周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

竹林寺文書(小野篁伝説) その2

    一 安芸国豊田郡入野郷篁山竹林寺縁起 その2

 

*送り仮名・返り点は、『県史』に記載されているものをそのまま記しています。ただし、大部分の旧字・異体字常用漢字で記載し、割書は〈 〉で記載しました。本文が長いので、いくつかのパーツに分けて紹介していきます。なお、森下要治監修・解説『篁山竹林寺縁起』(広島大学デジタルミュージアム・デジタル郷土図書館、http://opac.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/dc/kyodo/chikurinji/top.html)に、竹林寺や縁起絵巻の情報が詳細に紹介されています。書き下し文や解釈はこれを参照しながら作成してみましたが、わからないところが多いです。

 

 

  ノ ノフモトニ   ヘノヒテサトト   ノ   リ     ノモノ  ツネニ ノ  ヲ

 彼山之麓  竹野辺之秀識 云 人之下女有一生不犯者、恒当寺御本尊

 テ シ            リ  カ ロ   ノ ニ   ノ タ ノトキノ シ

奉信敬延暦十九年〈庚辰〉自中夏之比、彼寺一千日之間丑剋参詣無怠、

サル    ニ  ノ ハカリニ     ニネフリ イ ケレハ   セフキ  テ ミトチヤウヲ

去程千日已満夜半斗、   御宝前眠  居 鳬、  風吹来 而  御戸帳

 チ ルト ヲホヘテ     リ  トヒラキリヽヽト   テ ケ リ    ニ モヒ テ   ヲ

打 上  覚、    自内扉切々     鳴而披鳬、不思儀念 奉之、

イツクシキ        テ テ       ヲ シ テ  カラカ フトコロニ   シ レ ヒ

厳   童子一人立出給、  五色玉持来侍、自 之  懐中   押 入 給鳬、

 ク  トモ  タニ   ヘテ イヨヽヽ   コウ ニシテ     ノ ニ キ リ

夢幻一 新   覚而 弥   信力強盛、  而下向道 趣 鳬、

     (絵3)

 コロ ハ   ナカハノ ナリ   ムラト ニ リ  ノ    ノホトリニ   リ ヤスラフニ

 比 者 五月半  事、竹田村云処 在竹林、其辺    立寄而徘徊、

      クノヲ  ク ハヘ  テ リ  ルヤ    ニ         ノ  ニ

笋子不幾数一 多 生 出 鳬、有八千代俄戯之心哉、此竹子

 シテ トツキヲ   ル   テ   ノ  ヲ  ノ ヲ  シテ ク

レ  嫁   立帰時、惜別離名残一首歌  詠 云、

 美之賀与能 奈古利曾於新幾 志乃乃免野 左歌那記古登遠 飛登仁賀多留南

  ヒ ステヽ   ヘリ

 云 捨而帰 侍、

     (絵4)

  ノ        シテ テ  ヲ              ノ

 其後彼八千代懐妊 経十月、而仁皇五十代桓武天皇御宇延暦廿一年〈壬午〉

  ノ  モウケ   ノ   ヲ ハナハタ テ  キ リ ウフ ヲ ル アヒセ  ノ    テ

中春之比、生玉体之一子、太  悦而懐取  宇浮湯奉レ 浴、 彼霊水成

     リ      ハ  ノ   カラ ナ  テ  レハ レ        シ   ノ ヲ

御池而在于今、然則此少兒 自 名 乗 而 吾是篁也云々、弥成奇異思

 ル シ          リ      ロ  テ    リ ヲ  テハ   ルコト ヲ 

養育、加之自二三歳之比始而覚終、汲流而知レ 源、

 ヘハ シ  ノ     テ    ス     ハ      ル

喩 如唐土顔回、以一而察十、子路一而知二云々、

     (絵5)

  ル  ニ ノ      ハ  トモ ト    ヤツ      ニ  ナヽメ   ニ    ノ

 去 程 彼 竹野辺殿者、雖下人之奴子、愛敬誠不斜、 然処竹野辺之

   ス   ノ      ル キ ノ ニ  モ ス セン  ヲ   リ    ノ ナレハ

女房為嫉妬之思乎、或時 彼 篁 雖毒害、自元再来人成者

ス    スルコト ニ ウラミ テ    ノトキ  ノ ヲ テ  テ  リ  ヒ  リ

、終此旨恨給玉而十二歳剋  彼郷立出、指東登 給 侍、

     (絵6)

