周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

猪突猛進!

  宝徳三年(一四五一)九月十三日条 (『康富記』3─278頁)

 

 十三日戊申 晴、

  (中略)

 是日或語云、今月七日就春日神木御入洛事、被制止之由、綸旨御教書等被成下南都、

 使節奉行三人下向之日、朝之程、於宇治邊、自或藪中猪走出、(割書)「自元負手歟

 云々、」渡宇治、差京方欲上歟之處、川之面二三丈游而、游返而、平等院前藪中走

 歸、於彼篁中忽死云々、爲希代之有様之間、自宇治注進管領云々、如何々々、傳説

 也、承及分聊注之、

 

 「書き下し文」

 是の日或るひと語りて云く、今月七日春日神木御入洛の事に就き、制止せらるるの

 由、綸旨・御教書等南都に成し下さる、使節奉行三人下向の日、朝の程、宇治辺りに

 於いて、或る薮の中より猪走り出づ、(割書)「元より手を負ふかと云々、」宇治を

 渡り、京方を差して上らんと欲する歟の処、川の面を二、三丈游ぎて、游ぎ返りて、

 平等院の前の薮の中を走り帰り、彼の篁の中に於いて忽ち死すと云々、希代の有様た

 るの間、宇治より管領に注進すと云々、如何如何、伝説なり、承り及ぶ分聊か之を注

 す、

 

 「解釈」

 この日、或る人が語って言うには、「今月七日、春日大社のご神木が都にお入りなろうとした件について、それを止めなさるという綸旨と御教書などを、興福寺にお下しになった。その命令を実行するための奉行三人が下向した日の朝に、宇治あたりである藪の中から猪が走り出てきた。もともと手傷を負っていたのだろうか。宇治川を渡り、都の方を目指して上ろうとしていたのか、川の水面を六、九メートルほど泳いでから戻ってきて、平等院の前の藪の中に走り帰り、その竹藪のなかで死んだそうだ。世にも稀な様子だったので、宇治から管領に注進した」という。いったいどういうことか。噂である。聞き及んだ分を少しばかり書き記した。

 

 「注釈」

管領」─畠山持国

 

*いったいこの出来事のどこが、世にも珍しいところだったのでしょう。猪が爆走したことか、爆泳したことか、泳ぎ帰ってきたことか、平等院の藪の中に突っ込んだことか、そこで急死したことか、そのすべての過程か。わざわざ管領にまで報告していることを踏まえると、これも不吉な出来事だったのでしょう。使節が下向しているときに猪を見ると、何か不吉なことが起きるのでしょうか。春日の神の祟りなのでしょうか。謎は深まるばかりです。

井上文書 その7(完)

   一 五行祭文 その7

 

      衆生     (佛體)        (具足)

 されハしゆしやうハもとよりふつたいなり、三しんおくそくせり、いかなる

 (悪霊)  (悪) (悪魔)(悪)(邪魔)(外道)       

 あくりやうあく鬼あくまあく神しやまけとうもそのたよりおへからす、仏神とも

 (守護) (加)      (光) (草露) (消) (薬)  (病原)

 しゆこおくわへ給ハヽ、日くわうのさうろおけし、やく王のひやうけんおいやす

  (如) (災難) (自)   (滅)  (今生) (必)  (滅)

 か事し、さいなんおのつからめつし、こんしやうかならすめつすへし、なに物か

 (望)      (早)      (萬里)    (拂)  (福裕)

 のそミおなさん、はやくしつふうおはんりのほかへはらい、ふくゆふおしよらくの内

  (保)      (謹)  (敬)      (祭文)          (巻)

 ニたもたしめ給へ、つゝしミうやまんて申五形のさいもんはん事つうようお一くわん

 (誦) (奉)

 しゆしたてまつる、さいはいゝゝゝゝ、

  やまハ三ツいえハ九ノツ、これハ又鬼ノすミカもいハやなりけり、

       

     延徳二年庚戌二月十四日

               ぬしありうかさへも三郎

              寺原平左衛門 正繁

   おわり

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 されば衆生はもとより仏体なり、三身を具足せり、いかなる悪霊・悪鬼・悪魔・悪

