周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

須佐神社文書 参考史料2の6

    五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その6

 

 一九月 御祭礼規式

  米壱石弐斗壱升 村辻ヨリ献上其年之当人四人江受取

     内

   三斗   神酒米并糀米共八月廿八日禰宜実光ニテ

        当人造込諸道具者禰宜ニテ借用仕旧例也

   弐斗   御供餅神宮寺ニテ九月六日ニカス 舛取万吉

        見改陸奥

   壱斗弐升 御供米同所ニテ九日ニ舛取万吉炊之

   七舛七合 壱舛ノリシメ壱舛銚子直シ料

        五舛七合道具損料右実光エ受取

   壱舛   五月廿九日忌榊伐ニ参ル者エ渡ス

        其年ノ当人四人之内申合参申事

   白米壱舛 御注連上ケ下シ九日以上三度散米幣取陸奥

   壱舛   餅ノ粉

          紙壱束、土器三十 柄杓六本 折敷二十

          一枚 莞筵一枚 薄ヘリ一枚 筵二枚

   四斗八舛三合 薦二枚 餅蒸御供炊 神酒造込 夜神楽

          柴灯

          四度薪等其外諸入用也

    〆壱石弐斗壱舛也

   米三斗  村辻ヨリ夜神楽米 陸奥江渡ス

   同壱斗一舛 御当清め米 同断

  御当人数 以前者大当二当ノ分有之由ノ処当時不相分一列

       ニ相勤

     出 雲    神宮司    新五郎

     伴次郎    保 蔵    与兵衛

   壱組増 蔵  壱組周兵衛  壱組保 蔵

     貞 平    万吉     薦 敷

                    仮役千吉

 

  御注連下シ 六日

  御幣紙七十六枚并萱 (割書)「当人ヨリ出シ御幣并人魚 陸奥調之」

   神前両人三太夫 厳島禰宜 各御注連下ニテ相勤

  祝詞禰宜紀伊

  御神酒各頂戴ス

 一八日御供餅搗 神宮寺ニテ調

   (割書)「蒸役搗役」 当番四人 甑取 舛取万吉

   交セ役 薦敷仮役千吉  揉役神子組

   御膳書附役祢宜実光 餅切役 留十郎

  押落盛相十ヲ (割書)「当番四人 神子四人 舛取 薦敷」頂戴

      本社エ 一ツ実光納 厳島社エ一ツ大前納

  板拭六ツ武塔社エ一ツ出雲納 天神社エ一ツ新五郎納

      妙見社エ一ツ貞平納

      本社 一ツ 実 光 納 大御輿一ツ 神宮寺納

  結初  厳島 二ツ 大 前 納 武塔社一ツ 出雲納

  五ツ結十天神社一ツ 新五良納 君達社一ツ 加賀増蔵隔年納

  ヲ   妙見社一ツ 貞 平 納 壱ツ舛取納壱ツ薦敷納

  右宮方不残手伝相調新筵仁包神前ニ納拝殿ニテ三太夫音楽ヲ奏ス、藁ヲ貞平ヨリ出

  ス、餅ノ粉余リ同人ニ納

      弐舛神宮寺江   壱舛 陸奥

      壱舛 加賀    壱舛 形部

      壱舛 増蔵    壱舛 新五郎

      壱舛 千吉    壱舛 万吉

  下リ酒 壱舛 吟蔵    壱舛 留十郎

      壱舛 出雲    壱舛 与兵衛

      壱舛 周兵衛   壱舛 保蔵

      壱舛 伴次郎   壱舛 貞平

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。

 

 「解釈」

 一つ、九月の御祭礼の規式。

  米一石二斗一升は、村の辻から献上する。その年の頭役四人が受け取る。

     内

   三斗。神酒米ならびに麹米ともに、八月二十八日禰宜実光の邸宅で頭人が作り込

   む。様々な道具は禰宜のところで借用するのが旧例である。

   二斗。御供餅については、神宮寺で米を炊く。枡取役は八将神禰宜万吉。見改め

   役は広田陸奥

   一斗二升。御供米は同所神宮寺で、九日に枡取役の八将神禰宜万吉がこれを炊

   く。

   七升七合。一升はノリシメ。一升は銚子の修繕料。五升七合は道具の破損料。以

   上は実光が受け取る。

   一升。五月二十九日に忌指の榊を切りに参る者へ渡す。その年の当番四人のなか

   で相談し参ること。

   白米一升。御注連縄を上げ下げし、九日以前に三度散米をする。幣取役広田陸奥

   に渡す。

   一升。餅の粉。

   四斗八升三合。紙一束。土器三十。柄杓六本。折敷二十一枚。莞筵一枚。薄縁一

   枚。筵二枚。薦で織った筵二枚。蒸した餅と炊いた御供。御神酒製造用の米。夜

   の神楽の柴灯代。

    合計で一石二斗一升である。

   米三斗。村の辻から、夜の神楽用の御供として献上する。広田陸奥へ渡す。

   同一斗一升。頭人が清めた米。同じく広田陸奥へ渡す。

  御頭役の人数。以前は大頭役と二の頭役がいたが、現在は分けることなく同等に勤

  めている。

   一組。武塔社神主近藤出雲・伴次郎・君達社禰宜増蔵・妙見社禰宜貞平。

   一組。神宮寺司・比叡社禰宜保蔵・御頭役周兵衛・八将神禰宜万吉。

   一組。高山天神宮禰宜新五郎・山王社禰宜与兵衛・比叡社禰宜保蔵・薦敷仮の役

   千吉。

  御注連縄を下げる儀式。六日。

  御幣紙七十六枚ならびに萱を進上する。頭人から出す。御幣と人魚は広田陸奥が調

  進する。

   神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人、三太夫、厳島禰宜留十郎が、それぞれ御

   注連縄の下で勤める。

  祝詞を申し上げる役は、本社大禰宜伊達紀伊守。

  御神酒をそれぞれ頂戴する。

 一つ、八日の御供の餅搗き。神宮寺で調進する。

   蒸し役と餅搗き役は当番四人。甑取・枡取役は八将神禰宜万吉。餅のかき混ぜ役

   は薦敷の仮役千吉。揉み役は神子組。御膳の書付役は本社禰宜実光。餅切り役は

   厳島禰宜留十郎。

  器で型抜きにした飯十個を、当番四人、神子四人、枡取役の八将神禰宜万吉、薦敷

  役の千吉が頂戴する。

  板拭飯六つ。本社へ一つ、本社禰宜実光が納める。厳島社へ一つ、大前留十郎が納

  める。武塔社へ一つ、同社禰宜近藤出雲が納める。天神社へ一つ、同社禰宜新五郎

  が納める。妙見社へ一つ、同社禰宜貞平が納める。

  結初五つ結び十を。本社へ一つ、本社禰宜実光が納める。大御輿へ一つ、神宮寺が

  納める。厳島社へ二つ。大前留十郎が納める。武塔社へ一つ、同社禰宜近藤出雲が

  納める。高山天神社へ一つ、同社禰宜新五郎が納める。君達社へ一つ、陶山加賀と

  神子役増蔵が隔年で納める。妙見社へ一つ、同社禰宜貞平が納める。一つは枡取役

  八将神禰宜万吉が納め、一つは薦敷役千吉が納める。

  右、宮方が残らず手伝い、調進した新しい筵に包み、神前に納める。拝殿で三太夫

  が音楽を演奏する。藁を妙見社禰宜貞平が差し出す。餅の粉の余りは同貞平に納め

  る。

  下ろし物の酒。二升は神宮寺へ。一升は広田陸奥へ。一升は陶山加賀へ。一升は田

  中刑部へ。一升は神子役増蔵へ。一升は高山天神社禰宜新五郎へ。一升は薦敷役千

  吉へ。一升は八将神禰宜万吉へ。一升は竜王禰宜吟蔵へ。一升は厳島禰宜大前留

  十郎へ。一升は武塔社神主近藤出雲へ。一升は山王禰宜与兵衛へ。一升は御頭役周

  兵衛へ。一升は比叡禰宜保蔵へ。一升は伴次郎へ。一升は妙見社禰宜貞平へ。

 

   つづく

 

 「注釈」

「村辻」─小童の村辻。現在の広定郵便局あたりが辻になるか。ここは、広石谷、春日

     井谷、塩貝谷、麓・垰・山根からの道の合流地点になります。

「人魚」─茅萱に少し御幣を付けたものを人魚と呼んだようです(「小童祗園社由来拾

     遺伝 その5」参照)。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

「三太夫」─広田陸奥・田中刑部・陶山加賀の三名を指す。本社の神主(大禰宜)伊達

      紀伊守・禰宜実光の次にランクづけられる神職か、あるいは神楽の舞手や

      演奏者か。

「枡取」─枡を使ってはかること。また、その人(『日本国語大辞典』)。

「ノリシメ」─未詳。

「忌指榊」─現在の七月一日忌串刺祭(いつみくしざし)に使用する榊。「忌を串で刺

      す」意の祭。口伝や「祇園社由来拾遺伝」に、「素盞嗚尊当村に入村の

      節、矢野村祇園水にて潔斎されたのが始まり」と述べている。「本日より

      例祭の終わるまで一切の忌・穢が無いように」との祈願の後、榊に御幣を

      付けた串を宮部部落に配布する。昔はこの串に使う榊は青近岩立山(世羅

      郡甲山町)で採取するならわしで、祈願を込めた榊を左記の場所にうやう

      やしく建てる定になっていた。○本社鳥居前 ○武塔社鳥居前 ○西野村村

      境 ○宇賀村村境 ○戸張村村境 ○青近村村境 ただし、矢野村(上下町

      矢野)村境高足峠にはスサノオノミコト入来の道だから立てなかったと伝

      える。村境に忌の木を立て外部からの穢れを遮り、内部の不浄も慎んだ

      (『甲奴町誌』)。

「散米」─「うちまき」。打撒とも書く。①米をまく作法で、神に神饌として供える、

     邪気をはらうためにまく。陰陽師が行った祓いの方法である。②米の女房詞

     (『古文書古記録語辞典』)。

「幣取」─未詳。「ぬさとり」か「へいとり」と読むのでしょうか。供え物を進上する

     役か。

「莞筵」─未詳。カヤツリグサで作った茣蓙・敷物、あるいは模様の入った茣蓙・敷物

     か。

「薄縁」─畳表に布で縁をつけた敷物。縁取(『日本国語大辞典』)。

「伴次郎」─御太刀持ちと神子役に同名の人物が現れます。前者は御輿番の伴次郎かも

      しれません(「小童祇園社祭式歳中行事定書 その2」五月十日条参

      照)。

「神宮司」─神宮寺の役僧か。

「甑取」─蒸し器の準備をする役か。

「押落」─未詳。

「盛相」─飯を盛ってはかる器。ふつう円筒形の曲物で、これに飯を押し込んで型に抜

     き供する。多く寺院などで用いられる(『日本国語大辞典』)。

「板拭」─未詳。「拭」は「敷」の当て字か。「小童祇園社祭式歳中行事定書 その

     7」に「板拭飯」と出てくるので、板を敷物に用いた飯のことかもしれませ

     ん。

「大前」─厳島禰宜留十郎。

「結初」─未詳。

「千吉」─荒神禰宜千吉と八幡禰宜千吉(仙吉)がいて、同一人物か、異なる人物かわ

     かりません。

須佐神社文書 参考史料2の5

   五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その5

 

 一十八日 散銭開振舞 神前両人ヨリ招人左之通

           陸奥 形部 加賀 薦敷

  十七日十八日散物神前両人二ツ割之事

  三体御輿之前散物十三日ヨリ十四日御幸迄輿番四人之者頂戴

  三体御輿御旅殿ニテノ散物者薦敷頂戴之事

  大御輿之前散物之内舛物折敷壱杯宛(割書)「舛取万吉薦敷千吉」頂戴

  厳島宮前右ニ同

  御祭礼中御神楽散物之内三太夫ヨリ左之通配分

    小麦  三舛  薦敷江

    同   壱舛  伴次江俵一俵代

    同   弐舛  警固江

  厳島宮散銭十三日昼ヨリ十六日夕迄祢宜留十郎頂戴

  比叡権現  右同断  祢宜 保蔵   同

  君達宮   右同断  祢宜 (割書)「加賀増蔵」隔年 同

  八幡宮   右同断  祢宜 千吉   同

 

