周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書50

    五〇 小早川隆景自筆書状

 

  (持)

 法寺院物語之儀、心静」内儀被聞候而、分別候様」頼入候、猶内蔵主可

 申候、謹言、

  正月廿七日  隆景(花押)

 (捻封ウハ書)(小田景盛)

 「  又三郎殿   隆景」

 

 「書き下し文」

 法持院物語の儀、心静かに内儀を聞かれ候ひて、分別し候ふ様に頼み入り候ふ、猶ほ内蔵主申すべく候ふ、謹言、

 

 「解釈」

 法持院が話した件について、心静かに内情をお聞きになりまして、道理をわきまえますよう、心から頼みます。さらに、内蔵主が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。