 神・邪魔・外道もその便りを得べからず、仏神ども守護を加へ給はば、日光の草露を

 消し、薬王の病原を癒すがごとし、災難自ずから滅し、今生必ず滅すべし、何物か望

 みを為さん、早く疾風を万里の外へ払い、福裕を諸楽の内に保たしめ給へ、謹み敬つ

 て申す五行の祭文万事通用(ヵ)を一巻誦し奉る、再拝再拝、

  山は三つ家は九つ、これは又鬼の棲家も岩屋なりけり、

   おわり

 

 「解釈」

 だから、衆生はもともと仏体なのである。三身を備えているのである。どのような悪霊・悪鬼・悪神・邪魔・外道も、そのよすがを得ることはできない。仏身らがお守りくださるなら、日光が草に置く露を消し、薬王菩薩が病原を癒すようなものである。災難は自然と消え去り、現世で必ず消えてなくなるはずだ。これ以上、何を望もうか、いや何も望まない。早く疫病を万里の外に払い、様々な楽しみのなかに富裕な幸せを保たせてください。謹み敬い申し上げる五行祭文の万事通用を祈り、この一巻を唱え申し上げる。再拝再拝。

  山は三つ、家は九つある。これはまた、鬼の棲家、岩屋であった。 

   おわり

井上文書 その6

   一 五行祭文 その6

 

 (抑)     (行)     (木)       (阿閦佛)  (招提龍)

 そもゝゝかの五きやうのはしめもく神と申ハ、東方あしゆくふつしやうたいりう王と

 (現)  (青)(色)  (以) (春)  (甲)(乙)   (領)       (火)

 けんし、あおきいろおもんて、はる三月きのへきのの方りやうし給へ、つきにくわ神

      (寶生)   (釋提龍)         (赤)       (夏)

 申ハ南方ほうしやう如来やくたいりう王とけんし、あかきいろおもんて、なつ三月

 (丙)(丁)  (巳午)            (金)     (阿彌陀)

 ひのへひののミむまの方りやうし給へ、つきニこん神と申ハ西方あミた如来やくた

      (現)  (白) (色)    (秋) (庚) (辛) (申酉)

 いりう王とけんし、しろきいろおもんて、あき三月かのへかののさるとり方りやうし

       (水)      (釋迦牟尼)              (黒)

 給へ、つきにすい神と申ハ北方しやかむに如来こくたいりうとけんして、くろきいろ

      (冬)  (壬) (癸)  (亥子)          (土)

 おもんて、ふゆ三月ミつのへミつののいねの方りやうし給ふ、つきにと神と申ハ、中

                   (黄)       (季)(土用)(丑)(辰)

 央大日如来おうたいりやう王とけんし、きなるいろおもんて四きのとよううしたつ

 (未) (戌)           (智)         (降) (世明)

 ひつしいぬりやうし給へ、あるいハ五ちの如来といんハ、東方かう三せミやう王とけ

      (圓鏡智)   (生)    (鈷ヵ)(印) 梵字)(字)(誦)

 んして、大ゑんきやうちおしやうして、五このいんおもんて⬜︎しおしゆして、さうち

       (肝) (臓)(加持)      (軍荼利夜明)

 やうおもんてかんのさうおかちしたまう、南方くんたりやミやう王とけんし、

  (平等性智)         (寶珠)  (印)  梵字)(字)

 ひやうとうしやうちおしやうし、ほうしゆのいんおもんて⬜︎しおしゆし、おうしきち

       (心) (臓)         (威徳夜叉明)

 やうおもんてしんのさうヲかちし給ふ、西方大いとくやしやミやう王とけんし、

  (妙観察智)                     (字)

 ミやうくわんさんちおしやうし、八ようのいんおもんて、 しおしゆして、ひやうち

       (肺) (臓)         (金剛夜叉明)

 やうおもんてはいのさうおかちし給ふ、北方こんかうやしやミやう王とけんして、

  (成所作智)      (羯磨) (印)  梵字)(字)

 しやうささちおしやうし、かつまのいんおもんて⬜︎しおしゆし、はんしきちやうおも

   (腎) (臓)          (動脱)     (法界體性智)

 んてしんのさうおかちし給ふ、中央大聖不明王とけんし、ほうかいたいしやうちお

 (生)    (鈷ヵ)(印)  梵字) (誦)           (脾)(臓)

 しやうして、五このいんおもんて⬜︎字おしゆし、一こつちやうおもんてひのさうお

 (加持)

 かちし給ふ、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 抑も彼の五行の始め木神と申すは、東方阿閦仏・青体龍王と現じ、青き色を以て、春

