周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

2020-11-08から1日間の記事一覧

自殺の中世史3─11 〜喧嘩と自殺 Part2〜

【史料1】 応永二十七年(1420)八月二十二日条 (『増補史料大成 康富記』1─113) 廿二日戊午 晴、 (中略) 後聞、今日於八幡御山櫻本坊、土岐宮内少輔ト同右馬頭ト及喧嘩、宮内少輔既 自害、右馬頭被疵云々、室町殿御参籠中之間、以外上下騒動云…

意志と行為 ─自殺史料の分析に意味はあるか?─

私は以前、「自殺の中世史17〜21」という記事で、自殺史料の分析視角・課題・展望をまとめたことがあります。ところが、関連文献を読んでいくうちに、いくつか考え直さなければならないことに気づいたので、ここでいったんまとめておこうと思います。 前…

蟇沼寺文書1

解題 蟇沼寺は東禅寺の旧称である。本文書は弘安五年(1282)から至徳元年(1384)までの十四通からなっているが、鎌倉時代末期から南北朝期にかけての蟇沼寺に関するものを主体とし、楽音寺に関するもの五通が加わっている。 本文書は東禅寺文書と…