周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書57

    五七 小早川隆景書状(切紙)

 

   猶々在陣之儀候之間、万々憑存候、

 若宮御造営之事申談之様候、然者頃可相初之条、為奉行横見助右衛門尉

 差出候、万端被仰聞、頓御造畢、可祝着候、猶彼者可申候、恐々謹言、

     卯月十九日             隆景(花押)

     法持院 机下

 

 「書き下し文」

 若宮御造営の事申し談ずるの様候ふ、然ればこのごろ相初められるべきの条、奉行として横見助右衛門尉を差し出だし候ふ、万端仰せ聞けられ、頓に御造り畢てば、祝着たるべく候ふ、なほ彼の者申すべく候ふ、恐々謹言、

   なほなほ在陣の儀に候ふの間、万々憑み存じ候ふ、

 

 「解釈」

 若宮御造営の件について、ご相談することがございます。したがって、近いうちに話し合いを始めたいので、奉行として横見助右衛門尉を派遣します。諸事万端、横見に言ってお聞かせになり、急ぎ若宮を造り終えなされば、喜ばしいにちがいありません。さらにこの横見が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。