読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

こんなところで産まなくても…

  嘉吉二年(一四四二)十月十九日条 (『康富記』1─306頁)

 

七社奉幣事、

 十九日丙午 晴、

  (中略)

 是日管領両使(割書)「飯尾肥前入道、松田対馬入道、」於石清水、是

 自社家注進云、猪之鼻辛櫃石邊にて妊婦令子令触穢、件石破裂

 云々、爲検知、且又有社家例哉之由爲尋也云々、後日承分、如此事社

 家有先例云々、

  (後略)

 

 「書き下し文」

 十九日丙午 晴れ、

  (中略)

 是の日管領両使(割書)「飯尾肥前入道、松田対馬入道、」を石清水に立てらる、是

 れ社家より注進有りと云ふ、猪の鼻辛櫃石邊にて妊婦に子を産ましめ触穢せしむ、件

 の石破裂すと云々、検知の為、且つ又社家の例有るかの由尋ねられんが為なりと

 云々、後日承る分、此くのごとき事社家に先例有りと云々、

 

 「解釈」

 この日、管領が両使「飯尾肥前入道と松田対馬入道」を石清水八幡宮にお遣わしになった。これは社家から注進があったからだという。猪鼻坂の辛櫃石辺りで妊婦が子を産み触穢になってしまった。その石は砕けたそうだ。両使の派遣はその注進を検知するため、また社家にこのような先例があるのかをお尋ねになるためであるという。後日聞いたことによると、このようなことは社家に先例があるそうだ。

 

 「注釈」

管領」─畠山持国管領在任期間は、嘉吉二年(一四四二)六月二十九日〜文安二年

     (一四四五)二月二十三日(『新版 角川史日本史辞典』)。

「両使」─鎌倉期以来、土地総論に関する幕命を現地において履行するために派遣され

     た御家人。二人一組で派遣されたのでこのように称した。鎌倉後期以降、同

     じ機能を常時当該国の守護が担うケースが増大した(『新版 角川日本史辞

     典』)。この場合、両使は管領の命を受けて検知のために派遣されたようで

     す。

「飯尾肥前入道」─室町幕府奉行人飯尾為種(永祥)か。

「松田対馬入道」─室町幕府奉行人松田貞清(常守)か。

「猪之鼻」─猪鼻坂のことか。二の鳥居と神幸橋の間にある上り坂。現在は存在しない

      ようです(谷村勉「安居頭諸事覚を読む」『会報』五五、八幡の歴史を探

      究する会http://yrekitan.exblog.jp/iv/detail/?s=23217675&i=201411%2F02%2F25%2Ff0300125_10595954.jpg)。

「辛櫃石」─唐櫃のような形の石か。

 

*地元の人か、遠方の人かわかりませんが、安産祈願にでも来たのでしょうか。とある

 妊婦が石清水八幡宮で突如産気づき、そのまま出産してしまいました。よくぞ、無事

 に?産んだものです。ですが、おかげで石清水は穢れてしまい、また辛櫃石が砕ける

 という怪異まで起きてしまいます。こんなことがあるとは驚きです。しかも、先例が

 あるとはさらに驚きです。そういえば、庶民の出産はどのように行われていたのでし

 ょうか。医療の知識や設備は、現代とは比べものにならないほど拙いものであったは

 ずです。路上で産んでしまうことも珍しくなかったのかもしれません。現代人ならこ

 のような出産は恐ろしくて仕方ないように思いますが、当時の人はどんな感覚だった

 のでしょうか。意志や理性では、人間の生理現象をコントロール仕切れない。その典

 型例のような記事です。

福王寺文書9

   九 足利義満御判御教書寫

 

 爲天下安全、可祈禱之精誠之状如件、

    (1394)           (義満)

    應永元年十一月九日      御判

        (良海)

    福王寺院主侍従律師御房

 

 「書き下し文」

 天下安全の為、祈祷の精誠を致すべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 天下の安全のため、真心を込めて祈祷するべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「良海」─未詳。

福王寺文書8

   八 武田信賢安堵状寫

 

                         (別)

 安祥寺御法流、悉依御相傳、爲天下護持、相副東寺之佛舎利并勅筆

 与之上者、於當國聖道門家捴別當之旨申定訖、若有違背之族者、

 可成敗之状如件、

    (1460)

    長禄四年八月廿七日      大膳大夫源朝臣

   福王寺別當

     寛雅大僧都御房

 