 三月甲乙の方を領し給へ、次に火神と申すは、南方宝生如来・赤体龍王と現じ、赤き

 色を以て、夏三月丙丁の巳午の方を領し給へ、次に金神と申すは、西方阿弥陀如来

 白体龍王と現じ、白き色を以て、秋三月庚辛の申酉の方を領し給へ、次に水神と申す

 は、北方釈迦牟尼如来・黒体龍王と現じて、黒き色を以て、冬三月壬癸の亥子の方を

 領し給ふ、次に土神と申すは、中央大日如来・黄体龍王と現じ、黄なる色を以て四季

 の土用丑辰の未戌を領し給へ、或いは五智の如来というは、東方降三世明王と現じ

 て、大円鏡智を生じて、五鈷の印を以て[梵字]字を誦して、双調を以て肝の臓を加

 持し給う、南方軍荼利夜叉明王と現じ、平等性智を生じ、宝珠の印を以て[梵字]字

 を誦し、黄鐘調を以て心の臓を加持し給ふ、西方大威徳夜叉明王と現じ、妙観察智を

 生じ、八葉の印を以て、 字を誦して、平調を以て肺の臓を加持し給ふ、北方金剛夜

 叉明王と現じて、成所作智を生じ、羯磨の印を以て[梵字]字を誦し、盤渉調を以て

 腎の臓を加持し給ふ、中央大聖不動明王と現じ、法界体性智を生じて、五鈷の印を以

 て[梵字]字を誦し、壱越調を以て脾の臓を加持し給ふ、

   つづく

 

 「解釈」

 さて、この五行神の始め木神と申すのは、東方阿閦仏・青体龍王として姿を現し、青い色をもって、春の三ヶ月、東の方角をお治めになる。次に火神と申すのは、南方宝生如来・赤体龍王として姿を現し、赤い色をもって、夏の三ヶ月、南の南東(南南東)の方角をお治めになる。次に金神と申すのは、西方阿弥陀如来・白体龍王として姿を現し、白い色をもって、秋の三ヶ月、西の南西(西南西)の方角をお治めになる。次に水神と申すのは、北方釈迦如来・黒体龍王として姿を現し、黒い色をもって、冬の三ヶ月、北の北東(北北東)の方角をお治めになる。次に土神と申すのは、中央大日如来・黄体龍王として姿を現し、黄色を持って、四季の土用、北東と南西をお納めになる。あるいは、五智の如来というのは、東方降三世明王として姿を表し、大円鏡智を生み出し、五鈷の印をもって[梵字]を双調の音で唱えることによって、肝の臓をご加護になる。南方軍荼利夜叉明王として姿を現し、平等性智を生み出し、宝珠の印をもって[梵字]を黄鐘調の音で唱えることによって、心の臓をご加護になる。西方大威徳夜叉明王として姿を現し、妙観察智を生み出し、八葉の印をもって、[梵字]を平調の音で唱えることによって、肺の臓をご加護になる。北方金剛夜叉明王として姿を現し、成所作智を生み出し、羯磨の印をもって、[梵字]を盤渉調の音で唱えることによって、腎の臓をご加護になる、中央大聖不動明王として姿を現し、法界体性智を生み出して、五鈷の印をもって、[梵字]字を壱越調の音で唱えることによって、脾の臓をご加護になる。

   つづく

 

