読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書21

   二一 別當僧正某安堵状寫

 

   別當僧正書判

 新熊野社領安藝国三入庄領家職事、任相傳知行候、有限社役以下任

 例懈怠、可其心得之由別當僧正御房所仰也、仍執達如件、

    (1368)

    應安元年八月十三日       權大僧都書判

     權大僧都御房

       ◯前号オヨビ本号文書ノ二通ハ福王寺藏天明辰年寫本ニアリ

 

 「書き下し文」

 新熊野社領安芸国三入庄領家職の事、相伝に任せ知行せしめ候ふ、限り有る社役以下

 先例に任せ、懈怠無く其の心得を致さるべきの由別当僧正御房仰する所なり、仍って

 執達件のごとし、

 

 「解釈」

 新熊野社領安芸国三入庄領家職のこと。相伝の内容のとおりに、権大僧都に知行させます。厳重に定められた社役などは、先例のとおりに怠ることなく心がけなさるべきである、と別当僧正御房が仰せである。よって以上のことを下達する。

 

 「注釈」

「新熊野社」─現在の東山区今熊野椥ノ森町。東大路通の西側に位置する。鳥居は東面

       して東大路通に向かうが、拝殿・社殿はともに南面する。祭神は伊弉冊

       命。現在の祭日は五月五日。熊野信仰の高まりのなかで、後白河院が紀

       州熊野権現本宮の祭神を勧請し、院御所である法住寺殿の鎮守としたの

       に始まる(『京都市の地名』)。

「三入庄」─現在の広島市安佐北区可部町大林・上町屋・下町屋・桐原(とげ)・上原

      付近を領域とする。養和元年(一一八一)十二月八日の後白河院庁下文案

      では新熊野社領三入庄となっており(「新熊野神社文書」)、以後は同社

      領荘園として存続する(『講座日本荘園史9 中国地方の荘園』)。

別当僧正」─未詳。

権大僧都」─未詳。

福王寺文書20

   二〇 武田光誠氏信宛行状寫

 

           安北郡

 侍従阿闍梨良海申安藝国可部庄内福王寺別當職事、右就良海由緒申之間所

 宛行也、任先例沙汰之状如件、

    (1375)

    永和元年八月 日         判

  侍従阿闍梨御房

 

 「書き下し文」

 侍従阿闍梨良海申す安芸国可部庄内福王寺別当職の事、右良海の由緒に就き申さしむ

 るの間充て行ふ所なり、先例に任せ沙汰致すべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 侍従阿闍梨良海が申す安芸国可部庄内福王寺別当職のこと。右、良海が別当職を知行する根拠を申し上げたので、給与するところである。先例のとおりに領知すべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「可部庄」─太田川の流域にあり、現在の広島市安佐北区可部町の西半分の地域を占め

      る。大治二年(一一二七)鳥羽院が可部庄百八石を高野山に寄進したこと

      により高野山領(西塔領)となった。明徳三年(一三九二)の高野山の寺

      領注文には「不知行」とあり、事実上の収納は行われなくなっている

      (『日本荘園史大辞典』)。

「良海」─福王寺住持。

福王寺文書19

   一九 武田信繁安堵状寫

 

 安藝国安北郡可部庄内福王寺領(割書)「後山綾谷」名之事、於而諸役等者不

 可違乱煩候、若致此旨者、不子孫者也、仍爲後證

 状如件、

   (1436)

   永享八年十月十五日       前伊豆守信繁

                         判

   福王寺

      ○以上、一九通ヲ一巻ニ収ム

 

 「書き下し文」

 安芸国安北郡可部庄内福王寺領(割書)「後山・綾谷」名の事、諸役等に於いては違

 乱・煩ひ有るべからず候ふ、若し此の旨に背く輩に至りては、子孫たるべからざる者

 なり、仍って後証の為状件のごとし、

 

