周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書16

    一六 真知外三名連署規式写   ○住持記ニヨル

 

 (前闕ヵ)

 「

 右両寺住持先年以衆評定定、太半隕没恰如残星、以故此職

 以為患矣、故重設規式以題直弟若干名字、向後湏此臘、次択

 其器用、以可住持者也、

  但除三十三回於両寺不出頭、蓋以老病辞故也、

     (1441)

     嘉吉元年八月廿五日

                 字一咲禅慶 〈圓福寺」甲州人〉

                 字元哉符契 〈丹後州」慈雲寺〉

             〈字千畝」京城人〉周竹 〈初称筠侍者」後改竹〉

                    真知

 

 「書き下し文」

 右両寺住持先年衆の評定を以て定む、大半隕没すること恰も残星のごとし、故に此の職を以て衆を欠くごとに以て患ひと為す、故に重ねて規式を設け以て直弟若干の名字を題し、向後須らく此の臘に依るべし、次いで其の器用を択び、以て住持を請ふべき者なり、

  但し除く、三十三回両寺に出頭せざる者に於いては、蓋し老病を以て辞と為す故なり、

 

 「解釈」

 右、両寺(天寧寺・仏通寺)の住持を、先年評定衆の評議によって決定した。住持候補者たちの大半が死没し、あたかも有明の星の輝きがすぐに消えるように、残りの候補者たちもわずかである。だから、候補者たちが欠けるごとに思い悩んでしまう。したがって、もう一度住持に関する規則を設け、幾人かの直弟らの名前を書き、今後は必ずその僧の臈次に従うべきである。次にその人の器量を選び、それによって住持を招請するべきものである。

 ただし、次の場合は除く。両寺に三十三回出頭しない者については、老病をもって辞退したとみなすのである。

 

*書き下し文・解釈ともに、よくわからないところが多いです。