 「注釈」

「五智」─大日如来が備え持つという五種の知恵の総称。密教で、法界体性智、大円鏡

     智、平等性智、妙観察智、成所作智の五つとする(『日本国語大辞典』)。

「大円鏡智」─仏語。仏の四智・五智の一つ。有漏の第八阿頼耶識を転じてうる無漏智

       で、大きな円鏡が万物の影をことごとく映すように、すべての真実を照

       らし知る仏の智恵。密教では金剛という。大円鏡(『日本国語大辞

       典』)。

「双調」─雅楽十二律の音名の一つ。基音である壱越から.六番目の音。トの音に相当

     (『日本国語大辞典』)。

「平等性智」─仏語。①唯識宗でたてる四智の一つ。末那識から転じて得られる智恵。

       彼此の差別にとらわれず、平等であると悟る智。②密教で説く大日如来

       の五智の一つ。事物は本来平等であると悟る智慧。五仏のうち開敷華王

       仏に配当される(『日本国語大辞典』)。

「黄鐘調」─雅楽六調子の一つ。黄鐘の音(イ音)を主音、すなわち宮音とする旋法。

      おうしき(『日本国語大辞典』)。

「妙観察智」─仏語。四智・五智の一つ。存在の相を正しくとらえ、仏教の実践を支え

       る智。第六識(意識)を転じて得られるという(『日本国語大辞

       典』)。

「平調」─①雅楽十二律の音名の一つ。基音である壱越から三番目の音。ホの音に相当

     する。②雅楽の六調子の一つ。平調の音を主音、すなわち宮音とする調子

     (『日本国語大辞典』)。

「成所作智」─仏語。唯識論で四智の一つ。密教では五智の一つ。諸仏が一切衆生を聖

       道に入らせるために、種々の神通を現ずる作業を成就完成していること

       (『日本国語大辞典』)。

「盤渉調」─雅楽、唐楽の六調子の一つ。盤渉(洋楽のロ)の音を主音にした調べ

      (『日本国語大辞典』)。

「法界体性智」─真理の世界の本性を明確にする智(山下琢巳「修験道〈五體本有本来

        佛身〉説」『東京成徳短期大学紀要』第38号、2005年、

        http://www.tsc.ac.jp/library/bulletin/detail/pdf/38/t_yamashita.pdf)。

「壱越調」─雅楽の六調子の一つ。壱越の音、すなわち洋楽音名の「ニ」の音(d)を

      主音とした音階(『日本国語大辞典』)。

井上文書 その5

   一 五行祭文 その5

 

             (曰)                    (云)

 かるかゆへに、あるもんにいわく、ふもしよしやうしんそくせう大かくいとゆふ、

         (凡夫) (悪口)           (崇)   (經論)

 しかりといへともほんふハあくかうしんちうニして仏神ヲあかめす、きやうろんお

 (信)          (敬)    (罪業) (恐)       (心)

 しんせす、ふもしちやうおうやまわす、さいかうおヲそれす、いよゝゝこゝろおほし

       (間)      (魔)     (憎)  (悪霊) (悪魔)(悪)

 いまゝにするあいた、大六天のま王ハこれおにくミ、あくりやうあくまあく神鬼神

            衆生  (悩)    (道) (妨)   (眞智) (玉)

 あらミさきとなつて、しゆしやうおなやまし、仏とうヲさまたけ、しんちのたまお

 (奪)    (家)  (災難)  (起)    (身)(煩)  (致)

 うはいとり、いへにハさいなんおヲこし、そのミわつらいおいたさしむ、かるかゆへ

   (今)(信心)  (檀那)(無) (丹誠)  (運)         (眞)

 に、いましんしんの大たんなむ二のたんせいおはこひ、一心しやうゝゝゝま事お

 (致)         (廣前)    (諸々)  (供物) (供) (精誠)

 いたし、五形神のうつのひろまへにしかももろゝゝくもつおそなへ、せいゝゝお

                 (龍)  (始)(奉)    (行者)

 いたすところなり、はやゝゝ五たいりう王おはしめたてまつり、きやうしやヲ

 (加持) (施主) (守護)

 かちし、せしゆおしゆこし給へ、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 かるが故に、ある文に曰く、父母所生身速証大覚位と云ふ、然りと雖も凡夫は悪口甚

 重にして仏神を崇めず、経論を信ぜず、父母師長を敬わず、罪業を恐れず、愈々心を

 恣にする間、第六天の魔王は此れを憎み、悪霊悪魔悪神鬼神荒御崎となりて、衆生

 悩まし、仏道を妨げ、真智の玉を奪い取り、家には災難を起こし、其の身煩いを致さ

 しむ、かるが故に、今信心の大檀那無二の丹誠を運び、一心清浄真を致し、五行神の

 うつの広前にしかも諸々の供物を供へ、精誠を致す所なり、早々五大龍王を始め奉

 り、行者を加持し、施主を守護し給へ、

   つづく

 

 「解釈」

 だから、ある文に言うには、「父母から生まれた身のまま、速やかに大いなる悟りの境地に達することができる」と言う。そうではあるが、凡夫は悪口が甚だひどく仏神を崇めず、経論を信じず、父母や先生・年長者を敬わず、罪業を恐れず、ますます思いのままに振る舞うので、第六天の魔王は凡夫を憎み、悪霊・悪魔・悪神・鬼神・荒御崎となって、衆生を悩まし、仏道を妨げ、悟りを開いた智の玉を奪い取り、家には災難を起こし、その身を煩わせる。だから、いま神仏を信心している大檀那は、二つとない真心をもって、心を清浄にし、五行神の御前に様々な供物を供え、誠意を尽くすのである。早々に五大龍王に祈り申し上げ、行者に仏の力を与え、施主を守護してください。