  ル ニ テ    ヲ   ニ  ノ テ       ネ      ヲ   テ

 去程越国々関々、終山城国花洛、而尋槐市之跡、積蛍雪鑚仰之

    ニ    ノ  ハ  ヘテ ニ  キ     ハ スキ ニ     ノ ハ ニ

、故能芸才覚之業者越レ 他、手跡詩歌之道 過世、無陰其誉天下者也、

     (絵7)

   つづく

 

 「書き下し文」

 彼の山の麓に竹野辺の秀識と云ふ人の下女に一生不犯の者有り、恒に当寺の御本尊を信敬し奉りて、延暦十九年〈庚辰〉仲夏の比より、彼の寺に一千日の間丑の剋の参詣怠り無し、去る程千日已に満の夜半斗に、御宝前にて眠り居ければ、風吹き来たりて御戸の帳を打ち上ぐると覚へて、内より扉切々と鳴りて披けけり、不思儀に念もひ之を見奉りて、厳しき童子一人立ち出で給ひて、五色の玉を持来し侍りて、自らかの懐の中に押し入れ給ひけり、夢幻とも無く新たに覚へていよいよ信力強盛にして、下向の道に趣きけり、

     (絵3)

 比は五月半ばの事なり、竹田村と云ふ処に竹の林在り、其の辺りに立ち寄り徘徊ふに、笋子幾ばくの数を知らず多く生へ出でけり、八千代俄かに戯の心有るや、此の竹の子に嫁ぎを為て立ち帰る時、別離の名残を惜しみて一首の歌を詠じて云く、

 「ミシカヨノ ナコリソヲシキ シノノメノ サカナキコトヲ ヒトニカタルナ(短夜の 名残ぞ惜しき しののめの さがなきことを 人に語るな)」ト 云ひ捨てて帰り侍へり、

     (絵4)

 其の後彼の八千代懐妊して十月を経て、人皇五十代桓武天皇の御宇延暦二十一年〈壬午〉仲春の比、玉体の一子を生け、太だ悦びて懐き取り宇浮湯を浴びせ奉る、彼の霊水御池に成りて今に在り、然れば則ち此の少児自ら名乗りて吾れは是れ篁なりと云々、いよいよ奇異の思ひを成し養育を為(し)奉る、しかのみならず二、三歳の比より始めを聞きて終わりを覚り、流れを汲みては源を知ること、喩へば唐土顔回のごとし、一を以て十を察し、子路は一を聴きて二を知ると云々、

     (絵5)

 去る程に彼の竹野辺殿は、下人の奴子たりと雖も、愛敬誠に斜めならず、然り処に竹野辺の女房嫉妬の思ひを為(す)るか、或る時彼の篁に毒害を為(せ)んと欲すと雖も、元より再来の人なれば服すること能はず、終に此の旨恨み給ひて十二歳の剋彼の郷立ち出で、東を指して登り給ひ侍り、

     (絵6)

 

 去る程に国々関々を越えて、終に山城国の花洛に入りて、槐市の跡を尋ね、蛍雪鑚仰の功を積みて、故に能芸・才覚の業は他に越へて、手跡・詩歌の道は世に過ぎ、其の誉は天下に陰るる無き者なり、

     (絵7)

   つづく

 

 「解釈」

 この桜山の麓に住んでいる竹野辺の秀識という人の下女に、一生不犯の誓いを立てた者がいた。いつも当寺の御本尊を信敬し申し上げて、延暦十九年〈庚辰〉(800)五月ごろから、この寺に千日間丑の刻参りを怠りなく続けた。そうしているうちに、千日詣が満願した夜中ごろに、御宝前で眠っていたところ、風が吹いてきて本堂の御戸の帳を吹き上げたと思い(目を覚まして見てみると)、内陣から扉がきりきりと鳴って開いた。不思議なことだと思ってこの様子を拝見していると、尊く気高い子どもが一人立ち現れなさって、五色の玉を持って来まして、童子自らが下女の懐の中に押し入れなさった。夢や幻でもなかったので、気持ちを新たにし、信心の力はますます強く盛んになり、帰途に就いた。

     (絵3)

 時期は五月半ばのことである。竹田村というところに竹林があった。(下女の八千代は)そのほとりに立ち寄って休息していたところ、竹の子が、どれほどの数かわからないが、たくさん生え出てきた。八千代は急に遊び心が生じたのだろうか、この竹の子に嫁ぎ、立ち帰るときに別離の名残を惜しんで、一首の歌を詠んで言うには、

 「この短い夜のようにあっけない、私たちの夫婦仲の名残惜しいことよ。夜明けの意地悪さを人に言わないでおくれ」と言い捨てて帰りました。

     (絵4)