 「解釈」

 安芸国安北郡可部庄内福王寺領後山・綾谷名のこと。諸役等においては違乱・妨害があってはならない。もしこの内容に背く連中に至っては、子孫であるはずないものである。よって後の証拠のため、安堵状の内容は、以上のとおりである。

 

 「注釈」

「致」─「至」か。

「後山」─未詳。可部庄内の名か。

「綾谷」─安佐北区可部町綾ヶ谷。勝木村の北東に位置する広域の村で、北に堂床山

     南に福王寺山がそびえる。西は堂床山南麓に水源を発する大畑谷川が南流し

     て勝木村に入り、東は小南原川が南流して南原・九品寺両村の境で南原側に

     注ぐ。綾ヶ党という地名や綾織屋敷と伝えるところがあり、往古綾を織って

     いたことから村名を得たとする(芸藩通志)(『広島県の地名』)。

ハゲの悩みは通時代的か!?

  文安元年(一四四四)八月十九日条 (『康富記』2─89頁)

 

 十九日乙丑 晴、供養妙徳庵坊主、山城国水無瀬、(割書)「或ハ廣瀬トモ云、山崎

 ノ南也、」在行基御作阿彌陀佛、金泥、三尺餘、 経数百之星霜、坐一宇之蘭若、近

 年破壊、見路道、侵雨露之間、人不知之處、閏六月三日、俄有頓利之聞云々、傳聞

 分、盲者忽繼離朱之明、瘖瘂俄若予賜之言、或者女之喎僻反而成倩盻之貌、白禿變黒

 髪之粧、貧者遇福海、短折保壽山、其効験非一、近境遠路之道俗、善男善女之参詣成

 群、是則闡提之利生歟、彌陀則観音、観音則彌陀之謂者哉、又如大経所説者、無量衆

 寶随意、所欲応念則至之誓願、不可疑者也、仍今日予令参詣之、下総房同道了、於山

 崎椿屋用駄餉了、

  (後略)

 

 「書き下し文」

 十九日乙丑 晴れ、妙徳庵の坊主を供養す、山城国水無瀬、(割書)「或は廣瀬とも

 云ふ、山崎の南なり、」行基御作阿彌陀佛在り、(割書)「金泥、三尺餘り、」数百

 の星霜を経、一宇の蘭若に坐す、近年破壊、路道に見れ、雨露に侵さるるの間、人知

 らざるの処、閏六月三日、俄かに頓利の聞こえ有りと云々、伝え聞く分、盲者忽ち離

 朱の明を継ぎ、瘖瘂俄かに予め之に言を賜るがごとく、或ひは女の喎僻反って倩盻の

 貌を成し、白禿黒髪の粧に変へ、貧者福海に遇ひ、短折寿山を保つ、其の効験一に非

 ず、近境遠路の道俗、善男善女の参詣群を成す、是れ則ち闡提の利生か。弥陀則ち観

 音、観音則ち弥陀の謂ひなる者か。又大経の説く所のごとくんば、無量の衆宝、意の

 欲する所に随ひて、念に応じて則ち至るの誓願、疑ふべからざる者なり、仍って今日

 予之に参詣せしむ、下総房同道し了んぬ、山崎椿屋に於いて駄餉を用ひ了んぬ、

 

 「解釈」

 十九日乙丑 晴れ。妙徳庵の坊主を供養した。山城国水無瀬(あるいは広瀬とも言う、山崎の南である)に、行基作の阿弥陀如来の仏像(金泥で三尺あまり)がある。数百年の年月を経て、一宇の寺院に鎮座している。近年その寺院も壊れてしまった。仏像は道端に露となり、雨露に濡れて人に知られることはなかったが、閏六月三日、突如ご利益の評判が立ったそうだ。伝え聞いたことによると、目の見えないものはすぐに目が見えるようにし、口のきけないものは、すぐにあらかじめ言葉を賜ったかのように話すことができ、あるいは女の歪んだ顔は、反対に愛らしい口元と美しい目元の容貌にし、白髪の禿げ頭は黒髪の相貌に変え、貧乏人は海のように深い幸福に出会い、短い寿命は長寿を保つ。その霊験は一つではない。近隣や遠方の出家・在家や善男善女が群れを成して参詣している。これは菩薩のご利益か。阿弥陀如来はすなわち観音菩薩で、観音菩薩阿弥陀如来であるということか。また、仏説無量寿経上の所説のように、数限りない宝は望みのままにすぐに現れるという誓願は、疑ってはならないものである。そこで、今日私はそこに参詣した。下総房も同道した。山崎椿屋で食事をとった。