   つづく

 

 「注釈」

「ある文」─『菩提心論』のことか。

「第六天の魔王」─仏語。第六天である他化自在天(仏語。六欲天の最高第六位に位す

         る天。この天に生まれたものは他の作り出した楽事を受けて自由に

         自分の楽とするという。魔王の住所とされる)には、この天の高所

         に別に魔王の住所があるとされたところからいう『日本国語大辞

         典』)。

「あらみさき」─「ミサキ」は民族的信仰生活の中で、ある時には神のように敬われ、

        ある地域では悪霊として恐れられ、ある場合には神の使者として畏れ

        られる存在。異常な死に方を遂げた者をミサキと呼ぶ場合もあり、ま

        た時にはある特定の地点をミサキと呼ぶ。より抽象的に言えば、ミサ

        キとは、空間的な境界・時間的境界・生と死の境界・人と神との境界

        を指す言葉だそうです(間﨑和明「ミサキをめぐる考察」(『社学研

        論集』8、2006・9、https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=15967&item_no=1&page_id=13&block_id=21)。この場合、「荒ぶる悪霊」のような存在

        と考えられます。

「五大龍王」─「五龍」。①中国古代の伝説的帝王。②中国で五行説に基づく五つの龍

       王。蒼龍、赤龍、黄龍、白龍、黒龍。角龍(木仙)、徴龍(火仙)、商

       龍(金仙)、羽龍(水仙)、宮龍(土仙)など。③中国の道教やわが国

       の陰陽道で雨乞いにまつる神。五龍神。④(イ)一蛇頭をもつ一頭龍王

       をはじめ、三頭、五頭、七頭、九頭の五つ。(ロ)嚩里迦龍王、母止隣

       陀龍王、阿難陀龍王、無熱悩龍王、娑竭羅龍王の五つ。(ハ)一七一龍

       王の一つ(『日本国語大辞典』)。

井上文書 その4

   一 五行祭文 その4

 

       (法華)   (諸法)            (法)(説)

 さうしてこのほつけニハしよほう十さうゆいう一しやうのほうときヲ、十如十さうに

 (善悪)

 せんあくふ二しやしやう一如おとき、あるいハこんし三かいかいせかう、五ちうしゆ

    (七)

 しやうしつせ五し二こんししよたしよけんなんゆいか、一人のういくこなりとうんう

           (界) 衆生   (皆)(我子)       (眷属ヵ)

 ん、このもんの心ハ三かいのしゆしやうハミなわかこなり、もろゝゝのけん[ ]も

           (救) (守)       (上)(衆生      (佛體)

 たゝわれ一人のミよくすくいまふり給ふ也、そのうへしゆしやうハもとよりふつたい

  (具足)   (頭)         (表)   (足)(方)   (地形)

 おくそくせり、かうへのまるなるハ天ヲひやうし、あしのはうなるハちきやうおひや

     (體) (阿修羅)(寶生)(彌陀)(釋迦)          (眼)

 うす、五たいハあしゆらほうしやうミたしやか大日の五仏なり、二のまなこハ日月の

 (両輪)          (穴)  (曜)

 りやうりんなり、かうへの七けつハ七ようおひやうす、九けつハ九ようおひやうす、

  (両)  (手)   (節)              (宿)(千手)

 又りやうのてニ廿八のふしあり、これハすなわち天の廿八しゆくせんしゆの廿八

 (部衆)  (法華)   (品)                 (以)

 ふしゆ、又ほつけの廿八ほんおひやうするなり、すなわちこのミおもんて、あるいハ

   (印) (結)      (經巻)   (取)     (呪具) (持)

 てにいんおむすひ、あるいハきやうくわんおとり、あるいハしゆくおもち、

 (口) (經趣)   (誦)  (心)  (観念)  (致)  (慈悲心)

 くちニきやうしゆおしゆし、こゝろニくわんねんおいたし、しひしんおゝこせハ三神

     (相應)   (卽身成佛)    (疑)

 すなわちさうわうしてそくしんしやうふつうたかいなし、

   つづく

 

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 惣じて此の法華には諸法実相ゆいう一乗の法を説き、十如実相に善悪不二生死一如を