  天日神社

  八将神

  伊勢太神宮 右同断  祢宜 万吉   同

  稲荷大明神

  本社散物打戻り

  [以上の五項目の上に横線あり。すべて万吉の頂戴分か。分かりやすいように一行

   空けていますが、本来は空白はありません。以下同]

 

  実光若宮  右同断     実光   同

 

  惣若宮

        右同断  祢宜 陸奥   同

  矢田殿若宮

  [以上の二項目の上に横線あり。すべて陸奥の頂戴分か]

 

  伽藍荒神

        右同断     薦敷   同

  随臣

  [以上の二項目の上に横線あり。すべて薦敷の頂戴分か]

 

  大御輿

  十王堂

        右同断     神宮寺納(割書)「平常同様」

  金牛若宮

  荒神

  [以上の四項目の上に横線あり。すべて神宮寺の頂戴分か]

 

  薬師堂  年中一切正願寺引請

 一八月十四日 放生会御神事

  御神酒 御神供  大禰宜ヨリ弁備

  御神事吹囃 (割書)「峠山根麓正広」 四谷ヨリ打入申事

  本社散物十四日朝ヨリ十五日春日井神事的馬神前仁参詣致候迄之分禰宜致頂戴旧例

  也

  廊下立番警固エ弐匁遣ス事九月九日茂同様禰宜実光ゟ出、末社散物夫レ々頂戴本社

  与同断

  諸方参詣之人々ヨリ御神楽献上料物三太夫引請

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。

 

 「解釈」

 一つ、十八日。散銭開の振舞。神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人が左の人を招

 く。

           広田陸奥・田中形部・陶山加賀・薦敷千吉

  十七日・十八日の供物は、神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人が二つに割って頂

  戴すること。

  三体御輿の前の供物は、十三日から十四日の神幸までの御輿番の四人が頂戴する。

  三体御輿の御旅所での供物のうち、枡物を供えた折敷を一つずつ、枡取の万吉と薦

  敷の千吉が頂戴する。

  厳島宮の前の供物も、右に同じ。

  御祭礼中の御神楽の供物のうち、三太夫から左の通りに配分する。

    小麦三升は薦敷千吉へ。同じく小麦一升は伴次郎へ俵一俵の代として。同じく

    小麦二升は警固番へ。

  厳島宮の賽銭は、十三日の昼から十六日の夕方までの分を、厳島禰宜留十郎が頂戴

  する。

  比叡権現も、右と同様の期間で得た賽銭を、比叡禰宜保蔵が頂戴する。

  君達宮も、右と同様の期間で得た賽銭を、陶山加賀と君達宮禰宜の増蔵が隔年で頂

  戴する。

  八幡宮も、右と同様の期間で得た賽銭を、八幡宮禰宜千吉が頂戴する。

  右と同様の期間で得た、天日神社・八将神伊勢大神宮・稲荷大明神の賽銭と、本

  社への還幸のときの供物は、八将神禰宜の万吉が頂戴する。

  実光若宮も、右と同様の期間で得た賽銭を、本社禰宜実光が頂戴する。

  惣若宮と矢田殿若宮も、右と同様の期間で得た賽銭を、惣若宮禰宜の広田陸奥が頂

  戴する。

  伽藍荒神と随神も、右と同様の期間で得た賽銭を、薦敷千吉が頂戴する。

  大御輿・十王堂・金牛若宮・荒神宮も、右と同様の期間で得た賽銭を、神宮寺へ納

  める。平時も同様。

  薬師堂は、年中すべての賽銭を正願寺が頂戴する。

 

   つづく

 

 「注釈」

「散銭開」─賽銭箱を開く行事か。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

「舛物」─枡で計量された供物。米や小麦のことか。

「枡取」─枡を使ってはかること。また、その人(『日本国語大辞典』)。

「薦敷」─未詳。神事で薦を用意する役目のものか。名前は千吉(「小童祇園社祭式歳

     中行事定書 その4」参照)。

「正願寺」─広島県三次市甲奴町小童一三四八。曹洞宗円通寺正願禅寺。貞享元年(一

      六八四)開山。

須佐神社文書 参考史料2の4

   五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その4

 

 一十五日

  於御旅所献上(割書)「御 供三舛三合御神酒三舛三合」実光ヨリ出ス

   此御下リ仮殿ニテ社人不残戴居候処出雲儀故有テ天保元未年ヨリ此席ニ不面

  御神楽献惣社人ヨリ、勤方三太夫前ニ同

    但此散物社人銘々ヨリ上ル舛物之分御神事入用御供草履警固ゟ出シ申ニ付其料

    トシテ遣ス、并御神酒戴セ申事

   年中諸入用算用致割賦候事

    但神宮寺ヨリ三人分実光ヨリ二人分出シ申事

 一十六日  (割書)「於御旅所神宮寺ヨリ振舞有大祢宜 三太夫 薦敷」

  御神事吹囃シ春日井広石塩貝 (割書)「三谷ヨリ打入之事」

    但広石塩貝両谷先後争論出来御約之上(天保六年)隔番仁相定御書

    双方エ御下ヶ有同年広石谷(乙未正月)先江立候事

  御子舞 鉢音楽神宮寺 太鼓刑部

    但仮殿之外三遍巡ル

   金御幣周兵衛(春日井) 金御幣吟蔵 金御幣 (塩貝)長七

   御先鉾保蔵 御太刀伴次郎 御子頭加賀 神子増蔵

   神子伴次郎 神子千吉

   右巡終テ直ニ仮殿ニ入ル

  御還幸御行列并御供

   御幸之節ニ同断 但宇買村石見出張ハ無之

  諸願成就御神酒頂戴(割書)「神前両人 三太夫 婆利賽祢宜 輿番四人」

    但此神酒神前両人ヨリ弁備

 一十七日散物勘定 三太夫立会

   但十三日ヨリ十六日迄之分集メ

    拾匁 正月六月両度油代神前両人隔年相勤分

    三匁 六月十八日散銭開キ御神酒代

    五匁 右諸願成就御神酒代

    四匁 御祭礼中警固番賃遣ス

    弐匁 同祝儀

    〆拾九匁五分 引残リ神前両人二ツ割

   舛物之内

    三舛 陸奥

    三舛 加賀

    弐舛 薦敷

    〆八舛 三人江配分残リ同断

     但白米之分者十八日散銭開ニ用

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。

 

 「解釈」

 一つ、十五日。

  御旅所で、御供三升三合、御神酒三升三合を献上する。本社禰宜の実光から出す。

   この下ろし物は、仮殿で神職が残らず頂戴するが、武塔社神主近藤出雲は、理由

   があって天保元未年(一八三〇)からこの座に着かない。

  御神楽の際に献上する供物。すべての神職から。神楽の演者は三太夫(広田陸奥

  田中刑部・陶山加賀)で、前に同じ。

    ただし、この供物は神職らがそれぞれ進上する。枡で計量する供物について

    は、御神事用の供物や草履を警固役から出し申すに付けて、その経費として警

    固役に遣わす。併せて、御神酒も警固役に頂戴させ申し上げること。

   年中行事の諸費用を計算し、割り当てますこと。

    ただし、神宮寺から三人分、禰宜の実光から二人分を出し申すこと。

 一つ、十六日。  御旅所で、神宮寺から大禰宜伊達紀伊守・三太夫(広田陸奥・田

          中刑部・陶山加賀)・薦敷千吉へ饗応があった。

  御神事の吹囃子は、春日井谷・広石谷・塩貝谷の三つの谷からやってくること。

    ただし、広石谷・塩貝谷の両谷が、先か後かの順番争いを起こし、天保六年

    (一八三五)取り決めがなされた。隔年で前後を決めるという御定書を両谷へ

    お下しになった。同年乙未正月は広石谷が先に立ちますこと。

  神子舞。銅拍子役は神宮寺。太鼓は田中刑部。

    ただし、仮殿の外を三度廻る。

   金の御幣持ちは春日井谷の周兵衛。同じく金の御幣持ちは竜王禰宜の吟蔵。同じ

   く金の御幣持ちは塩貝八王子禰宜長七。

   御先鉾役は比叡禰宜保蔵。御太刀持ちは伴次郎。神子頭は陶山加賀。神子役は公

   達禰宜の増蔵。同じく神子役は伴次郎。同じく神子役は荒神禰宜千吉。

   右の人々は廻り終わってそのまま仮殿に入る。

  御還幸の行列ならびに御供。

   神幸の時と同じ。 ただし、宇賀村の信野石見が出向くことはない。

  諸願成就のためにお供えした御神酒は、神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人、三

  太夫(広田陸奥・田中刑部・陶山加賀)頗梨采禰宜、御輿番四人が頂戴する。

    ただしこの御神酒は、神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人がお供えする。

 一つ、十七日賽銭や供物の勘定。三太夫(広田陸奥・田中刑部・陶山加賀)が立ち会

 う。

  ただし、十三日から十六日までの分を集める。

   十匁 正月と六月の二度の油代は、神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人が隔年

      で支払う分。

   三匁 六月十八日賽銭開きのときに供える御神酒の費用。

   五匁 十六日の諸願成就の御祈願のときの御神酒の費用。

   四匁 御祭礼中の警固番の賃料として遣わす。

   二匁 同じく警固番への祝儀。

   合計十九匁五分を引いて、残りを神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人で割り、

   いただく。

  枡で計量した供物のうち、

   三升は広田陸奥が受け取る。

   三升は陶山加賀が受け取る。

   二升は薦敷千吉が受け取る。

   合計八升はこの三人に配分し、残ったものも三人に配分する。

    ただし、白米の分は、十八日の賽銭開きのときに使う。

 

   つづく

 

 「注釈」

「舛物」─枡物。枡で計量した物。米や小麦のような穀物のことだと思います。

「吹囃子」─楽器の演奏などによるお囃子か。

「鉢」─銅拍子のことか。シンバルのような楽器。

「伴次郎」─御太刀持ちと神子役に同名の人物が現れます。前者は御輿番の伴次郎かも

      しれません(「小童祇園社祭式歳中行事定書 その2」五月十日条参

      照)。

「千吉」─これも荒神禰宜千吉と八幡禰宜千吉(仙吉)がいて、同一人物か、異なる人

     物かわかりません。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

「〆拾九匁五分」─右の五項目を合計すると二十四匁になるのですが、実際は「十九匁

         五分」と記載されています、おそらく、「三匁」と「二匁」、ある

         いは「五匁」の単位が、「分」なのかもしれません。

須佐神社文書 参考史料2の3

   五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その3

 

