周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書12

    一二 小早川常嘉則平書状   ○東大影写本ニヨル

 

                 (端裏書)

                 「含暉院開檀那」

 当院開基檀那

 松岩寿大師 碧渓重禅門両人事、造営以下被成功候之上者、追善事末代如

 御計候者、就然存候状候、此趣於寺家定置候者目出度候、

 恐惶敬白、

       応永卅一(1424)

        二月十五日         常嘉(花押)

 (禅慶)

 一笑和尚含暉方丈

 

 「書き下し文」

 当院開基檀那

 松岩寿大師・碧渓重禅門両人の事、造営以下成功せられ候ふの上は、追善の事末代今のごとく御計らひ候はば、然るべく存じ候ふに就き状を進らせ候ふ、此の趣寺家に於いて定め置かれ候はば目出度く候ふ、恐惶敬白、

 

 「解釈」

 当院開基檀那、松岩寿大師・碧渓重禅門両人のこと。造営などに寄付なさいましたうえは、現在のように、永久に追善供養のことをお取り計らいになりましたなら、非常にすばらしいことであると存じております、ということについて書状を進上します。この内容を含暉院で取り決めてくださいますならば、すばらしいことでございます。以上、謹んで申し上げます。