周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

兼宣公記

自殺の中世史3─18 〜神人大将の切腹〜

応永三十一年(1424)十月十四日条 (『図書寮叢刊 看聞日記』3─65) 〔議〕 十四日、晴、(中略)抑八幡神人騒動不思儀又出来、去十一日権別当坊 (照清) 〈号東」竹、〉庭前木を栽、其前を神人無礼罷過之間、若党共咎之、神人立帰 悪口、結句腰刀…

自殺の中世史3─17 〜釜殿男の密通と切腹〜

応永三十一年(1424)八月四日条(『兼宣公記』2─194) 四日、丙午、晴、(中略) (広橋綱子、兼宣女) 抑典侍局ニ拜趨小大夫女性許へ、 内裏奉公釜殿進蜜通之状、件状 内裏様 就被御覧、釜殿逐電間、自 内裏被遣御使、其身逐電之上者、父可切腹之…