周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

己斐文書2

   二 慈雲譲状

 

 (ゆつり)

 [  ]わたす入たうさこのやまはやしはたけこ田の事

                  (手)       (限)   

 右かの入たうさこは、こ入たうとのゝ御てより、ゑいたいをかきりてゆつりゆるとこ

           (甥)   (蔵)

 ろ也、しかるをおなしをいなからくら人二らうにふちされ、心やすくわたるゝあい

                           (う脱)

 た、こ入たうとのゝゆつりをともにあいそへて、くら人二らにゆつりわたすところ

 (實) (他) (妨)

 しち也、たのさまたけあるへからす、またくちきやうせしめ候へく候、よてのちのた

     (状脱)

 めにゆつりのくたんのことし、

     かうゑい四ねん六月廿九日

                     慈雲(花押)

 

 「書き下し文」(必要に応じて漢字を当てました)

 譲り渡す入道迫の山林・畠・古田の事

 右彼の入道迫は、故入道殿の御手より、永代を限りて譲り得る所なり、然るを同じ甥

 ながら蔵人二郎に扶持され、心安く渡る間、故入道殿の譲りをともに相副へて、蔵人

 二郎に譲り渡す所實なり、他の妨げあるべからず、全く知行せしめ候ふべく候ふ、仍

 つて後のために譲状件のごとし、

     (1345)

     康永四年六月廿九日

                     慈雲(花押)

 

 「解釈」

 譲り渡す入道迫の山林・畠・古田のこと。

 右のこの入道迫は、故入道殿ご自身より、永久に譲り得たものである。しかし、私は故入道殿の同じ甥である蔵人二郎に助けられ、安心して暮らしているので、故入道殿の譲状を、この譲状と一緒に副えて、蔵人二郎に譲り渡すことは事実である。他人の妨害があってはならない。知行を全うなさるべきです。そこで、後日のため、譲状の内容は以上のとおりです。

 

 「注釈」

「入道迫」─未詳。三田新庄の地名か。

「故入道殿」─一号文書の道専のことか。八号文書によると、「道専」と「栗原右京助

       親家」を「二親」と記載しているので、「道専」は叔母(伯母)かもし

       れません。