周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書28

    二八 小早川家政所奉書(折紙)   ○東大影写本ニヨル

 

(端裏書)

 「段銭免許之状 政所」

 就今度一乱、御寺領段銭米之事被申候、依御侘事閣候、可

 御心安思召候、塔頭所々同前候、委細以状被申候、恐惶敬白、

 

      文明十(1478)      眞田兵庫助

       十一月二日        頼平(花押)

     佛通寺 納所禅師

 

 「書き下し文」

 今度の一乱に就き、御寺領に段銭米の事を申され候ふ、御侘事により閣かれ候ふ、御心安せらるべしと思し召し候へ、塔頭所々同前に候ふ、委細状を以て申され候ふ、恐惶敬白、

 

 「解釈」

 小早川元平様は、応仁・文明の乱のために、仏通寺の寺領に段銭・段米の賦課をお願い申し上げなさいました。貴寺のご嘆願により、元平様は賦課を止めなさいました。もうご安心なさってよいと思ってくださいませ。諸塔頭も同前です。詳細については、元平様が書状をもって申し上げなさいます。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「状」─『仏通寺文書』27号文書を指す。