 説き、或いは今此三界・皆是我有・其中衆生・悉是吾子・而今此処・多諸患難・唯我

 一人・能為救護なりと云々、此の文の心は三界の衆生は皆我が子なり、諸々の眷属も

 唯我一人のみよく救い守り給ふなり、其の上衆生は元より仏体を具足せり、頭の丸な

 るは天を表し、足の方なるは地形を表す、五体は阿修羅・宝生・弥陀・釈迦・大日の

 五仏なり、二の眼は日月の両輪なり、頭の七穴は七曜を表す、九穴は九曜を表す、又

 両の手に二十八の節あり、此れは則ち天の二十八宿・千手の二十八部衆、又法華の二

 十八品を表するなり、則ち此の身を以て、或いは手に印を結び、或いは経巻を取り、

 或いは呪具を持ち、口に経趣を誦し、心に観念を致し、慈悲心を起こせば三身則ち相

 応して即身成仏疑い無し、

   つづく

 

 「解釈」

 だいたいこの法華経には、諸法実相、一乗の法を説き、十如実相に善悪不二・生死一如を説き、あるいは今此三界・皆是我有・其中衆生・悉是吾子・而今此処・多諸患難・唯我一人・能為救護であるという。この法華経譬喩品第三の文の内容は、「欲界・色界・無色界の三界の衆生は、みな私の子である。様々な眷属たちも、ただ私一人だけがよく救い守りなさるのである。その上、衆生はもともと仏身を備えている。頭が丸いのは天を表し、足が方形であるのは大地を表す。五体は、阿修羅・宝生如来阿弥陀如来・釈迦如来大日如来の五仏である。二つの眼は日月の両輪である。頭の七穴は七曜を表す。九穴は九曜を表す。また両方の手に二十八の節がある。これはつまり天の二十八宿・千手の二十八部衆、また法華経の二十八品を表すのである。つまり、この体をもって、あるいは手に印を結び、あるいは経巻を手に取り、あるいは呪具を持ち、口に経を唱え、心に仏の姿を思い描き、慈悲心を起こせば、三身は和合して即身成仏は疑いない。

   つづく

 