 一十四日

  御精進供  神宮寺ヨリ献

   早朝ヨリ諸方参詣之人々ヨリ御神楽献上ノ分三太夫引受之事

    但料物三ツ割ニシテ三人頂戴其内三分薦敷江遣事

           御鬮受 陸奥

  御幸御機嫌窺   太 鼓 形部

           舞   加賀

    宇賀村石見於拝殿ニ御祓献上

  御幸御行列左之通 先払警固人数

        神宮寺エ二人

        実 光エ二人

        陸 奥エ一人

        刑 部エ一人

        加 賀エ一人

        出 雲エ一人

        石 見エ一人

  於当社為祠官者長柄相用事天保六年乙未八月相定

  武塔社ヨリ御迎トシテ本社エ近藤出雲参(割書)「馬役長柄」

    但東方広椽ニテ拝礼之事、其時参詣之人々不作法無之様神前ヨリ手附エ申付取

    計候事

   此ヶ条故有て嘉永五壬子正月和談之上改而別ニ規定書有之仁附致割印置候事

  御神事吹囃シ甲奴郡矢野村ヨリ昼九ツ時打来

  御先鉾 比叡権現祢宜保蔵馬役

   但鉾附トシテ往古ハ木綿八尺苧三ツ十二枚ノ下リ致頂戴候由之処、当時木綿寄進

   無之ニ付近来ハ銭六分神前ゟ其代ニ相渡ス、木綿寄進有之者、相渡事

  御先掃   (割書)「厳島祢宜留十郎山王祢宜与兵衛」 馬役

   但両人共弓箭ヲ負並ヒ行

   御輿御旅所ニ着給時右両人左右ニ随入ル

  八幡宮金御幣 春日井八幡宮祢宜 馬役

   但禰宜役当時断絶ニ付長百姓周兵衛相勤申事

  同 御輿  春日井谷中氏子御供申

    御供  陶山加賀相勤 当時親子相勤居申ニ付差閊無之

               候得共若壱人ニ相成候得者此御

               供ハ雇社人致候事

  天王社金御幣  竜王祢宜 吟蔵 馬役

  同 御 輿   自他之氏子供奉

  御 太 刀   神子役伴次郎 馬役

  金 之 鉾   高山天神宮 祢宜新五郎 馬役

    御供 御当役周兵衛 馬役

    御供 妙見禰宜貞平 馬役

    御供 大祢宜伊達紀伊

      長柄長刀挟箱沓持牽馬

    御供 神主馬役神宮寺勤之

          但 馬計り

    御供 宇賀村信野石見正 馬役

            長柄挟箱

    御供 幣取広田陸奥正 馬役

            長柄挟箱

    御供 行列馬指役兼帯

       国宗田中形部 馬役

               挟箱

    御供 舞神子陶山加賀正

            長柄挟箱

  八王子金御幣 塩貝八王子 禰宜長七 馬役

  同  御 輿 塩見谷中氏子供奉

  御神事御旅所江甲奴郡矢野村渡拍子打入

    大御輿  自他之氏子供奉

      出御之時鉢之音楽於本社神宮寺行之

    金之鉾  婆利賽禰宜神宮寺ゟ出

     御供  別当神宮寺

           長柄 挟箱 牽馬 乗物

    的馬壱疋  庄屋ヨリ出ス

    的 受   高山谷中

      但的折敷三枚天神祢宜新五郎江下遣ス

   的馬清メ先年者陸奥相勤候由之処当時中絶

  御輿仮殿江鎮座以後御子舞

    大鼓  国宗形部

    神子    加賀

        御 受 陸奥

  御当神楽  大 鼓 形部

        舞   加賀

    此御当先年者宇賀村、戸張村、安田村、寺町村、青近村、本郷村、西野村等右

    村々ヨリ替々相勤居候処当時者宇賀青近当村此三ヶ村替々相勤当村エ当リ申時

    御神酒其外諸入用二ツ割ニシテ一ト分神前両人ヨリ一ト分三太夫ヨリ

 

                      南

                      ウカ

                       大和

                  加賀  青近

                  形部   実入

 当時御当座図       祢宜  陸奥  幣  ウカ

  先年之当座別ニ有  東 紀伊守    幣 幣  石見 西

  当時御幣計立置也            幣  青近

                          対馬

 

                      北

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。

 

 「解釈」

 一つ、十四日。

  御精進供を神宮寺から献上する。

   早朝よりあちこちから参詣した人々が、御神楽奉納の際に献上した精進供は、三

   太夫(広田陸奥・田中刑部・陶山加賀)が引き取ること。

    ただし、精進供は三分割にして、三人が頂戴する。そのうち三分(三%)は薦

    敷千吉へ遣わすこと。

  神幸の様子伺い。御神籤受け取りは広田陸奥。太鼓は田中刑部。舞は陶山加賀。

    宇賀村の信野石見が拝殿で御幣を献上する。

  神幸の御行列は左の通りである。先払い・警固の人数。

       神宮寺へ二人遣わす。本社禰宜実光へ二人遣わす。広田陸奥へ一人遣わ

       す。田中刑部へ一人遣わす。陶山加賀へ一人遣わす。武塔社神主近藤出

       雲へ一人遣わす。信野石見へ一人遣わす。

  当社の神職である者は長柄刀を用いることを、天保六年乙未(一八三五)八月に互

  いに決定した。

  武塔社からのお迎えとして、本社へ武塔社神主近藤出雲が参る。馬役と長柄刀を伴

  う。

    ただし東の広い縁側で拝礼すること。その時参詣の人々に無作法がないよう

    に、神前から下級の神職へ申し付け、取り計らいますこと。

   この条文は理由があって、嘉永五壬子(一八五二)正月に話し合ったうえで、改

   めて別に規定書を作成したので、割印を据えましたこと。

  御神事の吹囃子は、甲奴郡矢野村から昼九つ時に演奏しながらやってくる。

  御先鉾。比叡権現の禰宜保蔵が馬役である。

   ただし、鉾に付けるものとして、木綿八尺・苧麻三つ十二枚の下行分を頂戴する

   のですが、現在は木綿の寄進がないことにより、最近は銭六分を神前で木綿の代

   わりに渡す。木綿の寄進があれば、それを渡すこと。

  御先払い   厳島禰宜大前留十郎と山王禰宜与兵衛が馬役である。

   ただし、二人とも弓矢を背負い並んで行く。

   御輿が御旅所にお着きになったとき、二人は左右に別れて入る。

  八幡宮の金の御幣。春日井八幡宮禰宜が馬役である。

    ただし、禰宜役は現在断絶しているので、村役人の百姓周兵衛が勤め申し上げ

    ること。

  同八幡宮の御輿。春日井谷中の氏子がお供する。

    お供は陶山加賀が勤める。現在は親子でお供を勤めているので差し障りはない

    が、もし一人になるならば、このお供には本社の神職を雇うことになります。

  天王社の金の御幣。竜王禰宜吟蔵が馬役である。

  同天王社の御輿は、天王社やその他の氏子が供奉する。

  御太刀。神子役伴次郎が馬役である。

  金の鉾。高山天神宮の禰宜新五郎が馬役である。

    御供。御頭役周兵衛が馬役である。

    御供。妙見社禰宜貞平が馬役である。

    御供。本社大禰宜伊達紀伊守。長柄槍・長刀・挟箱・沓持・引馬を連れてい

       る。

    御供。神主の馬役は、神宮寺が勤める。ただし、馬だけ用意する。

    御供。宇賀村の信野石見正が馬役である。長柄槍と挟箱を持った御供を連れて

       いる。

    御供。幣取広田陸奥正が馬役である。長柄槍と挟箱を持った御供を連れてい

       る。

    御供。行列の馬指役を兼帯している国宗の田中刑部が馬役である。挟箱を御供

       に持たせている。

    御供。舞神子の陶山加賀正。長柄槍と挟箱を御供に持たせている。

  八王子の金の御幣。塩貝八王子社の禰宜長七が馬役である。

  同八王子の御輿は、塩貝谷中の氏子たちが御供する。

  御神事の御旅所へ、甲奴郡矢野村の村人が拍子を打ちながら入村する。

   大御輿は、自他の氏子たちがお供する。

    出御のとき、銅拍子による音楽を本社と神宮寺で演奏する。

   金の鉾は、頗梨采社の禰宜と神宮寺から出す。

    お供は神宮寺別当。長柄槍・挟箱・引馬・乗物を連れている。

    的馬一疋は庄屋から出す。

    的受けは高山谷中から出す。ただし、的を置く折敷三枚は高山天神禰宜新五郎

    へ下し遣わす。

   的馬の清め役は、何年か前は広田陸奥正が勤めていましたが、現在は中絶してい

   る。

  御輿を仮殿に鎮座させたのちに神子が舞を奉納する。

    大鼓は国宗田中刑部。神子は陶山加賀。

  御頭役による神楽奉納。御籤受は広田陸奥、大鼓は田中刑部、舞は陶山加賀。

    この頭役は、先年は宇賀村、戸張村、安田村、寺町村、青近村、本郷村、西野

    村等、右の村々が持ち回りで勤めておりましたが、現在は宇賀村・青近村・当

    村(宮部)の三村が持ち回りで勤めている。当村に当たり申したときは、御神

    酒その他の必要経費を二つに割って、一つ分を神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊

    の二人が、もう一つ分を三太夫が支払う。

   (以下、御当座図は省略)

 

   つづく

 

 「注釈」

「三太夫」─広田陸奥・田中刑部・陶山加賀の三名を指す。おそらく、本社の神主(大

      禰宜)伊達紀伊守・禰宜実光の次にランクづけられる神職か、あるいは神

      楽の舞手や楽器の演奏者だと思われます。

「椽」─未詳。縁側のことか。

「手附」─未詳。下級の神職か。

「吹囃子」─現在の矢野神儀のことか。府中市上下町矢野の住人が奉仕する祭礼。素盞

      嗚尊が矢野村を通過し、祇園水を飲んで小童村へ入村した故事に由来する

      (須佐神社パンフレット「須佐神社文書紹介」の記事を参照)。

「馬役」─馬に乗って先導する役か。

「長柄」─長柄の槍か。

「挟箱」─近世の武家の公用の外出に際して必要な調度装身具を納めて従者に背負わせ

     た箱。挟竹にかわって用いられるようになった長方形の浅い箱で、ふたに棒

     を通してかつぐようにしたもの(『日本国語大辞典』)。

「沓持」─沓取・履取のこと。主人のくつを持ってその供をすること。また、その人。

     くつもち。ぞうりとり(『日本国語大辞典』)。

「牽馬」─引馬。貴人または大名などの外出の行列で、鞍覆(くらおおい)をかけて美

     しく飾り装飾として連れて行く馬(『日本国語大辞典』)。

「幣取」─未詳。「ぬさとり」か「へいとり」と読むのでしょうか。供え物を進上する

     役か。

「馬指」─江戸時代、宿駅で問屋、年寄などの下で人馬の用立て、指図をする役人。問

     屋と年季奉公雇用契約を結び、運輸業務の実際にたずさわって助郷馬士な

     どに権勢をふるった。

「塩見谷」─塩貝谷の誤記か。

「鉢」─銅拍子のことか。シンバルのような楽器。

「的馬」─未詳。六月一四日の祇園祭では、流鏑馬のような行事が行われていたのかも

     しれません。

「御受」─御鬮受のことか。籤の受け取り役。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

 

 

f:id:syurihanndoku:20170719163410j:plain

今年2017年は、頗梨采女の鎮座する大御輿が作られてちょうど500年目の、メモリアルイヤーだそうです。

 

f:id:syurihanndoku:20170813163634j:plain

還幸時の写真。武塔神社で出御を待つ大御輿。

 

f:id:syurihanndoku:20170719142654j:plain

大御輿近影。キレイに塗り直されています。

 

f:id:syurihanndoku:20170813163903j:plain

須佐神社の回廊も修繕されていました。

 

f:id:syurihanndoku:20170813164025j:plain

須佐神社に戻ってきた大御輿。

 

f:id:syurihanndoku:20170813164118j:plain

本社に鎮座する大御輿の近影。

須佐神社文書 参考史料2の2

   五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その2

 

 一五月四日

   菖蒲蓬備候事 舛取之役也

 一同 廿九日 忌指榊青近村円満寺山ト高山天神山ニテ隔年ニ御当四人之内ゟ申合伐

  ニ参、此料米壱舛九月御当米ノ内ヨリ出候事

  紙手切役 陸奥

   弐本 本社鳥居エ立 舛取万吉

        注連共

   弐本 武塔社同   棚守貞平

   弐本 西野村境   御先払保蔵

   弐本 宇賀村境(割書)「八幡祢宜仙吉山王祢宜与兵衛」隔年番

   弐本 戸張村境(割書)「神宮寺周兵衛」 右同断

   弐本 青近村境(割書)「武塔神主出雲御子役伴次」 右同断

   〆六ヶ所

  御神酒献上  惣宮方参詣頂戴

    壱舛 但代銀宮方惣割大ノ月ナレバ晦日執行之事

 一六月朔日氏子忌指調 陸奥

  御神酒献上

     五合 但代銀二ツ割、一ト分神前両人弁備、一ト分三太夫同

  氷餅献上 但神前両人弁備

 一七日 道造之事

   但本社ヨリ御旅所迄修造惣宮方不残出会、酒三舛求、代銀惣割合、尤神宮寺ヨリ

   者先年ヨリ人出不申、酒代割合ハ相弁来仁附酒初穂贈申事

 一十日 御輿清シ役 (割書)「御輿番伴次 千吉 新五 万吉」

   右清シ水甲奴郡矢野村祇園井エ酌ニ参旧例 役伴次郎

  御祭礼中勤方警固呼出申渡シ酒ヲ呑セ候事

  大御輿綱打 神宮寺ニテ調

    但村内氏子ヨリ縄一チホンツ丶寄進ス酒五舛神宮寺ゟ出

 一月次祭当此月者十日ニ執行之事

 一十三日ヨリ十六日マテ 御法会

   当日早朝ヨリ十六日御帰殿迄神宮寺并神前禰宜神殿ニ相勤候事

  御神酒  神前両人ヨリ献

  御精進供 神宮寺ヨリ献

  三十三灯明

    御輿角御幣

    厳島御幣   此四品切替役陸奥

    御当座御幣   但紙七帖神宮寺ゟ出

    鉾乃下り

  御神酒献上

              壱ト分神前両人

    五合 但代銀三ツ割 壱ト分三太夫

              壱ト分神楽番四人

   武塔社御幣    切替役陸奥

     但此度計之事

   御輿出シ餝方       輿番四人

     但手足リ不申時者神宮寺ヨリ手伝出候事

 一武塔山エ警固番屋村方ヨリ掛十六日マテ詰番

    但十三日夜ヨリ十五日夜マテ三夜分灯油弐合遣村方弁事

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。

 