 「書き下し文」

 安祥寺御法流、悉く御相伝に依り、天下護持の為、東寺の仏舎利并に勅筆を相別け授

 与せらるるの上は、当国の聖道門家に於いて総別当たるべきの旨申し定め訖んぬ、若

 し違背の族有らば、成敗を加ふべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 安祥寺の御法流をことごとくご相伝になったことにより、天下の護持のため、東寺の仏舎利や宸筆を分け与えられたうえは、安芸国真言宗寺院において、すべての統括者であるべきことを決め申し上げた。もしこの決定に背くものがいるならば、処罰するべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「安祥寺御法流」─真言宗小野流の一つ。安祥寺隆快から相伝されたもの。1号文書の

         注釈参照。

「聖道門」─仏語。修行して、現世において迷いを断ち、聖者となって、悟りを得よう

      とする道。また、その教え。浄土教以外の諸宗。自力門。難行道。

「大膳大夫源朝臣」─安芸国分郡守護武田信賢。

福王寺文書7

   七 武田信賢禁制寫

 

   禁制 福王寺領山上山下條々

 一伐採山木

 一女人夜宿事

 一往来僧俗并乞食不入事

 一軍勢甲乙人等不入寺領

 一於寺領殺生事(割書)「但、大宮一頭狩者非制之限」

 右於違犯之輩者、不権門高家罪科者也、仍制札如件、

     (1460)

     長禄四年八月 日      大膳大夫源朝臣

 

 「書き下し文」

   禁制す 福王寺領山上山下條々

 一つ、山木を伐採する事

 一つ、女人夜宿する事

 一つ、往来の僧俗并に乞食入るべからざる事

 一つ、軍勢甲乙人等寺領に乱入すべからざる事

 一つ、寺領に於いて殺生すべからざる事(割書)「但し、大宮一頭狩は制の限りに非

    ず」

 右違犯の輩に於いては、権門高家を嫌はず罪科に處すべき者なり、仍って制札件のご

 とし、

 

 「現代語訳」

   福王寺領の山上山下に対して以下の条項を禁止する。

 一つ、領内の山木を伐採すること。

 一つ、女が坊舎に夜宿すること。

 一つ、領外の僧侶や俗人、ならびに乞食は、領内に入ってはならないこと。

 一つ、他領の軍勢や庶民が乱入してはならないこと。

 一つ、寺領で殺生をしてはならないこと。ただし、大宮一頭の狩は、禁止しない。

 右の条項に違犯したものについては、権勢の盛んな家柄を厭わず、処罰するべきものである。よって、制札の内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「禁制」─特定の場所で特定のことを禁止する旨を告知する文書。制札、定書、掟書、

     法度も同じ。

「山上山下」─福王寺山の山頂や麓の坊舎か。

「武田信賢」─安芸国分郡守護

「大宮一頭狩」─未詳。福王寺のある可部庄の総鎮守は両延八幡宮なので(『広島県

        地名』)、大宮はそれを指すのかもしれません。

福王寺文書6

   六 安祥寺隆快叙位状寫

 

   大勝金剛院

    權大僧都寛雅

     冝叙法眼

   (1460)

   長禄四年八月廿七日

                別當權大僧都法眼大和尚位

                            判

 

*書き下し文・解釈は省略。

 

 「注釈」

「大勝金剛院」─西安祥寺のこと。1号文書の注釈参照。

権大僧都」─僧正について僧侶を統括する僧官。大僧都権大僧都僧都少僧都

       権少僧都の五等にわかれている(『新訂 官職要解』)。

「法眼」─僧綱の僧位。僧都に対応した僧位が法眼。

「隆快」─出自の詳細は不明。幼少より高野山に居住して、同山宝性院に相承された安

     祥寺流(真言宗小野流の一つ)を、宝性院成雄から伝授された僧侶。長禄四

     年(一四六〇)までには、高野山を離れ、拠点を西安祥寺(上安祥寺・大勝

     金剛院・山科区上野)に戻した。隆快が拠点を西安祥寺に移して以後、嫡系

     安祥寺流の活動が活発化する。以前の伝法・教学等の門弟養成を中心とした

     活動から、失地回復の訴訟等、法流復興のための積極的な活動が現れ始め

     る。隆快はその活動を支えるための収入を得るために、積極的な法流伝播活

     動を開始する。隆快の関する一連の福王寺文書(1・5・6号文書)は、こ

     の結果と考えられています(鏑木紀彦「中世後期の安祥寺流について─隆

     快・光意の事跡を中心に─」『ヒストリア』257、2016・8)。

福王寺文書5

   五 福王寺僧官人数記寫

 