 「注釈」

「諸法実相」─仏語。この世に存在するあらゆる事物のありのまま真実の姿。ただし解

       釈は一様ではなく、般若波羅蜜とするもの、言語や思考を越えた絶対否

       定の理とするもの、あるいは空・有を越えた絶対肯定の中道の理とする

       ものなどがある(『日本国語大辞典』)。

「一乗」─①世のすべてのものを救って、悟りにと運んでいく教え。法華一乗、華厳一

     乗、本願一乗などとして用いられる。→一乗の法(仏語。一乗真実の意で、

     主として法華経を指す)。②一番優れた教えの意(『日本国語大辞典』)。

「十如実相」─「実相」は仏語。一切のもののありのままの真実のすがた。生滅・無常

       を離れた、万物の真相。森羅万象、あらゆる現象の仮のすがたの奥にあ

       る真実の相。真如。本体。一如(『日本国語大辞典』)。

「善悪不二」─仏語。善も悪も二つのものではなく、仏法の平常無差別の一理に帰着す

       るということ。悟った立場からみると、善悪の区別はなく、ひとしく真

       如のあらわれであるということ(『日本国語大辞典』)。

「三界」─仏語。一切の衆生の生死輪廻する三種の迷いの世界。すなわち、欲界・色

     界・無色界をいう(『日本国語大辞典』)。

「眷属」─①血のつながっているもの。親族。一粟。うから。やから。②従者。家来。

     配下の者。家の子郎等。③仏語。親類、師弟の関係にあって互いに相随順す

     る出家、在家の者。狭くは仏の親族、広くは仏の教えを受ける者すべてをい

     う(『日本国語大辞典』)。ここでは③の意味か。

「五体」─身体の五つの部分。筋、脈、肉、骨、毛皮の称。一説に、頭、頸、胸、手、

     足、または頭と両手、両足。転じて、からだ全体。全身(『日本国語大辞

     典』)。

「五仏」─真言密教の両部曼荼羅法身大日如来と、如来から生じた、これをとりまく

     四仏。金剛界胎蔵界の五仏があるが、実は同体とする。金剛界では、大日

     (中央)・阿閦(東)・宝生(南)・阿彌陀(西)・不空成就(北)をい

     い、胎蔵界では大日(中央)・宝幢(東)・開敷華王(かいふげおう=

     南)・阿彌陀(西)・天鼓雷音(北)をいう(『日本国語大辞典』)。ここ

     での五仏の並びを見ると、金剛界五仏に似ています。不空成就如来と釈迦如

     来は同体と考えられている(「釈迦如来」真鍋俊照編『日本仏像事典』吉川

     弘文館)ので、阿修羅と阿閦如来を同体と見なす考え方があったのか、ある

     いは阿修羅と阿閦を書き間違えたのかもしれません。

「七穴」─人間の顔にある七つの穴。左右の耳、左右の目、左右の鼻孔、口をいう

     (『日本国語大辞典』)。

「七曜」─古代中国の天文学で、歳星(木)・熒惑星(火)・鎮星(土)・太白星

     (金)・辰星(水)の五星に、日・月を加えていう語(『日本国語大辞

     典』)。

「九穴」─九竅(きゅうきょう)に同じ。人間、哺乳動物の体にある九つの穴。両眼、

     両耳、二つの鼻孔、口、前後の陰部の総称(『日本国語大辞典』)。

「九曜」─日・月・火・水・木・金・土の七曜星に、羅睺星と計都星を加えたもの。本

     来は、インドの天文学で九惑星として数えあげた名称で、日本には密教の星

     辰信仰を介して知られるようになり、陰陽家が、人の生年月などに配当して

     運命を占った(『日本国語大辞典』)。

二十八宿」─月・太陽・春分点冬至点などの位置を示すために黄道付近の星座を二

       八個定め、これを宿と呼んだもの(『日本国語大辞典』)。

二十八部衆」─千手観音の眷属で、真言陀羅尼の誦持者を守護する二十八人の善神の

        総称(『日本国語大辞典』)。

「即身成仏」─仏語。人間が現世で受けた肉体のままで仏になること。真言密教の教義

       で、三密加持して、衆生が仏と一体になり、衆生の本来有している仏の

       法身を証して成仏することをいう。即身菩提(『日本国語大辞典』)。

井上文書 その3

   一 五行祭文 その3

 

  (便品)   (界)          (法)

 方へんほんに十かい十如ゑしやう三せんのほう門とき、けしやうゆうほんに十二いん

    (説)             (示)

 ゑんおといて、ほうしよさいこんのむねおしめし給ふ、十かい十如といんハ、一ノに

      地獄道         (餓鬼道)        畜生道

 よせさうハちこくとう、二の如せせうハかきとう、三の如せたいハちくしやうとう、

        修羅道         (道)        (天道)

 四の如せりきハしゆらとう、五の如せさハ人とう、六の如せいんハてんとう、七の如

      (聲聞道)          (縁覚道)        (菩薩道)

 せゑんハせうもんとう、八の如せくわハゑんかくとう、九の如せほうほさつとう、十

         (究竟道)         (佛界)

 の如せほんまつくきやうとう、これハすなわちふつかいなり、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 方便品に十界十如依正三千の法門説き、化城喩品に十二因縁を説いて、ほうしよさい

 こんの旨を示し給ふ、十界十如といんは、一の如是相は地獄道、二の如是性は餓鬼

 道、三の如是体は畜生道、四の如是力は修羅道、五の如是作は人道、六の如是因は天

 道、七の如是縁は声聞道、八の如是果は縁覚道、九の如是報菩薩道、十の如是本末究

 竟道、これはすなわち仏界なり、

   つづく

 

 「解釈」

 方便品には十界十如是依正三千の教えを説き、化城喩品には十二因縁を説いて、「ほうしょさいこん」をお示しになった。十界十如是というのは、一の如是相は地獄道、二の如是性は餓鬼道、三の如是体は畜生道、四の如是力は修羅道、五の如是作は人道、六の如是因は天道、七の如是縁は声聞道、八の如是果は縁覚道、九の如是報は菩薩道、十の如是本末究竟道はつまり仏界である。

   つづく

 