 「解釈」

 一つ、五月四日。

   菖蒲と蓬を供えますことは、枡取万吉の役目である。

 一つ、同二十九日。忌指の榊は、青近村の円満寺山と高山の天神山で、一年おきに頭

  役四人が相談し、榊を切って進上する。この給与米一升は、九月に頭役へ支払われ

  る給与米から支払います。

  紙垂を作る役目は広田陸奥である。

   二本 本社の鳥居に立てる。枡取万吉の役。

   二本 注連縄とともに武塔社の鳥居に立てる。棚守貞平の役。

   二本 西野村境。御先払い保蔵の役。

   二本 宇賀村境。八幡祢宜千吉と山王祢宜与兵衛が隔年で勤める。

   二本 戸張村境。神宮寺と頭役の周兵衛が隔年で勤める。

   二本 青近村境。武塔社神主近藤出雲と神子役伴次郎が隔年で勤める。

   合計六ヶ所。

  御神酒を献上する。すべての神職が参詣し頂戴する。

    一升 ただし、代銭の銀は神職が全員で割る。大の月であれば晦日に支払うこ

       と。

 一つ、六月朔日に氏子が忌指の榊を調進する。広田陸奥の役目である。

  御神酒を献上する。

     五合 ただし、代銭の銀は二つに割る。一つ分は神宮寺別当と大禰宜伊達紀

        伊守の二人が支払い供え、もう一つ分は三太夫が同じく支払い供え

        る。

  氷餅を献上する。ただし、神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人が用意し供える。

 一つ、七日道造のこと。

  ただし本社から御旅所までの道の修繕は、すべての神職が残らず出仕する。酒三升

  を求める。代銭の銀は全員で割る。ただし神宮寺からは先年より人を出し申さな

  い。酒代の配分は、互いに支払ってきた分に応じて、酒・初穂を贈り申すこと。

 一つ、十日御輿清め役。御輿番伴次郎・八幡禰宜千吉・天神禰宜新五郎・八将神禰宜

            万吉。

   右の清め用の水は甲奴郡矢野村の祇園井へ汲みに参るのが旧例である。御輿番の

   伴次郎の役目である。

  御祭礼中に参勤したものや警固のものを呼び出し申し伝えて、酒を飲ませますこ

  と。

    ただし、村内の氏子から縄を一本ずつ寄進する。酒五升を神宮寺から出す。

 一つ、月次祭の頭役は、この六月は十日に執行すること。

 一つ、十三日から十六日までは御法会。

   当日十三日の早朝から十六日の神輿御帰殿まで、神宮寺別当と本社禰宜伊達紀伊

   守の二人は神殿に参勤しますこと。

  御神酒は神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人が献上する。

  御精進供は神宮寺が献上する。

  三十三の灯明を用意する。

    御輿の角に御幣を付ける。

    厳島社に御幣を付ける。この四つの御幣の切替役は広田陸奥である。

    頭役の座に御幣を付ける。ただし紙七帖分は神宮寺が出す。

    鉾が下る。

  御神酒を献上する。

    五合 ただし代銭の銀は三つで割る。一つ分は神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊

       の二人、一つ分は三太夫、一つ分は神楽番の四人が支払う。

   武塔社に御幣を付ける。切替役は広田陸奥である。

     ただし今度だけのこと。

   御輿を出すときの飾り。御輿番四人の役目である。

     ただし手が足り申さないときは、神宮寺から手伝いを出しますこと。

 一つ、武塔山の警固番屋は村人が設営し、十六日まで当番として詰める。

    ただし、十三日の夜から十五日の夜まで三夜分の灯油二合を遣わす。村人たち

    が調進すること。

 

  つづく

 

 「注釈」

「忌指榊」─現在の七月一日忌串刺祭(いつみくしざし)に使用する榊。「忌を串で刺

      す」意の祭。口伝や「祇園社由来拾遺伝」に、「素盞嗚尊当村に入村の

      節、矢野村祇園水にて潔斎されたのが始まり」と述べている。「本日より

      例祭の終わるまで一切の忌・穢が無いように」との祈願の後、榊に御幣を

      付けた串を宮部部落に配布する。昔はこの串に使う榊は青近岩立山(世羅

      郡甲山町)で採取するならわしで、祈願を込めた榊を左記の場所にうやう

      やしく建てる定になっていた。○本社鳥居前 ○武塔社鳥居前 ○西野村村

      境 ○宇賀村村境 ○戸張村村境 ○青近村村境 ただし、矢野村(上下町

      矢野)村境高足峠にはスサノオノミコト入来の道だから立てなかったと伝

      える。村境に忌の木を立て外部からの穢れを遮り、内部の不浄も慎んだ

      (『甲奴町誌』)。

「紙手切役」─榊に付ける紙垂を作る役目か。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

祇園井」─祇園水という湧き水。(「須佐神社文書 参考史料1の2・5」の写真・

      地図参照)。

須佐神社文書 参考史料2の1

   五〇 小童祇園社祭式歳中行事定書 その1  天保七年(一八三六) 小童村

 

 「解説」

 祇園社(現在の小童須佐神社)の神事祭礼等の年間行事の詳細を記録したものである。当時は神仏習合の時代で、神宮寺別当は甲山町今高野山安楽院の僧が兼帯し、祢宜伊達紀伊守以下祇園社並びに摂社・末社の社人の名前が列記されている。

 

 

    祇園社祭式歳中行事定書

 一正月元日 別当神宮寺、禰宜伊達紀伊

       右両人三日朝マテ詰御番

  御神前江供物之事

   御蓬莱 (割書)「志らけよね・かち栗・たいゝゝ・きはさ

            こん婦・みかん・もろむけ・鬼豆」

   右蓬莱者祢宜より新敷三宝相調指上申例也

  御 神 酒 御 飯 御 鏡  たいゝゝ・こんふ・みかん・かき

  三舛三合  三舛三合  三重赤白  きはさ・かち栗

   右永代赤はね神田ヲ以祢宜より奉備、其御神酒御飯下リ者惣社人中於拝殿致頂戴

   候事

  御精進供御神酒御鏡餅(割書)「三重赤白」前仁同

   三朝日々備替御洗米

    右別当神宮寺ヨリ奉弁備

  三十三灯 大晦日ヨリ 三日朝マテ 常夜灯明之事

    右油之儀者神宮寺与祢宜隔年仁出申例也

     但六月祭礼散銭之内ニテ拾匁其当番江相渡候常例也

      是ハ正月三朝之間六月十三日ヨリ十六日マデ

      両度三十三灯之料也

  太鼓口明ケ  国宗田中形部

    於拝殿申上 幣取広田陸奥正役

 一七日

  的御神事   伊達紀伊守勤

          裾ヲ取事舛取之役也

     御神酒壱舛献 代物社人惣割

     右的神事場所之儀者神宮寺前之畑仁天日ノ出ニ勤之、的掛松弐本舛取之者建

     之、惣社人者神事之間舞殿ニ相詰的之箭音ニ合セテ国宗太鼓ヲ打候事

  舞初神事

   太鼓役田中形部 舞神子役陶山加賀正

 一十四日 月次祭当之事

  御神酒 当番弐人ヨリ奉備

  御飯  正月ト極月計備、社人不残頂戴

      但入用方宮方惣割

  散米  当番両人ヨリ出シ正極月若宮方不残配分其余十ヶ

  三合  月者八ツ割弐ツ神前両人壱ツ鼠喰一ツ陸奥一ツ加

      賀一ツ形部一ツ舛取一ツ薦敷合八ツ也

  祭当申上御鬮受陸奥 太鼓形部 舞役加賀

    右御神酒頂戴方者三銚子ニ入一ツ神前エ上頂戴相済矢張三銚子揃、中東西三座

    一時ニ始メ中ヨリ左エ廻ス東モ左ヱ西者右ヱ廻ス古例也

                 ホトギ  トウフ

              膳図 ニマメ  吸 物

                 コウモノ ヤサイ

  祭当月番人頭

   三役 別当神宮寺   二役 祢宜実光      壱役 幣取広田陸奥

   壱役 国原田中形部  壱役 舞神子陶山加賀   壱役 厳島祢宜留十郎

   壱役 竜王祢宜吟蔵  壱役 神子役増蔵     壱役 妙見祢宜貞平

   壱役 比エ祢宜保蔵  壱役 武塔神主近藤出雲  壱役 荒神祢宜千吉

   壱役 神子役伴次郎  壱役 八将神祢宜万吉   壱役 山王祢宜与兵衛

   壱役 天神祢宜    壱役 御当役周兵衛    壱役 御加役自然

   壱役 御加役文三郎  壱役 御加役熊五郎    壱役 薦敷

                      (割書)「此分当時千吉預相勤祭当者不致事」

   壱役 十王堂祢宜此分当時中絶祭当無之

  合弐拾五役 但内弐役中絶

 

            東

           保 蔵

           与兵衛

           千 吉 吟 蔵

           新五郎 貞 平

       熊五郎  中  周兵衛

  拝殿席北 文三郎   中 出 雲 南

       自 然  中  陸 奥

           万 吉 形 部

           伴次郎 留十郎

           増 蔵

           加 賀

            西

 

   右祭当惣社家中於神前鬮取ヲ以其月々当番ヲ定弐人組シテ相勤旧例也

 

   つづく

 

*書き下し文は省略します。「祭当月番人頭」以下、「壱役・二役・三役」下の原文表

 記は、すべて割書になっています。また、「拝殿席」の図も、原文表記を変更してい

 ます。

 

 「解釈」

    祇園社の祭式・年中行事の儀式書

 一つ、正月元日の祭は、神宮寺別当祇園社禰宜伊達紀伊守の両人が三日の朝まで当

    番として詰める。

  御神前へのお供え物のこと。

   蓬莱の飾りは、白米・勝栗・橙・海藻・昆布・蜜柑・諸向・鬼豆。

   右の蓬莱の飾りは、禰宜が新しい台を調進して差し上げ申すのが慣例である。

  御神酒は三升三合、御飯は三升三合、御鏡餅は三重の紅白。それに、橙・昆布・蜜

  柑・柿・海藻を飾る。

   右のお供えは、永久に赤はね神田のお米を使って、禰宜がお供えする。この御神

   酒と御飯の下ろし物は、すべての神職が拝殿で頂戴する。

  精進のお供え物と御神酒と御鏡餅三重の紅白は前と同じ。

   三日間毎朝洗った米を交換して供える。

    右のものは、別当神宮寺からお供えする。

  三十三の灯明。大晦日から三日の朝まで常に灯明をつけておく。

    右の油のことは、神宮寺と禰宜が隔年で出し申すのが慣例である。

     但し、六月の祭礼の散銭の内、十匁をその当番へ渡しますのが慣例である。

      これは正月三ヶ日の朝の間と、六月十三日から十六日までの、二度の三十

      三灯明料として渡すのである。

  太鼓の皮切りは、国宗田中刑部。

    拝殿で申し上げる。 幣取は広田陸奥が正規の役である。

 一つ、七日。

  的御神事   伊達紀伊守が勤める。

          裾を取ることは、枡取万吉の役である。

     御神酒は一升を献上する。その費用は神職が皆で割る。

     右の的神事の場所の件は、神宮寺前の畑で日の出とともに勤める。的を掛け

     る松二本は、枡取万吉がこれを立てる。すべての神職は神事のあいだ舞殿に

     詰めて、的の矢の音に合わせて国宗太鼓を打ちます。

  舞初神事

   太鼓役は田中刑部で、舞神子役は陶山加賀正である。

 一つ、十四日。 月次祭の頭役のこと。

  御神酒は、当番の二人がお供えする。

  御飯は、正月と十二月だけお供えし、神職が残らず頂戴する。

      但し、費用は宮方全員で割る。

  散米は各月三合ずつ。

      当番の二人が出し、正月と十二月は若宮方に残らず配分する。その他十ヶ

      月分は、八つに割り、二つを神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人、一つ

      を鼠喰、一つを陸奥、一つを加賀、一つを刑部、一つを枡取万吉、一つを

      薦敷千吉に配分する。合計八つである。

  祭の頭役が御籤の内容を申し上げ、広田陸奥が受け取る。太鼓役は田中刑部で、舞

  役は陶山加賀である。

    右の御神酒を頂戴するものは、三つの銚子に入れて、一つは神前へ差し上げて

    それを頂戴し、それが済んだらそのまま三つの銚子を揃える。本宮の中・東・

    西の三座へ供えるが、その時、はじめは中の座から左へ銚子を廻す。東の座も

    左へ、西の座は右へ廻すのが古くからの慣例である。

   (中略)