   福王寺之僧官位事

   權少僧都  五人

   權律師   十人

   阿闍梨   十人

 右廿五人、永代爲寺官昇進之事、不子細候、此外不競望之

 儀候也、

    (1460)

    長禄四年八月廿七日     安祥寺權大僧都隆快

                           判

   福王寺

     別當御房

 

 「書き下し文」

   福王寺の僧官位の事

   権少僧都  五人

   権律師   十人

   阿闍梨   十人

 右廿五人、永代寺官として昇進の事、子細有るべからず候ふ、此の外競望の儀有るべ

 からず候ふなり、

 

 「解釈」

   福王寺の僧官位のこと

   権少僧都  五人

   権律師   十人

   阿闍梨   十人

 右の二十五人は、永久に寺官として昇進することに異論があるはずもない。この他は競望してはならないのです。

 

 「注釈」

権少僧都」─僧正について僧侶を統括する僧官。大僧都権大僧都僧都少僧都

       権少僧都の五等にわかれている(『新訂 官職要解』)。

権律師」─僧綱第三位の僧官。律師には、大律師・(中)律師・権律師がある(『新

      訂 官職要解』)。

阿闍梨」─一般に弟子を教え、その師範となる高徳の僧の尊称(『日本国語大辞

      典』)。僧綱(僧官の場合、僧正・僧都・律師)の次の職分を有職(うし

      き)と呼ぶが、そのうちの一つ。

「安祥寺」─1号文書の注釈参照。

「隆快」─出自の詳細は不明。幼少より高野山に居住して、同山宝性院に相承された安

     祥寺流(真言宗小野流の一つ)を、宝性院成雄から伝授された僧侶。長禄四

     年(一四六〇)までには、高野山を離れ、拠点を西安祥寺(上安祥寺・大勝

     金剛院・山科区上野)に戻した。隆快が拠点を西安祥寺に移して以後、嫡系

     安祥寺流の活動が活発化する。以前の伝法・教学等の門弟養成を中心とした

     活動から、失地回復の訴訟等、法流復興のための積極的な活動が現れ始め

     る。隆快はその活動を支えるための収入を得るために、積極的な法流伝播活

     動を開始する。隆快の関する一連の福王寺文書(1・5・6号文書)は、こ

     の結果と考えられています(鏑木紀彦「中世後期の安祥寺流について─隆

     快・光意の事跡を中心に─」『ヒストリア』257、2016・8)。

「福王寺別当御房」─未詳。寛雅か。

 

*安祥寺の隆快が、福王寺の僧官の人数を規定した文書。福王寺では阿闍梨から権律

 師、そして権少僧都へと出世していくのだと思います。福王寺の寺僧たちは、この三

 つ以外の僧官を望むことはできなかったのだと思います。

福王寺文書4

   四 後花園天皇口宣案寫

 

   上卿 廣橋中納言

    (1459)

    長禄三年七月十一日   宣旨

     權少僧都寛雅

      冝轉權大

     蔵人頭右大辨兼山城守權藤原経茂奉

 

*書き下し文・解釈は省略。

 

 「注釈」

「廣橋中納言」─広橋綱光。

「寛雅」─未詳。福王寺の住持か。

権少僧都」─僧正について僧侶を統括する僧官。大僧都権大僧都僧都少僧都

       権少僧都の五等にわかれている(『新訂 官職要解』)。

「宜任權大」─宜しく権大僧都に任ずべし(権大僧都に任命せよ)。

「藤原経茂」─勧修寺経茂。

 

権少僧都という僧官にあった寛雅が、権大僧都という僧官に任命された文書。権大僧

 都に対応する僧位は法眼になるのですが、別に僧位を授けられた文書が発給されてい

 るのかもしれません。

福王寺文書3

   三 後花園天皇口宣案寫

    上卿 甘露寺中納言

    (1454)

    享徳三年四月廿一日   宣旨

     權律師寛雅

      冝任權少僧都

        (大脱)

     蔵人權右辨藤原経茂奉

 

*書き下し文・解釈は省略。

 

 「注釈」

甘露寺中納言」─甘露寺親長。

権律師」─僧綱第三位の僧官。律師には、大律師・(中)律師・権律師がある(『新

      訂 官職要解』)。

権少僧都」─僧正について僧侶を統括する僧官。大僧都権大僧都僧都少僧都

       権少僧都の五等にわかれている(『新訂 官職要解』)。

「宜任權少僧都」─宜しく権少僧都に任ずべし(権少僧都に任命せよ)。

「藤原経茂」─勧修寺経茂。

 

