当村東南部で

     西から支流小田川と合して南流。周辺の山地には緩傾斜面が発達し、小田川

     流域の平地は盆地状の景観を呈する。水利に関しては早くから椋梨村と関係

     が深く、椋梨村川の山頂に溜池を造り、灌漑用水を賄っていた。小田川北岸

     の嶽ヶ平古墳群、椋梨川沿いに深山古墳群があり、須恵器などが出土。

     当村は沼田新庄に属し、仁治四年(1243)二月日付安芸沼田新庄方正検

     注目録写(小早川家文書)に、小田の畝数三五町九反二四〇歩のうち、除田

     三丁一二〇歩・定田三二町九反一二〇歩、所当米五石二斗八合とみえる。

     正平二〇年(1365)四月五日の足利直冬御教書(熊谷家文書)により、

     熊谷直経は小田郷(小早川範平跡)地頭職を内部庄(現高田郡)内の本知行

     分の替地として宛行われている。鎌倉時代に小早川季平の子信平が一分地頭

     として当村に入り、小田を名乗っているが(小早川家系図)、嘉吉元年(1

     441)三月十六日付幕府奉行人連署奉書案(小早川家文書)の小早川有力

     庶子家のうちに小田出雲守、宝徳三年(1451)九月吉日付の小早川本庄

     新庄一家中連判契約状(同文書)の紙背傘連判には小田景信の名がみえる。

     室町時代の小早川氏一族知行分注文(同文書)に小田三七五貫文とあり、椋

     梨氏の四〇〇貫文に次ぐ勢力であった。村山家檀那帳(山口県文書館蔵)天

     正九年(1581)分の小田の項に、小早河又三郎・同藤松・恵明寺・真光

     寺・広法寺・正法寺などが見え、小早川家座配書立(小早川家文書)の同十

     一年分の筆頭に小田殿とある(『広島県の地名』平凡社)。

「取合」─①互いに先を争って取ること。②たたかい争うこと。いさかい。けんか。闘

     争。③つりあっていること。とり合わせ。配合。④とりあげること。相手に

     なること。話にのること。⑤とりもつこと。仲介すること。とりなすこと。

     ⑥物と物とのつぎ目。接触点。また、さかいめ。関西地方でいう語(『日本

     国語大辞典』)。①なら「小田と高屋とを取り合っている件について」、②

     なら「小田と高屋とが争っている件について」、⑤なら「小田と高屋の仲介

     の件について」という訳になりますが、どの解釈を採用するべきか決めかね

     ています。