周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書11

    一一 毛利氏検地奉行人連署書状

 

 楽音寺従二王門寺内之」検地、守護不入之御理」承候、当時何篇相替候」条、

 重畳雖捨千万、」子細有之、御寺内之通、」堅蒙仰候之間、任

 先例候、」恐惶謹言、

 天正十八年

   卯月八日  元相(花押)

 庚寅       元栄(花押)

 (捻封ウハ書)

  「     内藤与三右衛門尉

        粟 屋 木工允

    法持院 御同宿御中 元相」

 

 「書き下し文」

 楽音寺二王門より寺内の検地、守護不入の御理を承り候ふ、当時何篇相替はり候ふの条、重畳千万用捨し候ふと雖も、子細之れ有り、御寺内の通り、堅く仰せを蒙り候ふの間、先例に任せ候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 楽音寺の仁王門から寺内までの検地について、守護不入の特権をもっているという理屈を伺いました。いま、あれやこれやと変化しておりますことについて、重ねがさねさまざまなことを許しておりますが、これには事情がある。御寺内と同じようにするべく、厳密にご命令を受けておりますので、先例のとおりにします。以上、謹んで申し上げます。