周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

走りだす鞘にキレる将軍 (The sheaths of short swords started running)

  嘉吉元年(一四四一)六月二十三日条

                   (『図書寮叢刊 看聞日記』6─293頁)

 

 廿三日、小雨降、(中略)

  (頭書)

  「後聞、今日公方御腰刀鞘走、他之御腰物被召寄、又サヤハシル、御腹立云々、

   御怪異如此歟、」

 

 「書き下し文」

 二十三日、小雨降る、(中略)

  「後に聞く、今日公方の御腰刀の鞘走る、他の御腰物を召し寄せらるるに、又鞘走る、御腹立つと云々、御怪異此くのごときか、」

 

 「解釈」

 二十三日、小雨が降った。(中略)

  「後で聞いたことによると、今日、将軍足利義教の腰刀の鞘が走った。他の腰刀をお取り寄せになったところ、また鞘が走った。義教はご立腹になったという。将軍の身に起きた不思議な出来事はこのようなものだろう。」

 

 It rained on June 23rd. (Omitted)

 I heard the following information later. Today, the short sword sheath of General Ashikaga Yoshinori ran. He brought other short sword, and it also ran. He got angry. A mysterious event like this happened in front of the general.

 

 「注釈」

*この翌日6月24日、将軍足利義教は赤松満祐に殺害されてしまいます。嘉吉の乱前日に、妖怪「鞘走り」が引き起こしたこの怪異。将軍殺害の予兆だったのかもしれません。それにしても、刀の鞘が走り出したら、怖いと思いそうなものですが、怒りの感情が芽生えるというのが、これまたよくわかりません。

 「刀の鞘が走りやがった! あ〜、マジでムカつく!」

 中世びと、いや足利義教を理解するのはなかなか難しいようです。

 

 The next day, June 24, General Asikaga Yoshinori was killed by the feudatory Akamatsu Mitsusuke. The day before this incident, this strange phenomenon caused by Yokai "Sayabashiri" (The sheaths which started running) may have been a sign of Ashikaga Yoshinori murder case. Now, if the sheath of the sword starts to run, we should be scared. However, the general was angry. I do not know why he felt like this.

 "The sheath of the sword has run! Oh, I'm really angry!"

 It is quite difficult to understand the feelings of the Middle Ages.

 (I used Google Translate.)