周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書32

    三二 真田敬賀制札添状   ○東大影写本ニヨル

 

               (端裏書)

               「十七ヶ条添状」

 就山中悪事、以後之制札老僧様申合興平判形申候、已後之事者

 以此筋目堅可仰付事千万目出度候、此旨違乱於悪事者、一段従

 此方申付候、其時聊我等非無沙汰候、此由山中へ御披露簡要候、

 恐惶謹言、

       (八月)

       南呂初六日       敬賀(花押)

     仏通寺  納所禅師

 

 「書き下し文」

 山中悪事に就き、以後の制札老僧様興平と申し合わせ判形を以て申され候へ、已後の事は此の筋目を以て堅く仰せ付けらるべき事千万目出度く候ふ、此の旨に違乱する悪事に於いては、一段此方より申し付くべく候ふ、其の時聊かも我ら無沙汰に非ず候ふ、此の由山中へ御披露簡要に候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 寺中の悪事について、これ以降の制札は老僧様が小早川興平とご相談になり、花押を据えてお作りになってくださいませ。以降のことについて、この手続きによって厳密にご命令になるべきことが、きわめてすばらしいことです。この内容に背く悪事については、いっそうそちら様から取り締まるように命じてください。そのとき、我らが放っておくことはありません。この内容を寺中にご披露することが大切です。以上、謹んで申し上げます。