権律師という僧官にあった寛雅が、権少僧都という僧官に任命された文書。権少僧都

 に対応する僧位は法眼になるのですが、別に僧位を授けられた文書が発給されている

 のかもしれません。

福王寺文書2

   二 後花園天皇口宣案寫

   上卿 四條中納言

    (1445)

    文安二年十二月廿七日   宣旨

       (寛雅)

     大法師宥椿

      冝任權律師

     蔵人左中辨藤原俊秀奉

 

*書き下し文・解釈は省略。

 

 「注釈」

「口宣案」─職事=蔵人頭が勅命を上卿に伝宣する場合は、もともと口頭でするのが原

      則で、それを文書に書き表すことはあっても、それは職事の手控えとして

      であった。これを口宣とか職事の仰詞(おおせことば)と称したが、のち

      にはこれを上卿に交付するようになり、一つの独立した効力ある文書とし

      て口宣案と呼ぶようになった(佐藤進一『新版 古文書学入門』法政大学

      出版局)。

「四條中納言」─四条隆盛。

「大法師」─伝燈大法師位のことか。僧綱(僧官僧位とももっとも高いものを称した名

      目。僧官では僧正・僧都・律師の三官、僧位では法印・法眼・法橋)に対

      して、その他の僧を「凡僧」と呼び、その最上位の僧位。宗派の伝統を門

      弟に伝える位(『新訂 官職要解』)。

権律師」─僧綱第三位の僧官。律師には、大律師・(中)律師・権律師がある(『新

      訂 官職要解』)。

「宥椿(寛雅)」─未詳。福王寺の住持か。

「宜任權律師」─宜しく権律師に任ずべし(権律師に任命せよ)。

「藤原俊秀」─坊城俊秀。

 

*大法師位という僧位にあった宥椿(寛雅)が、権律師という僧官に任命された文書。

 権律師に対応する僧位は法橋になるのですが、別に僧位を授けられた文書が発給され

 ているのかもしれません。

福王寺文書1

  解題

 この寺は縁起によると弘法大師の開創という。当時の本尊不動明王が藤原時代あるいは鎌倉時代とみられる立木仏であったこと、大治二年(1127)鳥羽院が可部庄百八石を高野山へ寄進していることからして、平安末期までには開創されたとみてよかろう。

 その後、一たん荒廃する。正和四年(1315)、河内の人禅智上人が来て、中興をはかるが、それは安芸国守護武田氏信の援助によって実現した。天文十年(1541)の武田氏没落まで、同氏と福王子の関係は深かった。福王寺文書の内容は、この時期のものである。当寺は再三の火災にあっており、原本はその際に焼失した。現在は二組の写本が残っている。一は天明甲辰(4)年に寛盛が浅野甲州文庫で書写したものであり、他は江戸初期のものであろう。このほかに内閣文庫本があるが、表題に「正徳五年(1715)当寺旧記什物之写 福王寺寺務学範」とあり、公儀へ写し差し出したものの控である。

 戦国時代までは旧安北郡地域における真言宗の拠点であったが、江戸時代になると、郡内にあった寺は全て真宗となり、末寺を失った。しかし当寺は今なお山上で真言の法灯を守りつづけている。

 

  『広島県の地名』より

 福王寺山(496・2メートル)の頂にある真言宗御室派の古刹。金亀山事真院と号す。縁起によれば、弘法大師が来山し、立木に不動明王立像を刻んで本尊としたのに始まるという。しかし、本尊の不動明王像(昭和五二年焼失)は藤原時代から鎌倉時代の作とされており、また大治二年(1127)鳥羽院が可部庄一〇八石を高野山に寄進している(高野山文書)ことなどもあり、初伝からやや下った平安時代後期ごろの開創と考えられよう。

 長禄四年(1460)の年号を記す安芸国金亀山福王寺縁起写(当寺文書)によれば、皇室から綾谷・九品寺・大毛寺の地を寄進され、一時は四八宇の坊舎があったがやがて衰退、正和年間(1312〜17)に河内国の人禅智が来住し中興したしたが、これを援助したのが安芸国守護武田氏信で、堂の再建、本尊脇士や寺領の寄進をしたという。この寺伝は武田氏の可部方面進出を契機に当寺との関係を持ってきた事情を反映しているとみられる。その後武田氏は当時に対し所領安堵・寺規制定・僧任免などを行った(当寺文書)。天文年間(1532〜55)武田氏は没落し、変わって可部庄一帯には熊谷氏の支配が及び、当時との関係が生じた。