   右の祭りの頭役は、すべての社家が神前で籤を引き、それによってその月の当番

   を決め、二人組で勤めるのが古くからの慣例である。

 

   つづく 

 

 「注釈」

「蓬莱」─主として関西で、新年の祝儀に、三方(さんぼう)の上に白紙、羊歯(し

     だ)、昆布などを敷き、その上に熨斗鮑(のしあわび)・勝栗・野老(とこ

     ろ)・馬尾藻(ほんだわら)・橙(だいだい)・蜜柑などを飾ったもの。蓬

     莱の飾り。蓬莱山。蓬莱台(『日本国語大辞典』)。

「きはさ」─「ぎばさ」・「きばさ」のことか。海藻「ほんだわら」の異名。

「もろむけ」─「諸向(もろむき)」のことか。植物「うらじろ(裏白)の異名。「裏

       白」はシダ類ウラジロ科の常緑草本。葉は新年の飾りに、また葉柄は

       箸、籠などにする(『日本国語大辞典』)。

「鬼豆」─未詳。

「新敷三宝」─「新しき三方」。新しい儀式用の台。

「赤はね」─未詳。似たような地名として、甲奴町小童と世羅町別迫との境に「赤根」

      という字はあります。

「国宗」─未詳。

「幣取」─未詳。「ぬさとり」か「へいとり」と読むのでしょうか。供え物を進上する

     役か。

「枡取」─枡を使ってはかること。また、その人(『日本国語大辞典』)。

「宮方」─未詳。社人(神職)のことか。

「散米」─「うちまき」。打撒とも書く。①米をまく作法で、神に神饌として供える、

     邪気をはらうためにまく。陰陽師が行った祓いの方法である。②米の女房詞

     (『古文書古記録語辞典』)。

「若宮方」─未詳。牛頭天王の八王子を祀った社を管理している神職か。

「神前両人」─神宮寺別当と大禰宜伊達紀伊守の二人。

「鼠喰」─未詳。

「薦敷」─未詳。神事で薦を用意する役目のものか。名前は千吉(「小童祇園社祭式歳

     中行事定書 その4」参照)。

弓矢の道と同性愛

  文安五年(一四四八)七月二十五日条 (『康富記』2─315)

 

 廿五日己酉 晴、於三福寺講述而篇了、

 傳承分、今朝飯尾四郎右衛門尉遁世云々、加賀入道次男也、此間與細河讃州被官人、

 有公事之子細、一昨日屬無為分也、尚有其憤之故歟如何、其謂聞及分ハ、今月廿一日

 黄昏ニ細川讃州の内者ニ七條と云物あり、七條がめし使こもの、十六七の物なり、優

 美の物なり、これが私宅へ歸る時、二條西洞院にて、辻切ニきられ候を、そのものゝ

                                

 母が、主の七條が許へ走入て、これはもともと飯尾加賀殿のめしつかわれたる物に

 候、今夜切殺され候、もとの主加賀殿よりさせられ候よし申て、のゝしりなきさけぶ

 と云々、仍七條怒て眞と思て、其夜加賀が許へ寄せんと申之間、屋形讃州先とゞめ

 て、使を加賀と肥前とが許へ遣して、此事誠候やらん、無勿體候、七條可發向之由申

 をばとめ候、無為之沙汰あるべきよし、讃州申さるゝ間、其夜肥前と四郎右衛門と両

 人、讃州へ参て、此事更不存知候、先御使畏入之由申處ニ、讃州不被出逢、大酒を飲

 て、無返事にて両人を返さるゝ云々、下手人を出され候へと、讃州より催促ありとい

 へ共、我が沙汰せぬ上は不可進候、支證あらば、給て治定時、下手人を可進歟之由、

 四郎右衛門返事云々、仍讃州より管領京兆へ此由訴申さるゝ間、管領より又加賀肥前

 が許へ御使ありて、下手人を出して無為にせられ候へ、存知せぬとてつかへてあれ

 ば、公事未落居也、たとひ存知せずとも、下手人を出して、無為ならばくるしからぬ

 よし、口入の分也、本人の方より取時も不出候、御口入ニ依て下手人を出し候へば、

 はや我が小物沙汰したるに治定候之間、仰なれ共下手人をば難進之由申切云々、其後

     室町殿

 管領より公方様へ申されて、下手人を出させられよと申さるゝ間、御所へ肥前と四郎

 左衛とをめしつけられて、下手人を出して無為にし候へ、はや我が過さぬ事は申上之

 間被聞食披了、下は管領より堅被憤申、上は不詳ニ只下手人を出候へと被仰候時、尚

 不可叶候、弓矢の義理其分にあらず候、一向存知せぬ事ニ如此責られ候とて、下手人

 を出し候へば、已前の題目落居歟、不然といへ共下手人を出たると候はゞ、向後天下

 引懸と成て、弓矢の道欠候之由堅申、退出了、其後自室町殿、此子細を管領へ被申

        

 間、管領讃州なをやみ得ずして、只下手人を出させられ候へと、重管領より申さるゝ

 間、重又御使をもて肥前加賀に仰付らるゝ間、肥前などが意見にて、此上は私所存之

 分ハ、具に上聞に達し畢、さりながら、管領其意を不得して強て申さるゝ上は、別儀

 をもて下手人を出し候へと、上意たる間、只理を枉て出し候へと教訓之間、廿三日夜

 に入て、無力加賀四郎〔右〕衛門方よりして、下手人を室町殿へ進了、室町殿より、

 伊勢備後伊勢六郎両使にて管領へ被遣、管領より下手人を讃州へ被遣之間、讃州下手

 人を見て、例に任て返されぬ、七條ハ下手人を不見之間、尚自身可見之由申て憤故

 に、讃州状を出して、七條に、下手人をば我見て返したるよし状を七條に遣了云々、

 希代事也、此分にて件公事は、廿六日夜無為に落居也、しかるに今朝四郎〔右〕衛門

 拂暁ニもとゞりを切て、行方知ず遁世云々、我か過さぬ事に、下手人を公方より御口

 入ありて召進之間、若其事を口惜く存故歟、又父加賀此事切勘するに依て彌物くさく

 存て遁世歟云々、只不肖に依て大名の無理を御口入之條、弓矢之道欠歟、若憤不休

 歟、何様不便々々、末世不相應之義士者乎、

 室町殿寶生殿猿楽舞也、山名殿被申沙汰也云々、

 

 「書き下し文」

 廿五日己酉 晴れ、三福寺に於いて述而篇を講じ了んぬ、

 伝え承る分、今朝飯尾四郎右衛門尉遁世と云々、加賀入道次男なり、此の間細川讃州

 被官人と公事の子細有り、一昨日無為に属する分なり、尚ほ其の憤り有るの故か如

 何、其の謂れを聞き及ぶ分は、今月二十一日黄昏に細川讃州の内者に七條と云ふ物あ

 り、七條がめし使ふこもの、十六、七の物なり、優美の物なり、これが私宅へ帰る

 時、二条西洞院にて辻切りにきられ候ふを、そのものの母が、主の七條の許へ走り入

 りて、これはもともと飯尾加賀殿のめしつかはれたる物に候ふ、今夜切り殺され候

 ふ、もとの主加賀殿よりさせられ候ふよし申して、ののしりなけきさけぶと云々、仍

 つて七條怒りて真と思ひて、其の夜加賀のもとへ寄せん申すの間、屋形讃州先づとど

 めて、使ひを加賀と肥前とが許へ遣はして、此の事誠に候やらん、勿体無く候ふ、七

 條発向すべきの由をばとめ候ふ、無為の沙汰あるべきよし、讃州申さるる間、其の夜

 肥前と四郎右衛門と両人、讃州へ参りて、此の事更に存知せず候ふ、先づ御使ひ畏れ

 入るの由申す処に、讃州出で逢はれず、大酒を飲みて、無返事にて両人を返さるると

 云々、下手人を出だされ候へと、讃州より催促ありといへ共、我が沙汰せぬ上は進ら

 すべからず候ふ、支証あらば、給はりて治定の時、下手人を進らすべきかの由、四郎

 右衛門返事すと云々、仍つて讃州より管領京兆へ此の由を訴え申さるる間、管領より

 又加賀・肥前が許へ御使ひありて、下手人を出して無為にせられ候へ、存知せぬとて

 つかへてあれば、公事未だ落居せざるなり、たとひ存知せずとも、下手人を出して、

 無為ならばくるしからぬよし、口入の分なり、本人の方より取る時も出ださず候ふ、

 御口入に依りて下手人を出だし候へば、はや我が小物沙汰したるに治定し候ふの間、

 仰せなれども下手人をば進らせ難きの由申し切ると云々、其の後管領より公方様(室

 町殿)へ申されて、下手人を出ださせられよと申さるる間、御所へ肥前と四郎左衛と

 めしつけられて、下手人を出して無為にし候へ、はや我が過ごさぬ事は申し上ぐるの

 間聞こし食し披かれ了んぬ、下は管領より堅く憤り申され、上は不詳に只下手人を出

 だし候へと仰せられ候ふ時、尚ほ叶ふべからず候ふ、弓矢の義理其の分にあらず候

 ふ、一向存知せぬ事に此くのごとく責められ候ふとて、下手人を出だし候へば、已前

 の題目落居か、然らずといへども下手人を出だしたると候はば、向後天下の引懸と成

 りて、弓矢の道欠け候ふの由堅く申し、退出し了んぬ、其の後室町殿より、この子細

 を管領へ申さるる間、管領讃州なほやみ得ずして、只下手人を出ださせられ候へと、

 重ねて管領より申さるる間、重ねて又御使ひをもて肥前加賀に仰せ付けらるる間、肥

 前などが意見にて、此の上は私の所存の分は、具に上聞に達し畢んぬ、さりながら管

 領其の意を得ずして強ひて申さるる上は、別儀をもて下手人を出だし候へと、上意た

 る間、只理を枉げて出だし候へと教訓の間、二十三日夜に入りて、力無く加賀四郎右

 衛門方よりして、下手人を室町殿へ進らせ了んぬ、室町殿より、伊勢備後伊勢六郎を

 両使にて管領へ遣はせらる、管領より下手人を讃州へ遣はせらるるの間、讃州下手人

 を見て例に任せて返されぬ、七條は下手人を見ざるの間、尚ほ自身見るべきの由申し

 て憤る故に、讃州状を出して、七條に、下手人をば我見て返したるよし状を七條に遣

 はし了んぬと云々、希代の事なり、此の分にて件の公事は、二十六日夜無為に落居

 り、しかるに今朝四郎右衛門払暁にもとどりを切りて、行方知れず遁世すと云々、我

 が過ごさぬ事に、下手人を公方より御口入ありて召し進らするの間、若し其の事を口

 惜しく存ずる故か、又父加賀此の事切勘するに依りて弥物くさく存じて遁世かと

 云々、只不肖に依りて大名の無理を御口入の條、弓矢の道を欠くか、若し憤り休まら

 ざるか、何様不便不便、末世相応ぜざるの義士なる者か、

 室町殿宝生殿猿楽舞なり、山名殿申し沙汰せらるるなりと云々、

 

