周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

自殺の中世史2─3 〜鬱憤と自殺〜

  嘉応元年(1169)十月十三日条『百錬抄』第八

                        (『国史大系』第11巻84頁)

 

 十三日。権律師行禅自害。是依所領争論事。被使庁使。不其鬱之故也。云々。

 

 「書き下し文」

 十三日、権律師行禅自害す、是れ所領争論の事により、使庁の使ひに付けらる、其の鬱に堪へざるの故なりと云々、

 

 「解釈」

 十三日、権律師行禅が自害した。これは所領相論のことで、検非違使庁の官人を付けられた。その鬱憤に耐えられなかったからであるという。

 

 

 「注釈」

*よくわからないことばかりですが、この史料を読むと、所領相論が検非違使庁の裁判に属すことになり、行禅はその鬱憤に耐えられず自殺を遂げた、ということになっています。何が行禅を自殺に至らせるまで憤らせたのか、いまいちピンときませんが、ひとまず原因動機は「検非違使庁の裁判に属した鬱憤に耐えられなかったこと」と説明できそうです。しかし、何のために自殺を遂げたのか、その目的動機はさっぱりわかりません。自殺することで訴訟を有利に運ぼうとしたのか(「訴願目的の自殺」)、鬱憤を抱えたまま生きていく苦痛から逃れようとしたのか(「逃避目的の自殺」)、いろいろと考えられそうですが、これ以上の推測はできません。

 

*なお私は、古典籍の分析を通して、自殺の目的動機を「逃避」「訴願」「雪辱」「往生」に分類しました(「自殺の中世史43 ─吾妻鏡のまとめ」参照)。ですが、個別具体的な自殺事例が、これらの目的動機のどれかに完全に一致するとは考えていません。各目的動機が複合的に自殺を規定したり、どれか1つの目的動機が強く現れたりしているのが、それぞれの自殺の実態だと思っています。