周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書33

   三三 蓮花寺真正書状

 

 仏通 蓮華御契約之儀、随先代之筋目、即以末世相違申談所也、以

 此旨新寄進而御智行之在所、師檀ニ申宣者也、恐惶敬白、

     享禄五稔壬辰(1532)

      正月十九日        真正(花押)

  進上 仏通寺 参 衣鉢侍者閣下

 

 「書き下し文」

 仏通・蓮華御契約の儀、先代の筋目に随ひ、即ち末世を以て相違なく申し談ずる所なり、此の旨を以て新たに寄進して御智行するの在所、師檀に申し宣ふ者なり、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 仏通寺と蓮華寺とのご契約の件について、先代のつながりに従って、後世まで契約を違えることなく相談し申し上げるところである。この趣旨により、新たにこちらから寄進して、そちらでご知行になっている在所を、師僧や檀家に申し伝えるものである。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

蓮華寺

 ─観竜山蓮花寺(蓮華寺)のことか。三原市久井町下津。もと真言宗で江木村稲生神社の供僧寺であったが、中興以後臨済宗仏通寺派となった(「下津村」『広島県の地名』平凡社)。