 「解釈」

 廿五日己酉 晴れ、三福寺で『論語』の述而篇を講義した。

 伝え聞いた分だと、今朝飯尾四郎右衛門尉が失踪したという。飯尾加賀入道為行の次男である。この間、細川持常の被官人との間で揉め事があった。一昨日平穏に解決したのである。依然としてその件に対する怒りが残っていたからか、どうだろうか。その理由を聞き及んだ分によると、今月二十一日の夕暮れのことである。細川持常の被官人に七條というものがいる。その七條が召し使う小者は、十六、七歳のものである。上品で美しい男子である。この者が私宅へ帰るとき、二条西洞院で辻斬りに斬られましたが、その者の母親が主人の七條のもとへ走り入って、「この子はもともと飯尾加賀入道為行殿が召し使っていたものです。今夜斬り殺されました。もとの主人の加賀殿がそのように斬り殺しなさいました」と申し上げて、大声で嘆き叫んだという。そこで、七條は怒り真実だと思って、「その夜加賀入道飯尾為行のもとに押し寄せよう」と申したので、主人の細川持常はまず止めて、使者を加賀入道飯尾為行と肥前飯尾為種のもとに遣わして、「七条の主張は真実でしょうか。(そうであるなら)不届きであります。七條がそちらへ押し寄せようとしているのを止めました。平穏に処置するべきである」と細川持常は申したので、その夜に肥前守為種と四郎右衛門の両人は持常のもとへ参上して、「このことはまったく存じません。まず御使いを遣わされたことはありがたいことです」と取次に申したところ、細川持常は二人と対面せず、大酒を飲んで返答をせずに帰らせたそうだ。下手人を出しなされと、細川持常から催促があったが、「自分がしていないうえは差し出すことはできません。証拠があるなら、いただいてそれが間違いないときに、下手人を差し出すべきではないでしょうか」と四郎右衛門は返事をしたそうだ。そこで、細川持常から管領右京大夫細川勝元へこの事情を訴え申し上げなさったので、管領細川勝元から加賀入道為行と肥前守為種のもとへ御使いを遣わして、「下手人を差し出して平穏に決着をつけてください。知らないと言い張っていると、揉め事は落着しないのである。たとえ知らなくても、下手人を差し出して、平穏に落着するなら差し支えない」と口出ししたのである。加賀入道と肥前守は「相手の七條本人が下手人を取ろうとしたときも差し出しませんでした。それなのに、お口添えによって下手人を出しますと、すぐに自分の小者が犯行に及んだことに決まってしまいますので、ご命令ではあるけれども、下手人を差し出すことはできません」ときっぱり申し上げたそうだ。その後、管領細川勝元から室町殿足利義政へ申し上げなさって、「飯尾為種に下手人を出させてください」と申し上げなさったので、足利義政は室町御所へ肥前飯尾為種と飯尾四郎右衛門とを呼び付けなさって、「下手人を差し出して平穏に解決してください」と仰った。飯尾為種はすでに自分が辻斬りをしていないことを申し上げたので、室町殿はお聞き及びになっているはずだ。それなのに、下は管領から厳しく責められ、上は室町殿からはっきりしないまま「下手人を出してください」とご命令になりましたとき、「依然として私の思い通りにならないのでしょう。弓矢の義理は、そのような事柄であってはなりません。まったく存じ上げないことでこのように責められましたからといって、下手人を出しますと、この揉め事は決着するのでしょうか。辻斬りの犯人ではないのに下手人を出したとなりましたなら、今後の国中の先例となって、弓矢の道がなくなります」ときっぱり申し上げて、室町御所から退出した。その後室町殿足利義政は、この事情を管領細川勝元へお伝えになったので、管領と細川持常は依然として収まりがつかず、ただ「下手人を差し出してください」と繰り返し申し上げなさり、再び御使いをもって肥前飯尾為種と加賀入道飯尾為行にご命令になった。だから、肥前守らの考えとして、「この上は、こちらの主張は、詳細に室町殿のお耳に入っている。それなのに、管領細川勝元は我らの主張を受け入れず、無理やり下手人を出すよう申され、さらに『格別の事情をもって下手人を差し出してください』という室町殿のご命令だから、ただ道理を曲げて下手人を差し出してください」と加賀四郎右衛門を説得したので、二十三日の夜になって、やむを得ず加賀四郎右衛門方から下手人を室町殿へ差し出した。室町殿は伊勢備後守と伊勢六郎を両使として、下手人を管領へお遣わしになった。管領から下手人を細川持常へお遣わしになったので、持常は下手人を見て、慣例どおりに飯尾のもとにお返しになった。七條は下手人を見なかったので、依然として自分自身も見なければならないと申して怒っているので、主人である細川持常は書状を遣わして、七條に、「下手人を私が見て返した」との書状を七條に遣わしたそうだ。世にも珍しいことである。このような経緯で、この揉め事は二十六日夜、平穏に落着した。しかし、今朝飯尾四郎右衛門が夜明け方に髻を切って、行方もつかめないまま失踪したそうだ。「自分たちのやっていないことで、公方様のご仲介があって、下手人を差し出したので、もしかすると、そのことを悔しく思ったからだろうか。また父の加賀入道飯尾為行がこの件で強く諌めたから、ますます面倒に思って失踪したのだろうか」と聞いた。足利義政が愚かであることによって、大名の無理強いをご仲介になったことは、弓矢の道理を欠いているのではないか。もしやその怒りが収まっていないのか。いかにも気の毒なことであるよ。末世にふさわしくない高節の士であろうか。

 室町殿が宝生殿で猿楽舞を催した。山名持豊が執行したのであるという。

 

 「注釈」

「三福寺」─京都市左京区正往寺町四六三、仁王門通新高倉東入上る。浄土宗西山深草

      派の寺院。

「加賀入道」─室町幕府奉行人飯尾為行。法名真妙。

「細河讃州」─阿波細川家当主、細川持常。

肥前」─室町幕府奉行人飯尾肥前守為種。法名は永祥。

「四郎左衛」─加賀入道飯尾為行の次男、飯尾四郎右衛門の誤記か。

「弓矢の義理」─「弓矢の義」。弓矢をとる身としての道義。武士としての道義。武士

        の面目(『日本国語大辞典』)。

「弓矢の道」─弓矢に関する道義。武芸の道。武道(『日本国語大辞典』)。

「宝生殿」─未詳。

 

*この記事については、清水克行「喧嘩両成敗のルーツをさぐる」(『喧嘩両成敗の誕生』講談社選書メチエ、二〇〇六)で、詳細に分析されています。ここで書いた解釈の多くも、この研究を参照しました。

 さて、この記事、いろいろおもしろいことが書いてあります。まず一つ目。辻斬りの被害者である十六、七歳の小者ですが、わざわざ「優美の物なり」と記載されています。現代で言えば、美形の男子高校生といったところでしょうか。前掲清水論文によると、室町時代は同性愛(男色)が広まっていた時代で、自身の美貌を売りにしてさまざまな家々を渡り歩く児小姓(ちごこしょう)が存在していたそうです。この小者も同性愛の対象として、以前は加賀入道飯尾為行に仕え、その後は七條某に召し抱えられていたらしく、この小者の争奪がトラブルの原因になった、とその母親は考えたようです。飯尾側は真っ向から関与を否定しているので真相はわかりませんが、若い美男子をめぐるオッサン同士の嫉妬や争いが、このような殺人事件を引き起こしたと見なす社会的な認識が、確実に存在していたようです。現代でも、私が知らないだけで、同様の事件は起きているのでしょうか。こうした愛しい人をめぐる愛憎劇を見ると、室町人も現代人と同様、良くも悪くも、人間や人間の世の中が大好きなのだなと思います。執着心の強さには感服するばかりです。

 次に気になったのは、「弓矢の義理」「弓矢の道」という言葉です。この記事で、その内容が鮮明になってきます。今回の事件では、「下手人(解死人)」を出すか出さないかで揉めていました。「下手人」制というのは、「加害者側の集団から被害者側の集団に対して、『解死人(下死人・下手人)』と呼ばれる謝罪の意を表す人間を差し出すという紛争解決慣行」です(前掲清水論文)。小者を切り殺された七條は、すぐにでも犯人と目された飯尾の邸宅に攻め入ろうとしましたが、それを主人の細川持常が止め、飯尾側に下手人の差出を要求してきたのです。しかし、飯尾側は「やってもないのに下手人は出せない。証拠が明らかとなって初めて下手人を出すべきではないか」と、その要求を突っぱねます。つまり、下手人を差し出せば、罪を認めたことになる。冤罪であるのに下手人は出すということは、「弓矢の道(武家の道理)」に反する、と飯尾は主張したのです。今回の事例もそうですが、下手人は被害者側に引き渡されても、必ずしも殺されるとは限らなかったそうです。それでも、罪が確定していないのに、下手人を出すことを嫌っています。この事件を預かることになった七條の主人細川持常・管領細川勝元足利義政は解死人制を使って、穏便に処理しようとしましたが、被疑者である飯尾にとっては無実の罪を着せられることに我慢ならなかったようです。「疑わしきは罰せず」のような感覚が、「弓矢の道」の一つであったのかもしれません。

須佐神社文書 参考史料1の7(完)

  小童祗園社由来拾遺伝 その7

 

*改行箇所は 」 を使って示しておきます。また、一部異体字常用漢字に改めたと

 ころがあります。書き下し文についても、私の解釈に基づいて、原文表記を変更した

 箇所があります。

 

   貧道生質愚昧にして」目睫さへ見ること不叶、」いはんや遠き昔しを」察する

   事有んや、抑」当社ハ古世の伝る所ハ」大古にして、亦異地なり」惜や正記、宝

   物灰烬して」昔を汁に由なし、于茲」俗伝拾ひ集るに真偽分り」がたし、予不敏

   なりといへ共、」正を取り疑を省、繁を」さり、足さるを助け、要を」拾ひ集め

   て、漸く次第して」当社拾遺伝と名付て、粗」昔を察するの一助に備ふ、」独り

   下愚を下愚とし」不知を不知とせハ、知者の名を得て聖人の談」たらばいさきよ

   しとは」おもへども、若此伝をも」後世に伝へずんはまずく」後世は常やみのご

   とく」にて信心の発るべき」便りなからん、もし仮」そめにも信心あらば、」人

   は神の恵ミを得、神ハ」威光を加へ玉はゞ、天下泰平、」国家安穏、御武運長

   久、」快楽の功しあらん、此故に」僭踰の罪をかへりみす、拙く」も俚語を記

   し、兼て永」く後世に貽者也」

 

 

 備後世羅郡小童祇園牛頭天王

 別当社司神主亀甲山感神院

      本願坊神宮密寺

 (1757)

 宝暦七丁丑四月吉辰

   おわり

 

 「書き下し文」

   貧道生質愚昧にして目睫さへ見ること叶はず、況んや遠き昔を察すること有らん

   や、抑も当社は古世の伝ふる所は太古にして、亦異地なり、惜しむや、正記・宝

   物灰燼して昔を知るに由なし、茲に俗伝拾ひ集むるに真偽分かりがたし、予不敏

   なりと雖も、正を取り疑を省み、繁を去り、足さるを助け、要を拾ひ集めて、漸

   く次第して当社拾遺伝と名付けて、粗々昔を察するの一助に備ふ、独り下愚を下

   愚とし、不知を不知とせば、知者の名を得て聖人の談たらば潔しとは思へども、

   若し此の伝をも後世に伝へずんば、まずまず後世は常闇のごとくにて信心の発る

   べき便りなからん、もし仮りそめにも信心あらば、人は神の恵みを得、神は威光

   を加へ給はば、天下泰平、国家安穏、御武運長久、快楽の功しあらん、此の故に

   僭踰の罪を省みず、拙くも俚語を記し、兼ねて永く後世に貽す者なり、

    (以下略)

 

   おわり

 

 「解釈」

 私貧道は、生まれつき愚かで道理にくらく、目の前のものでさえ正確に見ることはできない。まして遠い昔を考察することができようか、いやできない。そもそも当社の伝承は大昔からのものであり、また格別の霊地でもある。惜しいことであるなあ、公的な記録や宝物が灰燼に帰して昔を知るすべはない。そこで世間の伝承を拾い集めてみたが真偽は分からない。私の頭は鈍いけれども、正しいことを取り、疑わしいことを検証し、煩雑なものを取り除き、付け加えることを助け、要点を拾い集めて、ようやく順序よく並べて当社拾遺伝と名付け、おおざっぱに昔を考察するための一助とした。ただ、伝承の中のはなはだ愚かなことを愚かと見なし、知らないものは知らないとして、拾遺伝に書き残さないなら、私は真理を知っているものとしての名声を得て、この拾遺伝を優れた人物の作成した所伝とすることができるので、潔いとは思うけれども、もしこの拾遺伝を後世に伝えないなら、まず後世は常に闇のようで信心を起こすはずの機縁がなくなるだろう。もし一時でも信心があるなら、人は神の恵みを得るし、神がその威光を増しなさるなら、天下泰平、国家安穏、ご武運長久、快楽の霊験があるだろう。こういうわけで、僭越の罪を反省せず、未熟なまま民間伝承を記し、併せて永久に後世に残すものである。

