周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

豊町歴史民俗資料館所蔵多田文書3

    三 小早川徳寿丸隆景吹挙状写

 

 三郎左衛門尉所望之事、可挙京都之状如件、

     (1544)

     天文十三年十一月十八日      徳寿丸

                    多田助八殿

 

 「書き下し文」

 三郎左衛門尉所望のこと。京都に吹挙せしむべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 三郎左衛門尉を所望すること。京都へ吹挙させるつもりである。吹挙状は以上のとおりである。