 

 「注釈」

「妙徳庵」─東福寺山内の三聖寺の塔頭か(『京都市の地名』)。

「水無瀬阿弥陀仏」─大阪府三島郡島本町広瀬の浄土宗阿弥陀院のことか(『大阪府

          地名』Ⅰ)。

「下総房」─未詳。

「山崎椿屋」─未詳。

 

*寂れた寺院の阿弥陀如来像が、突如霊験を発揮しました。おかげで広瀬の地は大賑わいです。障害が治癒するというのはいかにもという感じですが、その後がおもしろいです。白髪のハゲ頭が黒髪に変わる。この記事では、盲人・唖者という障害の治癒を記載した後に、「或者」を挟んで「女性のブサイクな顔」と「白髪のハゲ頭」を併記しています。このことから、白髪のハゲ頭は病気や障害の類ではなく、コンプレックスの一つであったと解釈できそうです。どうやら、現代人同様、中世人もハゲ頭を好ましくない容貌だと考えていたようです。

 そういえば、なぜ人間はハゲ頭にコンプレックスをもつのでしょうか。あって当然、ずっとあり続けるはず、と信じている髪の毛がなくなるから。他の人にはあるのに、自分だけなくなってしまうから。単純にみっともないから。ハゲ頭が似合わないから。いろいろ考えられそうですが、中世人はどんな理由でハゲ頭を嫌ったのでしょうか。「好き」「嫌い」には本能的な要因と、社会的な要因があるでしょうから、ハゲ頭にも歴史研究が成立するかもしれません。「ハゲの社会史」なんて研究書があるとおもしろいのですが。

 さて、こうした中世人の願いを叶えてくれたのは阿弥陀如来でした。阿弥陀様は衆生西方極楽浄土に導いてくれる仏様であるはずですが、今回の記事では、現世利益を実現している仏様として登場しています。だからなのでしょうか、「阿弥陀様は観音様と同じだろうか」という不確かな言説が語られています。本来、観音様は現世利益を実現する仏様で、阿弥陀様は極楽往生の仏様と認識されていたからこそ、現世利益を実現する阿弥陀様は観音様と同体だという考えを生み出したのでしょう。「阿弥陀・観音同体説」が、地域・階層ともに、どれほどの広がりを見せているのか、またどのような教義的根拠があって同体と見なしているのかわかりませんが、きっと民間信仰のなかで語られていたものなのでしょう。

福王寺文書18

   一八 沙弥乗光武田信在寄進状寫

 

 寄進

     安北郡               (奈ヵ)

  安藝国可部庄福王寺奥院大師御影堂免、同庄内小桑原田畠山所等事、

       (マ丶)

 右此免田等、致子々孫々違乱煩者、不子孫之状如件、

   (1400)

   應永七年正月十一日          沙弥乗光

  福王寺住持

 

 「書き下し文」

 寄進す

  安芸国可部庄福王寺奥院大師御影堂免、同庄内小奈原田畠山所等の事、

 右此の免田等、子々孫々に至り違乱煩ひ有らば子孫たるべからざるの状件のごとし、

 

 「解釈」

 寄進する

  安芸国安北郡福王寺奥院大師御影堂免田、同庄内小南原の田畠、山などのこと。

 右のこの免田等は、子々孫々の代に至り、秩序を乱し妨害することがあれば、子孫であるはずはない。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「小奈原」─小南原。南原村(安佐北区可部長南原、『広島県の地名』)のことか。