 その後、この八千代は懐妊して十ヶ月を経て、人皇五十代桓武天皇延暦二十一年〈壬午〉(802)二月ごろ、玉のように美しい子どもを産んだ。たいそう喜んで抱き取り、産湯を浴びせてさしあげた。この産湯に使った霊水は池になって今でも残っている。そして、この幼子は自ら名乗って、私は篁であると言ったそうだ。ますます不思議だと思い、養育してさしあげた。それだけではなく、二、三歳のころから物事の最初を聞いて終わりまでを理解し、流れる水を汲み取ってその源の様子を知るように、末を見て本を知ることは、たとえば中国の顔回のようである。顔回は一を聞いて十を察し、子路は一を聞いて二を知るだけだという。

     (絵5)

 そうしているうちに、竹野辺殿は下人の子どもではあったが、並々ではなくかわいがった。しかし、竹野辺殿の女房は嫉妬したのだろうか、ある時この篁を毒殺しようと考えたのだが、もともと文殊菩薩行基菩薩の生まれ変わりの人であるので、毒を飲むことはなかった。篁は、結局この一件を恨みなさって、十二歳のときにこの里を出て、東を目指し上りなさいました。

     (絵6)

 そうしているうちに、諸国・諸関を越えて、とうとう山城国の洛中に入り、大学の場所を訪れ、苦労して勉学に励んだ。それゆえ、技芸や学問の才能は他者を超え、文字や詩歌の道も、たいそう優れており、その名声は天下に広く知られているものである。

     (絵7)

 

   つづく

 

 「注釈」

小野篁」─802─52 平安時代前期の公卿、文人。最高官位が参議であったた

      め、野相公あるいは野宰相と呼ばれた。延暦二十一年(802)生まれ

      る。父の小野岑守は勅撰漢詩集『凌雲集』の撰者。篁も優れた詩人として

      有名である。ただし『本朝書籍目録』は『野相公集』5巻の存在を伝える

      が、今はなく『経国集』『扶桑集』『本朝文粋』『和漢朗詠集』にわずか

      な作品を伝えるだけである。『文徳実録』によれば、少年時代は乗馬にの

      み専心して学問を顧みなかったので、父に似ぬ子だと嵯峨天皇を嘆かせた

      が、それを聞いた篁は大いに慚愧し、以後学問に専心したという。その結

      果か、弘仁十三年(822)文章生、天長十年(833)東宮学士とな

      り、『令義解』の撰修に加わり、承和元年(834)は遣唐副使を命ぜら

      れた。しかし二度の出発はともに難船して失敗。同五年には藤原常嗣と仲

      違いをし病と称して乗船せず、嵯峨上皇の怒りを受けて隠岐へと流され

      た。七年帰郷を許され、嵯峨上皇の特別のお声がかりで本爵に復した。十

      四年参議になったが、仁寿二年(852)十二月二十二日に没した。五十

      一歳。和歌にも優れ、『古今和歌集』には六首とられている。『小野篁

      集』はその歌集であるが、叙述法は物語的で、『篁物語』とも呼ばれてい

      る。平安時代中期以降の成立か。『新古今和歌集』以後の勅撰集にみられ

      る篁の歌はこれからとったもので篁の真作ではあるまい。また『今昔物語

      集』『宇治拾遺物語』『十訓抄』『江談抄』などには、篁の優れた学才を

      示す説話が種々伝わっている(『日本古代中世人名辞典』吉川弘文館)。

 

 

*この部分は、母親が筍と交わって生まれたのが小野篁である、という大変珍しい出生譚として有名で、数多くの研究が積み重ねられているそうです。神や妖怪、動物と交わって子をなすという話(異類婚姻譚)はよく聞きますが、筍のような植物と交わるというのは、かなり珍しいエピソードだと思います。

 斉藤研一「石女地獄について」(『子どもの中世史』吉川弘文館、2003年、初出2000年、207〜209頁および注釈参照)によると、竹の空洞の中には何かが宿り、そこでは何らかの変身(変生)が成し遂げられるという、普遍的な心性が存在したそうです。また、依代としての竹は神聖性を備え、繁栄・繁盛のシンボルでもありました。これには、竹の成長速度の速さとも関係があり、竹の成長と子どもの成長の様子が、ダブル・イメージされているそうです。さらに、「篁」と「竹林」は語彙のレベルでも結びついており(つまり、「たけかんむり」と「皇」(広い)の形声文字)、筍を男性器のメタファーとして捉えることも可能だと指摘しています。