   おわり

須佐神社文書 参考史料1の6

  小童祗園社由来拾遺伝 その6

 

*改行箇所は 」 を使って示しておきます。また、一部異体字常用漢字に改めたと

 ころがあります。書き下し文についても、私の解釈に基づいて、原文表記を変更した

 箇所があります。

 

 又伝ふ素盞嗚尊の御童児の御時は」御名を牛頭天王と申奉る。此御神御」鎮座の所な

 るを以、当村の名に小」童の文字を用い来る歟、外所以」を聞かず、如何定がたし、

 後知識を」希ふ、就中此神を洛東に祝ひ」玉ひし時初而精舎造りに建立」し給ふ、旧

 く天笠の祇園精舎の結構になぞらへて、京童祇園くと云習ひしより、終に此

 里ニ而ハ」小童の祇園と唱来れり、中古宥」弁法印といふ者有、社内に木像残れり」

 数十年を経て、宇賀の城主矢田殿」建立、其若宮社頭に現在せり、」此おかたハ足利

 将軍の御末ニ而当国」安那郡中条村の城より将軍の厳命」にて宇賀の城へ移転せら

 れしと聞、」其後文禄三甲午、毛利輝元公同」元継公御願に仍而御建立、」今の宮は

 是なり、降たり享禄三」庚寅御玉殿修理、天文十年辛丑」四月鳥居建立、又元和六年

 庚申」同断、又其後寛永十癸酉年同断、」且又当社之鐘ハ伯州相見八幡宮へ」奉納の

 ため出来の鐘と見へたり、」然るに天文九年中に上方より此所を」通り掛り、人夫の

 者社頭を軽しめ」あしさまに囀りけれハ忽重くなりて、」いかに動かせども動かす事

 あたハず、」神威に驚感して竟に無拠奉」納しつると申伝ふ、誠にや其銘」明か也、

 又頗梨采女稲田姫とも」ならふ、今は大御前と申奉る。」寛文八戊申のとし当寺の

 時住宥俊」世羅・三谷・三上・甲怒・神石五郡之内」人別壱銭の助力を以、初而車に

 乗せ」奉る。昔し王子数多生出ましませる」縁に元付て、種々囃口を申し、凶

 去ル、妖去れ、大こレや等と、其囃し振言語道断にて、甚草早ニ」似たり、然れ

 とも御神慮にや叶ひ」けん、自然御忌中とも指合穏便ニ」打過る事とも有之年にハ必

 ず」世間物騒なりと申、又当山より」十三丁南に森木有、飢神といふ、」此神は蘇民

 将来の娘にて巨旦」将来のためにはよめ也、天王当村」御来光の跡を慕ふて、

 蘇民」将来きたり給ふ、又其跡を追て」娘御来り給ふ折節、其頃産後にて」いまた御

 身も冷やかならす、仍而六月十四日、十五日には必来るべか」らす、十六日午を過未

 に来るべしと」の御言にて途中に扣へ待玉ふ、」其時俄に飢苦しみて十六日末を」得

 待おふせ給ハす、終に其所ニ而」身まかり玉ふと、其旧跡と申伝ふ、」此縁にて今世

 に至、女人月ある」ものハ六月の御祭には必他所へ外シ、」十六日未の刻大御前当社

 の鳥居」へ御入之処を、後より拝ミ奉るは」此いわれなり、又拝まざれハ却而」御咎

 めありと申す、又正月七日当社」の的神事にあへバ、其年の厄を遁る」と云ハ、天王

 昔し巨旦といふ悪」鬼神を降伏し給ふ、其儀に」則り悪鬼神の目を射る心とぞ」申伝

 るゆへなり」

   つづく

 

 「書き下し文」

 又伝ふ、素盞嗚尊の御童児の御時は、御名を牛頭天王と申し奉る。此の御神御鎮座の

 所なるを以て、当村の名に小童の文字を用い来たるか、外に所以を聞かず、如何にも

 定めがたし、後の知識を希ふ、就中此の神を洛東に祝ひ給ひし時、初めて精舎造りに

 建立し給ふ、旧く天竺の祇園精舎の結構に準へて、京童祇園祇園と云ひ習ひしより、

 終に此の里にては小童の祇園と唱へ来たれり、中古宥弁法印といふ者有り、社内に木

 像残れり、数十年を経て、宇賀の城主矢田殿建立す、其の若宮社頭に現在せり、此の

 御方は足利将軍の御末にて当国安那郡中条村の城より将軍の厳命にて宇賀の城へ移転

 せられしと聞く、其の後文禄三甲午(一五九四)、毛利輝元公同元継公御願に仍つて

 御建立す、今の宮は是れなり、降だり享禄三庚寅(一五三〇)御玉殿修理す、天文十

 年辛丑(一五四一)四月鳥居建立、又元和六年庚申(一六二〇)同断、又其の後寛永

 十癸酉(一六三三)同断、且つ又当社の鐘は伯州相見八幡宮へ奉納のため出来の鐘と

 見えたり、然るに天文九年中(一五四〇)に上方より此の所を通り掛かり、人夫の者

 社頭を軽んぜしめ悪し様に囀りければ、忽ち重くなりて、いかに動かせども動かす事

 能はず、神威に驚き感じて竟によんどころなく奉納しつると申し伝ふ、誠にや其の銘

 明らかなり、又頗梨采女稲田姫とも並ぶ、今は大御前と申し奉る。寛文八戊申(一

 六六八)の年当寺の時住宥俊、世羅・三谷・三上・甲奴・神石五郡の内人別一銭の助

 力を以て、初めて車に乗せ奉る。「昔王子数多生み出だしましませる縁に基づきて、

 種々囃口を申し、凶も去る、妖も去れ、大これや」等と、其の囃し振り言語道断に

 て、甚だ野早に似たり、然れどもご神慮に叶ひけん、自然御忌中とも指し合ひ穏便に

 打ち過ぐる事ども有るの年には必ず世間物騒なりと申す、又当山より十三丁南に森木

 有り、飢神といふ、此の神は蘇民将来の娘にて、巨旦将来のためには嫁なり、天王当

 村へ御来光の跡を慕ふて、蘇民将来来たり給ふ折節、其の頃産後にて未だ御身も冷や

 やかならず、仍つて六月十四日、十五日には必ず来るべからず、十六日午を過ぎ未に

 来るべしとの御言にて途中に扣へ待ち給ふ、其の時俄かに飢ゑ苦しみて十六日未をえ

 待ちおおせ給はず、終に其の所にて身罷り給ふと、其の旧跡と申し伝ふ、此の縁にて

 今世に至り、女人月あるものは六月の御祭には必ず他所へ外し、十六日未の刻大御前

 当社の鳥居へ御入るの処を、後より拝み奉るは此の謂れなり、又拝まざれば却つて御

 咎めありと申す、又正月七日当社の的神事に遭へば、其の年の厄を遁ると云ふは、天

 王昔巨旦といふ悪鬼神を降伏し給ふ、其の儀に則ち悪鬼神の目を射る心とぞ申し伝へ

 る故なり、

   つづく

 

 「解釈」

 さらに伝えるところでは、素盞嗚尊の幼いときは、名前を牛頭天王と申し上げた。この神がご鎮座になっているところであるから、当村の名前に小童の文字を使用してきたのだろうか。他に理由を聞いていない。どうにも決められない。後世の学識の高い人が明らかにするのを願う。なかでもこの神を洛東の八坂郷にお祭りしたとき、初めて寺院様式で堂舎を建立しなさった。古のインドの祇園精舎の様式に準えて、京童が「祇園祇園」と言い習わしたから、結局この里では小童の祇園と呼んできた。少し昔に宥弁法印というものがいた。社内にその木像が残っている。数十年後に宇賀の城主矢田殿が建立したその若宮の社殿に現存している。この矢田殿は足利将軍のご子孫で、当備後国安那郡中条村の城から移転させられたと聞いている。その後文禄三年(一五九四)、毛利輝元公と元継公の御願によって御建立になった。今の社殿はこれである。時は遡り享禄三年(一五三〇)に社殿を修理した。天文十年(一五四一)四月に鳥居を建立した。また元和六年(一六二〇)にも鳥居を建立した。またその後、寛永十年(一六三三)にも鳥居を建立した。さらにまた、当社の鐘は伯耆国相見八幡宮へ奉納するために鋳造された鐘と見えている。しかし、天文九年(一五四〇)中に上方からこの場所を通り掛かり、人夫が社殿の前で神を侮り悪口を言ったので、たちまち鐘が重くなり、どのように動かそうとも動かすことができなくなった。神の威光に驚嘆して、とうとうやむをえず奉納したと申し伝えている。本当のことだろうか、その鐘の銘に明らかである。また頗梨采女神は奇稲田姫と同じである。今は大御前と申し上げる。寛文八年(一六六八)、当神宮寺のその当時の住職宥俊は、世羅・三谷・三上・甲奴・神石五郡のうちから人別一文ずつの寄付金を集め、それで初めて車を作り、それに神輿を乗せて差し上げた。むかし王子をたくさんお生みになった縁に基づいて、様々なお囃子を申し上げ、「凶も去る、妖も去れ、大御前や」などと、その囃し方はとんでもないことで、たいそう「野早」に似ている。しかし、ご神慮に叶っていたのだろうか。万一、ご忌中や生理がひどくなく過ぎることなどがある年には、必ず世間が物騒になると申す。また当山より十三町南に森がある。飢神という。この神は蘇民将来の娘で、巨旦将来の嫁である。牛頭天王が当村へお出でになったあとを慕って、蘇民将来がお出でになった。またその後を追って娘がお出でになったとき、その頃産後でまだその体も落ち着いていなかった。そこで、「六月十四日、十五日には決して来てはならない。十六日午の刻を過ぎて未の刻に来い」という神のお言葉によって、途中に控えてお待ちになった。その時、突如飢え苦しみはじめて、十六日の未の刻になるのを待ち続けることがおできにならなかった。とうとうそこでお亡くなりになった、その旧跡と申し伝えている。こうした理由によって現代に至っても、女性で生理になっているものは、六月のお祭りの時には必ず他所へ離れ、十六日の未の刻に、大御前が当社の鳥居へお入りになるところを、後ろから拝み申し上げるのは、こういうわけである。一方で拝まなければ、逆にお咎めがあると申す。また、正月七日当社の的神事に来合わせると、その年の厄を逃れるというのは、「牛頭天王がむかし巨旦将来という悪鬼神を降伏しなさった。その経緯のとおりに、悪鬼神の目を射るという意味だ」と申し伝えるからである。

   つづく

 

 「注釈」

「安那郡中条村」─現広島県福山市神辺町東中条・西中条。

「相見八幡宮」─現鳥取県米子市東八幡の八幡神社

「ならふ」─「並ぶ」なら「等しい」、「慣らふ」なら「言い慣わしている」という解

      釈になると思います。一応、「並ぶ」の意味にしておきます。

須佐神社文書 参考史料1の5

  小童祗園社由来拾遺伝 その5

 

*改行箇所は 」 を使って示しておきます。また、一部異体字常用漢字に改めたと

 ころがあります。書き下し文についても、私の解釈に基づいて、原文表記を変更した

 箇所があります。

 