 福王寺は中世以来郡内真言寺院の総元締の立場にあったが、中世末から近世初めにかけて付近寺院の真宗への転宗が進むなかで、本寺のみは密教の法灯を守った。古くから何度も火災に遭って古文書なども原本は失われたが、その写本や県指定重要文化財の金銅五鈷杵などが伝わる。昭和五二年(1977)の火災では、本尊のほかに寺宝の「さざれ石」という奇石を焼失した。同五六年再建。山上にある金亀池には奇瑞の伝承が伝わる。

 

 

   一 福王寺扁額銘文記寫

     事眞院

     (1460)(六月)

     長禄四年 林鐘朔日書之、

     此院号事眞院

     爲後代存知、乍憚記之、

    長禄四年庚辰六月一日鬼宿

        (山城) (隆快)

        安祥寺権大僧都

               判

 

 「書き下し文」

     事眞院

     長禄四年 林鐘朔日之を書く、

     此の院号事眞院

     後代存知の為、憚かりながら之を記す、

 

 「解釈」

     事眞院

     長禄四年 六月朔日に扁額の銘文を書いた。

     この院号は事眞院

     後世に知らせるため、不躾ながらこれを記した。

 

 「注釈」

「事眞院」─福王寺の院号

「安祥寺」─京都市山科区御陵平林町。安祥寺山東南麓にある。吉祥山と号し、高野山

      真言宗仁明天皇の女御藤原順子が建立、開基は恵運。開創は嘉祥元年

      (八四八)(一代要記ほか)、仁寿元年(八五一)(安祥寺伽藍縁起資材

      帳)、仁寿二年(濫觴記)、仁寿年中(貞観元年四月十八日太政官符)な

      どの諸説がある。『延喜式』には、安祥寺で階業を終えた僧は諸国の購読

      師に任命されること(巻二一)、土佐国正税・公廨稲計二〇万束のうち五

      千束が修理安祥寺宝塔料に充てられること(巻二六)などがみえる。『山

      科安祥寺誌』によると、平安時代中期には勧修寺(現山科区)が勢力を強

      め、勧修寺五世深覚は安祥寺座主職を兼ねた。南北朝時代の永和三年(一

      三七七)三月、安祥寺二一世興雅が高野山宝性院の宥快に安祥寺を継がし

      め、以後高野山の兼務するところとなった(『京都市の地名』)。

 

      安祥寺の法流は安祥寺正嫡が相続したが、寺領・寺務等は勧修寺が相続す

      ることになり、法流と堂宇・所領の相承が全く異なることになった。安祥

      寺正嫡の法流は、太元帥法別当職を代々相伝してきたが、永和三年(一三

      七七)に醍醐寺理性院宗助が補任されて以降、安祥寺がそれを取り戻すこ

      とはなかった。嫡系安祥寺流は寺領からの収入を勧修寺に抑えられていた

      ため、太元帥法別当職に付帯した権益に頼らざるを得なかった。そのため

      同職を喪失した嫡系安祥寺流は、西安祥寺における自立経営が困難とな

      り、やむを得ず高野山に移ることになった(鏑木紀彦「中世後期の安祥寺

      流について─隆快・光意の事跡を中心に─」『ヒストリア』257、20

      16・8)。

「隆快」─出自の詳細は不明。幼少より高野山に居住して、同山宝性院に相承された安

     祥寺流(真言宗小野流の一つ)を、宝性院成雄から伝授された僧侶。長禄四

     年(一四六〇)までには、高野山を離れ、拠点を西安祥寺(上安祥寺・大勝

     金剛院・山科区上野)に戻した。隆快が拠点を西安祥寺に移して以後、嫡系

     安祥寺流の活動が活発化する。以前の伝法・教学等の門弟養成を中心とした

     活動から、失地回復の訴訟等、法流復興のための積極的な活動が現れ始め

     る。隆快はその活動を支えるための収入を得るために、積極的な法流伝播活

     動を開始する。隆快の関する一連の福王寺文書(1・5・6号文書)は、こ

     の結果と考えられています(前掲鏑木論文)。

 

*この時の福王寺の住持は寛雅と考えられますが、隆快との関係がよくわかりません。

 福王寺は真言宗寺院で、所在地の可部庄も高野山領(ただし室町時代は不知行、『講

 座日本荘園史9 中国地方の荘園』)でしたから、隆快が高野山にいたときに、知り

 合っていたのかもしれません。