周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書37

    三七 毛利氏奉行人連署奉書(折紙)

 

  以上

 (楽)                (寺)

 覚音寺之儀、」百石被付遣候、」然者去務之儀惣」並以御校量」遣

 旨候、為御心得候、」恐々謹言、

      榎中太

 卯月十六日  元吉(花押)

      堅兵少

        元慶(花押)

      福式少

        廣俊(花押)

 (佐世元嘉)

  佐石州まいる

  ○以上、二六号カラ三七号マデノ一二通ヲ一巻ニ収ム(第三巻)

 

 「書き下し文」

  以上

 楽音寺の儀、百石付け遣はされ候ふ、然れば寺務の儀惣並に御校量を以て遣はさるべき旨に候ふ、御心得を為し候へ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 楽音寺の件は、百石をご給付になります。したがって、寺務の件は、すべて推しはかってさせるべきであるということです。ご承知くださいませ。以上、謹んで申し上げます。

 

*解釈については、よくわかりませんでした。