周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

圓立寺文書3

   三 繁澤元氏書状

 

       (安藝山縣郡)

 其方只今罷居候朝枝之屋敷之儀、先年以来筋目之地之由候条、無異儀

 遣置候、随分普請等取刷、心安可罷居事肝要候、爲其申聞候、謹言、

      九月廿一日         元氏(花押)

 (捻封ウハ書)   (明)

  「     善⬜︎ 

                    元氏」

       ○以上、三通ヲ一巻ニ収ム

 

 「書き下し文」

 其方只今罷り居り候ふ朝枝の屋敷の儀、先年以来筋目の地の由に候ふ条、異儀無く遣

 はし置くべく候ふ、随分普請等取り刷り、心安く罷り居るべき事肝要に候ふ、其の為

 申し聞こえ候ふ、謹言、

 

 「解釈」

 あなたがただいま住んでおります朝枝の屋敷の件については、先年以来あなたにとって由緒のある地ですので、異論なくあなたに遣わし置くはずです。できるだけ普請等を執り行い、安心して住むべきことが肝要です。そのため申し上げます。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「朝枝」─広島県山県郡北広島町大朝朝枝。

「取刷」─未詳。

「繁沢元氏」─吉川元春次男