  于茲当山に金牛正銀と云者あり」十方勤化して宝殿を修理し」奉り、正中に牛頭て

  ん王、東に君達」八幡比叡権現と祝り奉る中に」一丁若の御眷属を合せ祭奉る。」

  毎年九月九日御供献上之時ハ先ツかミ」米と名付て清し、初ニ正米ニ而備、又」其

  次ニ未飯に調ハぬ内に、すくいまん」まと名付て粥のことくなるを備ふ、」其後能

  調て後諸神一列に備へ奉る」古実あり、御幼君故歟如何其訳」今ハ知る人無し、又

  人魚と名付て」ちかやに少しの幣を付て惣社人」頂戴して注連に結籠祝ることあ

  り、」蘇民将来に伝へ玉ふ遺風歟分り」がたし、又ハ明神伊勢稲荷の合殿」壱社其

  外御手洗水神後に山田」さまの祠あり山の神と云、其奥ニ」閼伽の池あり、又愛宕

  権現并に」御山天狗の祠あり、夫より山の」絶頂に竜王の祠あり、又広く村」内に

  七座別末社有、太歳・稲荷・」大明神・武答天神即蘇民将来を」祝流、天満天神・

  高山天神・妙見」大菩薩・春日谷八幡・広石山王権現、」潮谷八王子とて本地千手

  観音、」国狭槌尊水の祖神也、右のごとく」牛頭天王御所縁の御神かずく」有らせ

  玉ふ、此人を当山本願神宮寺」開基と申伝ふ、是又時代知れず」時の人牛頭天王

  再来といふ、」今疫之神の社といふは是なり、」此旧き宮跡は竹林行実の間に」あ

  り、古来より御除地にて今に」当寺の抱所なり、十方勤化の時之」笈并に身正躰の

  木像社内に」残れり、人王四拾九代」光仁天皇の御宇宝亀五甲寅四月」大いに疫病

  はやり殃亡にあるもの」勝て数へかたし、時に小童の姿に」現し馬に乗りて託して

                                    あおぐ

  の玉ハく、」吾ハ是蛇毒気神本地妙見菩薩也」此里ハ牛頭天王の霊地なり、仰もの

  ハ」ゑやみ速に⬜︎⬜︎すへしと諭して」此亀甲山に入り給ふて後、其小童」去り玉

  ふ方を知る人なし、同年六月」十四日本矢野より幡・笛・大鼓・鉦等」打囃し、神

  を諌めしよりして、名遠」近に聞え駈疫月々に験あり、夫より」追々十方崇敬し国

  家鎮護と」奉仰、古きを尋、彼のとうの宮」神幸を成し奉る、然れとも余り」遠

  く便りあしくとて、今ハ武答山へ」神幸為成奉る、往昔妙見大菩薩」出現の美地に

  て、殊に牛頭天王の」御幸の宮井なれハ、武答天神山と」いふ、本名ハ亀山と云、

  また馬の」出し所馬出しといふ、其名今ニ」残れり、また其馬の餝と申伝へて」鈴

  弐つ社内に残れり、且又御託宣」の内のすかた拝み奉るに、小サひちご」なりと時

  の人思へり、依而上下略して」ひちくと唱しとなん、

   つづく

 

 「書き下し文」

  茲に当山に金牛正銀と云ふ者あり、十方勤化して宝殿を修理し奉り、正中に牛頭天

  王、東に公達・八幡・比叡権現と祭り奉る中に、一丁若の御眷属を合わせ祭り奉

  る。毎年九月九日御供献上の時は先づ神米と名付けて清し、初めに正米にて備へ、

  又其の次に未だ飯に調はぬ内に、すくいまんまと名付けて粥のごとくなるを備ふ、

  其の後能く調へて後、諸神一列に備へ奉る故実あり、御幼君たる故か如何、其の訳

  今は知る人無し、又人魚と名付けて茅萱に少しの幣を付けて惣社人頂戴して注連に

  結ひ籠め祭ることあり、蘇民将来に伝へ給ふ遺風か分かり難し、又は明神・伊勢・

  稲荷の相殿一社、其の外御手洗水神の後ろに山田様の祠あり、山の神と云ふ、其の

  奥に閼伽の池あり、又愛宕権現并に御山天狗の祠あり、夫れより山の絶頂に竜王

  祠あり、又広く村内に七座の別の末社有り、太歳・稲荷・大明神・武塔天神即ち蘇

  民将来を祭る、天満天神・高山天神・妙見大菩薩・春日谷八幡、広石山王権現、潮

  谷八王子とて本地千手観音、国狭槌尊は水の祖神なり、右のごとく牛頭天王御所縁

  の御神数々有らせ給ふ、此の人を当山本願神宮寺開基と申し伝ふ、是れ又時代知れ

  ず、時の人牛頭天王の再来と云ふ、今疫の神の社といふは是れなり、此の旧き宮跡

  は竹森行実の間に有り、古来より御除地にて今に当寺の抱所なり、十方勤化の時の

  笈并に身正躰の木像は社内に残れり、人王四十九代光仁天皇の御宇宝亀五甲寅(七

  七四)四月大いに疫病流行り、殃亡にあるもの勝げて数へ難し、時に小童の姿に現

  じ馬に乗りて託して宣はく、吾は是れ邪毒気神、本地妙見菩薩なり、此の里は牛頭

  天王の霊地なり、仰ぐものは疫病速やかに⬜︎⬜︎すべしと諭して、此の亀甲山に入

  り給ふて後、其の小童去り給ふ方を知る人無し、同年六月十四日本矢野より幡・

  笛・大鼓・鉦等を打ち囃し、神を諌めしよりして、名遠近に聞こえ駈け、疫月々に

  験あり、夫れより追々十方崇敬し国家鎮護と仰せ奉る、古きを尋ぬるに、彼の塔の

  宮へ神幸を成し奉る、然れども余りに遠く便り悪しくとて、今は武塔山へ神幸を成

  し奉る、往昔妙見大菩薩出現の美地にて、殊に牛頭天王の御幸の宮居なれば、武塔

  天神山と云ふ、本名は亀山と云ふ、また馬の出だし所を馬出しと云ふ、其の名今に

  残れり、又其の馬の飾りと申し伝へて、鈴二つ社内に残れり、且つ又御託宣の内の

  姿拝み奉るに、小さひ稚児なりと時の人思へり、依りて、上下略してひちひちと唱

  えしとなん、

   つづく

 

 「解釈」

 ここに当亀甲山に金牛正銀というものがいた。あらゆる場所で勧進して社殿を修理し申し上げた。中央に牛頭天王、東に公達・八幡・比叡権現を祭り申し上げる中に、多くの御眷属を合わせ祭り申し上げている。毎年九月九日にお供えを献上するとき、まず噛み米と名付けてそれを清め、最初は生米のままで供え、またその次に飯として炊き上がらないうちに、「すくいまんま」と名付けて粥のようなものを供える。その後よく炊いた飯を諸神一列に供え申し上げる故実がある。お粥をお供えするのは、幼い神であるからだろうか。その訳を今は知る人がいない。また人魚と名付けられた、茅萱に少しの幣を付けたものをすべての社人が頂戴して、注連縄に結び籠めて祭ることがある。蘇民将来にお伝えになった慣習かはわからない。または明神・伊勢・稲荷の相殿一社、その他に弥都波能売明神の社の後ろに山田様の祠がある。山の神という。その奥に仏様に水を供えるための池がある。また愛宕権現と御山の天狗の祠がある。そこから山の頂上に龍王の祠がある。また広く村内に七座の別の末社がある。大歳神・稲荷・大明神・武塔天神つまり蘇民将来を祭っている。天満天神・高山天神・妙見大菩薩・春日井谷八幡・広石山王権現、塩貝谷八王子といって本地千手観音、国狭槌尊は水神である。牛頭天王とご縁のある神々が数々いらっしゃる。この金牛正銀という人を当山の本願神宮寺開基と申し伝えている。このことはまた時代がわからない。その当時の人は牛頭天王の再来という。いま疫神の社というのはこのことである。この古い社の跡は、竹林のあいだにある。昔から税の免除地で、今は当神宮寺の所有地である。あらゆる場所で勧進をしたときの笈や御神体の木像は、社内に残っている。人王四十九代光仁天皇の御代、宝亀五年甲寅(七七四)四月、大いに疫病が流行り、祟りによって亡くなったものは数えきれなかった。その時に幼い子どもの姿で出現し、馬に乗って託宣するには、「私は邪毒気神、本地は妙見菩薩である。この里は牛頭天王の霊地である。崇敬するものは、疫病が速やかに治癒するはずだ」と諭して、この亀甲山にお入りになった後、その幼子が立ち去りなさった方向を知る人はいない。同年六月十四日、本矢野から幡・笛・大鼓・鉦等を打ち囃し、神を諌めたことから、その評判はあちこちに聞こえ駈けめぐり、疫病に対して毎月ご利益があった。それから次第にあらゆる場所で崇敬され、国家鎮護の神として仰がれた。古い言い伝えを調べてみるとと、この塔の宮へ渡御をなし申し上げていた。しかしあまりに遠く不便であるといって、今は武塔山へ渡御をなし申し上げている。遠い昔に妙見大菩薩が出現した霊地で、とくに牛頭天王の渡御の御旅所であるので武塔天神山という。本当の名は亀山という。また馬の出しどころを馬出しという。その名は今に残っている。またその馬の飾りと申し伝える鈴二つが社内に残っている。さらにまたご託宣に記されたお姿を拝み申し上げるので、神の姿を「小さサひちご」(小さい子ども)である、と当時の人々は思った。だから、この「小さサひちご」という言葉の上下を略して、「ひちひち」と唱えたそうだ。

   つづく

 

 「注釈」

「かみ米」─「小童祇園社祭式歳中行事定書 その7」に「噛米」とある。

「御手洗水神」─弥都波能売明神のことか。

「為成奉」─「為成」で「なす」と読ませていると考えられます。

「一丁若」─未詳。「たくさん・多く」という意味か。

「高山天神」─菅原神社。甲奴町小童字高山(『甲奴町誌』1994)。推定地は下記の地

       図を記しておきましたが、現地を訪ねてみても発見することはできませ

       んでした。現地の方にお話を聞くと、以前にはたしかにこの小高い山に

       あったそうですが、現在は荒れ果てて登ることができません。

「春日谷八幡」─春日井八幡神社。甲奴町小童四一九八。

「広石山王権現」─山王神社。甲奴町小童四五八。

「潮谷八王子」─塩貝谷八王子神社。甲奴町小童四七二三。

「本願」─社寺の造営管理に関わる機関(宮家準「熊野修験と比丘尼─本願所を中心

     に」『修験道─その伝播と定着─』法蔵館、二〇一二)。

「竹森行実」─「竹森」は小童保の「武守・武森名」、「行実」も「行実名」に由来す

       る地名。位置は「武守」が北で、「行実」がすぐ南。いずれも、須佐神

       社そばの「宮部」と「桂正寺」集落にある(『甲奴町誌』1994、参

       照)。

 

 

末社の地図

f:id:syurihanndoku:20170723195420j:plain

 

山王神社

f:id:syurihanndoku:20170723195550j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195601j:plain

 

春日井八幡神社

f:id:syurihanndoku:20170723195747j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195758j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723195808j:plain

 

塩貝八王子神社

f:id:syurihanndoku:20170723200007j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723200020j:plain

f:id:syurihanndoku:20170723200035j:plain

 

 

*今回の記事には、小童の由来が書いてあります。宝亀五年(七七四)四月、疫病が流行したときに、蛇毒鬼神、本地妙見菩薩と名乗る尊い存在が、小さな子どもの姿で現れたのです。そして、幼子では口にするはずもない神仏の名を口走り、疫病を治すと託宣し、そのまま姿を消してしまいます。神仏の姿を見たことのない民衆は、このあり得ない出来事を信じたわけです。昔の人々は、きっと現代人以上に音声情報を重視していたのでしょう。この点、状況判断をするうえで視覚に囚われすぎ、聴覚を軽んじる現代人との違いを感じます。

 「小さひちご」。前後を略して「ひち」。近世人の考えそうな安易な発想で、笑い飛ばして終わりそうな話ですが、一方でこの「小童」信仰は、現在まで脈々と続いています。小童には「わらべ」という有名なお蕎麦屋さんがあります。『ミシュラン広島』の掲載店なので、たしかにお蕎麦は美味しいのですが、特筆すべきはこちらのお店、「座敷わらし」がお住まいなのだそうです。ネット上でも有名で、遠方から来店(お参り?)する方も多いそうです。私はそんなことも知らずに立ち寄り、女将のご好意でお参りもさせていただきました。これもフィールドワークの賜物です。かつて、「小童」(幼子)の姿で顕現した蛇毒鬼神・妙見菩薩は、現在「座敷わらし」として信仰され続けているということになりそうです。「座敷わらし」と言えば、岩手県遠野の専売特許かと思っていたのですが、広島の山間村落にもいらっしゃったのです。小童というのは、なんとも興味深い場所です。

 

f:id:syurihanndoku:20170719133343j:plain