周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

自殺の中世史3─17 〜釜殿男の密通と切腹〜

  応永三十一年(1424)八月四日条(『兼宣公記』2─194)

 

 四日、丙午、晴、(中略)

  (広橋綱子、兼宣女)

  抑典侍局ニ拜趨小大夫女性許へ、 内裏奉公釜殿進蜜通之状、件状 内裏様

  就被御覧、釜殿逐電間、自 内裏被遣御使、其身逐電之上者、父可切腹之由、

  再三御譴責之間、釜殿帰切腹畢、依此事小大夫尼ニなすへしと云々、可然之由

  返答、

 

 「書き下し文」

 抑も典侍局に拜趨する小大夫女性のもとへ、 内裏奉公の釜殿密通の状を進らす、件の状 内裏様御覧ぜらるるに就き、釜殿逐電するの間、内裏様より御使ひを遣はさるるも、其の身逐電するの上は、父切腹すべきの由、再三御譴責するの間、釜殿帰り切腹し畢んぬ、此の事により小大夫尼になすべしと云々、然るべきの由返答す、

 

 「解釈」

 さて、典侍局(娘の綱子)にお仕えしている小大夫という女のもとへ、称光天皇に奉公している釜殿の男が密通の書状を送った。その書状を帝がご覧になったため、男は逃亡した。それゆえ、帝はご使者をお遣わしになったが、当人が逃亡したからには、その父が切腹しなければならないと、再三厳しくお咎めになるので、当人が帰ってきて切腹した。この事件により、小大夫は尼にするべきである、と綱子に命令が下ったという。そうするのがよいと私は綱子に返答した。

 

 「注釈」

「兼宣公記」

 ─室町期の公卿広橋兼宣の日記。兼宣は足利義満・義持の伝奏をつとめており、当時の政治・社会に関する基本史料。1387─1428(嘉慶1─正長1)の自筆本(国立歴史民俗博物館)がある(『角川新版日本史辞典』)。

 

「釜殿」

 ─かなえどの。主上がお使いになるお湯を沸かしたり運んだりする人(『新訂官職要解』講談社学術文庫)。

 

「蜜通之状」

 ─密通を誘うラブレターのような書状だったと考えられます。密通自体が未遂だったのか既遂だったのかは判然としませんが、どちらにせよ、切腹刑というのはかなり厳しい処罰だったと言えます。称光天皇の凶暴性については、桜井英治「神慮による政治」(『室町時代の精神』日本の歴史12、講談社、2001、93頁)を参照。

 

*今回の史料は、大納言典侍広橋綱子に仕える小大夫と、内裏釜殿の職員との密通事件を記したものです。綱子のような上級女房(お伽をし、皇子や皇女を産む階層)の密通であれば、問題化するのもわかりますが、綱子に仕える官女(下級女房)と釜殿の一職員との密通程度で、称光天皇はどうして切腹を命じるほどに激怒したのでしょうか。

 タイミングが悪かったと言えばそれまでなのですが、実は、この事件が起きる約3ヶ月前、仙洞・宮中・幕府を巻き込む大規模な密通事件が露見していたのです。詳細については、「ハーレム内の憂鬱1〜4」という記事で紹介しておいたので、そちらをご覧になってくださればよいのですが、5月から6月の約1ヶ月の間に、総勢13名の密通が明るみに出たのです。そのうち、8名がまず逃亡し、6名が逃げ果せています。うち2名は捜索されて実家に預けられました。逃亡しなかった5名のうち4名は、天皇上皇・将軍らの意向によって不問に付され、1名は出家して田舎に下っています。したがって、今回の釜殿男のように切腹を命じられるというのは、かなり珍しいケースだったと考えられます。権力者の庇護を受けられない釜殿男のような家政職員は、天皇の生殺与奪権の行使をもろに受けてしまうのでしょう。

 それはさておき、今回は密通の罪を犯した釜殿男を切腹刑に処したという記事ですから、自殺の事例紹介としてはあまりふさしくないのかもしれません。ですが、逃亡していた釜殿男は、自分の代わりとして父親に切腹の命が下ったことを知り、戻ってきて切腹したのですから、刑罰という強制ではあっても、それを受け入れた以上、自殺と評価しなければなりません。どんな状況であろうと、逃亡しようと思えば逃亡できたわけですから。

 前述のように、密通当事者の約6割の男女がまず逃亡し、5割弱がそのまま逃亡しきるわけですから、密通行為に対する罪の意識はずいぶん薄いと考えられそうです。そうすると、釜殿男が切腹を受け入れた理由は罪を悔いたということではなく、自分の犯した罪によって、代わりに父を切腹させるわけにはいかない、という親子愛によるものと考えざるを得ません。

 

 「補足」

 「上級女房」「下級女房」「官女」の概念規定や、「広橋綱子」については、松薗斉『中世禁裏女房の研究』(思文閣出版、2018年、第2・5・6章)を参照。