周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書36

    三六 毛利氏奉行人連署奉書(折紙)

 

   (楽)

 沼田覚音寺」於内外当検」百石之地、可付」遣候条、可御」

         (佐世元嘉)

 配当候、委細者」石州御存之前候、」恐々謹言、

     (榎本)(大)

      榎中太

 三月廿九日  元吉(花押)

     (二宮)

      二信

        就辰(花押)

     堅田

       堅兵少

        元慶(花押)

     (福原)

       福式少

        廣俊(花押)

 

 「書き下し文」

 沼田楽音寺内外当検百石の地に於いて、付け遣はさるべき条、御配当有るべく候ふ、委細は石州御存じの前に候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 沼田楽音寺の内外で検地した百石の地を、そちら(楽音寺)に給付なさるはずの件ですが、きっとご配分になるはずです。詳細は佐世石見守元嘉がご存知であります。以上、謹んで申し上げます。

 

*「御存之前」の読み方、解釈がまったくわかりませんでした。