「福王寺住持」─未詳。

福王寺文書17

   一七 守護代沙弥惠一宛行状寫

 

 宛行 可部庄内重吉名主職

   合田數注文別紙在

   福王寺院主觀蜜坊

 右名者、先名主禪智房依子細、寺務職云彼名主分云被召放畢、雖

 以別儀下知也、早任先例限濟物御公事等可勤仕之状

 如件、

     (1336)

     建武三年六月廿八日

         御代官沙弥惠一

                判

 

 「書き下し文」

 充て行ふ 可部庄内重吉名主職

   合わせて田数注文別紙之在り

   福王寺院主観蜜坊

 右の名は、先の名主禅智房子細有るに依り、寺務職と云ひ彼の名主分と云ひ召し放た

 れ畢んぬ、然りと雖も別儀を以て下知を加ふる所なり、早く先例に任せ限り有る済

 物・御公事等を勤仕せられるべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 福王寺院主観蜜坊に給与する 可部庄内重吉名主職のこと。

   すべての田数の注文は別紙にしてある。

 右の名については、前の名主禅智坊に問題があって、寺務職もこの名主職も没収されてしまった。しかし、格別の計らいによって給与の命令を下すところである。早く先例のとおりに、厳重に定められた年貢や公事などを納入なさるべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「重吉名」─安佐北区可部町大毛寺・可部町虹山。古くは重吉村といったが、のちに大

      文寺と改め、さらに大毛寺としたという。重吉の地名は建武三年(一三三

      六)六月二八日の守護代沙弥恵一宛行状写(福王寺文書)に「可部庄内重

      吉名主職事」、「延文四年(一三五九)一一月二二日に武田氏信安堵状写

      (同文書)に「福王寺領安芸国可部庄内重吉名事」とみえる。長禄四年

      (一四六〇)の安芸国金亀山福王寺縁起写(同文書)では、天長年間(八

      二四〜八三四)のこととして綾谷・九品寺・大毛寺三邑の朝廷よりの寄進

      を記しているが、遅くとも長禄年間には大毛寺の呼称が行われている

      (『広島県の地名』)。

「観蜜坊」─未詳。

「御代官沙弥惠一」─未詳。福王寺の院主に代わって、所領を経営する僧か。

福王寺文書16

   一六 武田光誠氏信書状寫

 

 不動堂建立事尤可然候、仍爲彼寺領苻中之堤興行事、在所繪圖加

 見畢、不子細候、且當堂被取立候後、寄附状等者重可進候、先

 以此状御興隆候也、恐々謹言、

      正月十七日         光誠

                      判

      福王寺坊主

           御返事

 

 「書き下し文」

 不動堂建立の事尤も然るべく候ふ、仍って彼の寺領のため府中の堤興行の事を始め、

 在所の絵図一見を加へ畢んぬ、子細有るべからず候ふ、且つ当堂を取り立てられ候ふ

 後、寄附状等は重ねて進らすべくそうろうふ、先ず此の状を以って御興隆有るべく候

 ふなり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 不動堂建立のことは、当然りっぱなことです。そこで、不動堂の寺領のため、府中の築堤を始め、在所の絵図を一見した。異論があるはずもないです。その上、当堂をご建立になりました後に、寄進状などは重ねて進上するつもりです。まずこの書状をもってご興隆になるべきです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「不動堂」─未詳。福王寺の堂舎か。

「府中の堤」─未詳。

「福王寺坊主」─未詳。

福王寺文書15

   一五 武田光和安堵状寫

 

 福王寺別当職并諸末寺社家殊九品寺之事、任先判之旨寺務、不

 有修理勤行等懈怠之状如件、

      八月一日          光和判

     福王寺

 

 「書き下し文」

 福王寺別当職并に諸末寺社家殊に九品寺の事、先判の旨に任せ寺務を全うせられ、修

 理勤行等懈怠有るべからざるの状件のごとし、

 

