周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書29

    二九 小早川頼平寄進状

 奉寄進 楽音寺四季大般若経免田

                事

  合壹町貳段者横枕前中坪

 右為 聖朝安穏天下太平民屋」豊稔万民快楽頼平心中所願皆」令満足、所

 寄進件、

  (1333)

  元弘三年五月廿二日 民部丞平頼平

               (花押)

 

 「書き下し文」

 寄進し奉る 楽音寺四季大般若経免田の事

  合わせて一町二段てへり、横枕前の中の坪、

 右聖朝安穏・天下太平・民屋豊稔・万民快楽・頼平の心中所願、皆満足せしめんがため、寄進する所件のごとし、

 

 「解釈」

 寄進し申し上げる、楽音寺四季大般若会の免田のこと。

  都合一町二段。横枕の前の中の坪。

 右、聖朝安穏・天下太平・民屋豊稔・万民快楽・私頼平の心中所願、すべての望みを満たすために、寄進するところである。