周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

東禅寺文書16

    十六 弁海名内年貢注文

 

    (端裏書)

     「小足」

  弁海名一丁九反三百歩内

  船木村〈只神田」除一段〉一丁六反三百歩〈赤三百卅歩」損六反小十歩」辻損

                      一反〉

  尾原村   二段〈不六十歩」損小〉

     以上一丁八段三百歩

          損不二反百十歩 一斗二舛五合上分〈代一舛九合五夕」公文

                           一舛五合二夕」上使

                           三合〉

 (矢ヵ)

  失原方 五段大

          得三反小十歩 内御佃四十歩〈分米一斗五舛」延一斗九舛

                        五合〉

  管物田三反九十歩〈三斗五舛代二反半 分米八斗七舛五合」二斗五舛代大卅歩

           分米一斗八舛七合〉

 所当

  以上一石六舛三合 〈吉書二百十二文」米八斗五舛一合〉

  加佃延米一石八斗一舛六合 〈代一斗二舛八夕」[ ]二舛三合六夕」公文

                八舛二合六夕〉

               〈残二斗三舛六合」御上分八斗八舛六合〉

 

 公物七斗三舛八合〈吉書百四十七文」見米五斗九舛一合延米一石一斗二舛二合〉

         〈御代官七舛一合」上使二舛三合」公文九舛三合

 御得分三斗二舛五合〈吉書六十五文」見米二斗六舛 延米二斗九舛四合〉〈上分

           三斗九舛」御代五舛六合」上使一舛」公文四舛五合

           残一斗四合〉

      〈代五舛七合二夕」上使一舛四夕」公文三舛六合四夕〉

 雑事五舛六合六夕 両代管公文三分一

       三

 厨屋三舛三合夕  

 饗料三舛二合五夕  

 門料六舛五合   一円公文

 丈尺十七文 段別三文宛

 

 

*書き下し文・解釈は省略します。

*割書とその改行は〈 」 〉で記載しています。