 「解釈」

 福王寺別当職ならびに諸末寺・末社、とくに九品寺のこと。以前の安堵状の内容のとおりに寺の職務を全うなさり、修理・勤行等を怠ることがあってはならない。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「先判」─14号文書のことか。

「九品寺」─九品寺村。安佐北区可部町城。もと下南原村と称したが、慶長六年(一六

      〇一)の検地の時に、村内の地蔵堂の寺号にちなんで村民が九品寺村と答

      えたことから、この村名を得たと伝える(郡中国郡志)。「芸藩通志」は

      当村を南原筋に入れ、中世には南原郷に含まれていたことも考えられる

      が、明徳四年(一三九三)三月二九日付武田信在安堵状写(福王寺文書)

      は「可部庄九品寺事」と記し、可部庄内としている。九品寺は江戸時代末

      には地蔵堂を残すのみであったが、かつては真言宗の大寺であった(芸藩

      通志)。前述の武田信在安堵状写は、九品寺院主職を綾谷村の福王寺に返

      付させ安堵したものである(『広島県の地名』)。

福王寺文書14

   一四 武田信在安堵状寫

 

  安藝国可部庄九品寺事

 右當寺院主職者、先年御知行之間、如元返付于福王寺、別當良海阿闍梨

 之處也、仍全知行 天地長久之御祈禱可精誠之状如件、

    (1393)

    明徳四年三月廿四日       伊豆守信在判

 

 「書き下し文」

  安芸国可部庄九品寺の事

 右当寺院主職は、先年御知行の間、元のごとく福王寺に返付することを、別当良海阿

 闍梨申すの処なり、仍って知行を全うし天地長久の御祈祷精誠を致さるべきの状件の

 ごとし、

 

 「解釈」

  安芸国可部庄九品寺のこと。

 右福王寺の院主職は、昨年良海に安堵され、その職務を執行なさってきたので、九品寺の院主職も元のように福王寺に返付することを、良海阿闍梨が申請してきたところである。そこで、職務を全うし、真心を込めて天地長久のご祈祷を致しなさるべきである。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「九品寺」─九品寺村。安佐北区可部町城。もと下南原村と称したが、慶長六年(一六

      〇一)の検地の時に、村内の地蔵堂の寺号にちなんで村民が九品寺村と答

      えたことから、この村名を得たと伝える(郡中国郡志)。「芸藩通志」は

      当村を南原筋に入れ、中世には南原郷に含まれていたことも考えられる

      が、明徳四年(一三九三)三月二九日付武田信在安堵状写(福王寺文書)

      は「可部庄九品寺事」と記し、可部庄内としている。九品寺は江戸時代末

      には地蔵堂を残すのみであったが、かつては真言宗の大寺であった(芸藩

      通志)。前述の武田信在安堵状写は、九品寺院主職を綾谷村の福王寺に返

      付させ安堵したものである(『広島県の地名』)。

「良海阿闍梨」─福王寺院主。

福王寺文書13

   一三 武田信在安堵状寫

 

  安藝国可部庄福王寺院主職事

                 (智)

 右當寺院主職同寺領等、任弁律師禅知之例、一円寺務管領相違

 状如件、

    (1392)

    明徳三年六月一日        信在判

          (良海)

   福王寺別當侍従阿闍梨御房

 

 「書き下し文」

  安芸国可部庄福王寺院主職の事

 右当寺院主職同寺領等、弁律師禅智の例に任せ、一円に寺務を管領することに相違有

 るべからざるの状件のごとし、

 

 「解釈」

  安芸国可部庄福王寺院主職のこと。

 右の福王寺院主職と同寺領等は、弁律師禅智の先例のとおり、ことごとく寺務を取り扱うことに間違いがあるはずもない。内容は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「院主職」─福王寺の住持職の名称か。

「禅智」─河内出身の僧。福王寺中興の祖。1号文書の解題参照。

「良海」─未詳。