周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書44

    四四 小早川仲好軍役免状

 

 (蟇沼)(楽音)       (姓)   (軍役)     (領)

 ひきぬかくおん寺両寺之」百しやうともくんやくの事、」りやう中に、いさゝかの

 事も、」いてき候ハんする時ハ、御合力」あるへく候、そのほか他国」他所の人、

 ミつきなんとの」ときハ、永代さしおき可」申候、仍為後日状如件、

  (1394)

  応永元年〈甲戌〉二月日 平仲好

               (花押)

 

 「書き下し文」

 蟇沼・楽音寺両寺の百姓ども軍役の事、領中に、些かの事も、出で来候はんずる時は、御合力あるべく候ふ、其の外他国・他所の人、見次なんどの時は、永代差し置き申すべく候ふ、

 

 「解釈」

 蟇沼寺・楽音寺両寺の百姓どもの軍役のこと。領中に些細な紛争が起きますようなときは、合力なさってくださいませ。その他、他国や他領の人を助成するときは、永久に放っておき申せばよいです(合力し申し上げなくてよいです)。よって、後日のため、免状は以上のとおりである。