周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

数珠が切れたんですけど… (The string of the Buddhist rosary snapped.)

  永享八年(一四三六)二月二十四日条

                   (『図書寮叢刊 看聞日記』5─242頁)

 

 廿四日、小雨降、(中略)次北野参、欲所作之処、念珠緒切了、是吉瑞云々、仏神之

  前所作之時緒切事、所願成就之瑞云々、殊珍重也、(後略)

 

 「書き下し文」

 二十四日、小雨降る、(中略)次いで北野に参る、所作せんと欲するの処、念珠の緒切れ了んぬ、是れ吉瑞と云々、仏神の前にて所作の時緒切るる事、所願成就の瑞と云々、殊に珍重なり、(後略)

 

 「解釈」

 二十四日、小雨が降った。(中略)次いで北野社に参拝した。神前でお勤めをしようとしたところ、念珠の紐が切れてしまった。これは吉兆だという。仏神の前でお勤めをするときに数珠の紐が切れることは、願いが叶う前兆だという。とりわけすばらしいことである。

 

 It rained on February 24th. I visited Kitanotenmagu shrine to worship. When I tried to pray before God, the string of my Buddhist rosary snapped naturally. This is a good sign. This is a omen that wishes come true. This is very wonderful.

 (I used Google Translate.) 

 

 「注釈」

*神仏への祈願や供養をするときの大切な法具。だからこそ、切れると縁起が悪いような気がしていたのですが、中世では、吉兆だったようです。まるで、ひと昔前に流行った「ミサンガ」のようです。「ヒモが切れること」と「願いが叶うこと」の両者がなぜ結びついたのか、さっぱりわかりませんが、日本中世にも同じような迷信が息づいていたようです。

 以前にも、「拾いますか? 拾いませんか?」という記事で、吉凶の前兆に関する事例を紹介しましたが、おもしろい迷信はまだまだあるのかもしれません。