 「注釈」

「方便品」─法華経二十八品中の第二品。迹門中の中心をなす品で、三乗(声聞乗・縁

      覚乗・菩薩乗)が方便、一乗(世のすべてのものを救って、悟りにと運ん

      でいく教え。主として法華経を指す)が真実であるとして、三乗を一乗に

      融合させることを説いたもの(『日本国語大辞典』)。

「十界」─仏語。迷いと悟りの両界を一〇に分けたもの。迷界での地獄界・餓鬼界・畜

     生界・修羅界・人間界・天上界と、悟界における声聞界・縁覚界・菩薩界・

     仏界の称(『日本国語大辞典』)。

「十如」─十如是。仏語。「法華経─方便品」の「仏所成就、第一希有、難解之法。唯

     仏与仏、乃能究尽。所謂諸法、如是相、如是性、如是体、如是力、如是作、

     如是因、如是縁、如是果、如是報、如是本末究竟等」の文により、これをも

     って、一切の事物の実相には一〇種の如是があるとするもの。天台宗では、

     一念三千の基本とし、十如是はそのまま一つであると解する。十如是のう

     ち、相は相状、性は内的本性、体は相・性の本体・主体、力は潜在的能力、

     作はその力の顕現、因は直接原因、縁は間接原因、果は結果、報は構成の報

     果、本末究竟等は以上の九つが一つに帰結し、そのまま実相に外ならないこ

     とをいう(『日本国語大辞典』)。

「依正」─依正二報のこと。仏語。依報と正報。生をうけたものが、まさしく過去の業

     の報いとして得た身体そのものを正報といい、その身のより所である一切の

     環境を依報という(『日本国語大辞典』)。

「法門」─仏語。諸仏の教法。仏の教え。仏法(『日本国語大辞典』)。

「化城喩品」─法華七喩の一。「法華経化城喩品」による。旅行者が最終の目的地があ

       まりに遠いので途中で旅を放棄しないように、中間に神通力による城を

       造り、そこでいったん休んだうえで旅を続けさせるという話。小乗仏教

       の悟りが、大乗の真の悟りに至るための方便にすぎないことをたとえる

       (『大辞林』)。

「ほうしよさいこん」─未詳。

「十二因縁」─仏語。有情の生存を構成する要素である、無明・行・識・名色・六処・

       触・受・愛・取・有・生・老死の一二が「これがあるとき、かれがあ

       り、これがないとき、かれがない。これが生ずるとき、かれが生じ、こ

       れが滅するとき、かれが滅する」という相依相関の関係にあることを説

       くもの。これには種々の解釈があるが、前世から現世に生まれ、死んで

       また来世に生まれ死んでいくという三世にわたって因果の関係が示され

       るとするものは、その代表的なもの。十二縁。十二縁生。十二懸連

       (『日本国語大辞典』)。

井上文書 その2

   一 五行祭文 その2

 

     (天開)  (地固)         (陰陽)  (際) 

 そもゝゝてんひらきちかたまりよりこのかた、いんようのきわからして五形となり、

     (印)              (智)  (名付)      (戒)

 それ五形いんハ木火土金水神なり、あるいハ五ち五佛となつけ、あるいハ五かい

  (情)          (色) (味)      (ハ脱ヵ) (臓)

 五しやうとなつけ、あるいハ五しき五ミとなつけ、あるい五方五さうとなつけ、ある

    梵字(地水火風)(くう脱ヵ)(衍)           (修行)(菩提)

 いは⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎ちすいくわふうととなつけ、あるいハほんしんしゆきやうほ大

 (涅槃) (般涅槃妙法蓮華経

 ねはん大はつねはんミやうほうれんけきやうとなつけ、これすなわち五たいミな、こ

     (法蔵)  (根源)    (法報應)          (出生)

 れ八万ほうさうのこんけんなり、ほつほうおうの三神もこれよりしゆつしやうせり、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 抑も天開き地固まりより此の方、陰陽の際からして五行となり、それ五行印は木火土

 金水神なり、或いは五智五仏と名付け、或いは五戒五情と名付け、或いは五色五味と

 名付け、或いは五方五臓と名名付け、或いは[梵字]地水火風空と名付け、或いは発

 心・修行・菩提・涅槃・大般涅槃・妙法蓮華経と名付け、是れ則ち五体皆、是れ八万

 法蔵の根源なり、法報応の三身も是れより出生せり、

   つづく

 

 「解釈」

 さて、天地開闢以来、陰と陽の境界から五行が生じ、その五行印とは木火土金水神である。あるいは五智五仏と名付け、あるいは五戒五情と名付け、あるいは五色五味と名付け、あるいは五方五臓と名付け、あるいは[梵字]地水火風空と名付け、あるいは発心・修行・菩提・涅槃の四門、大般涅槃・妙法蓮華経と名付け、これはつまり五体がみな、多くの尊い教えの根源なのである。仏の法身・報身・応身の三身もここから生まれ出る。

   つづく

 

 「注釈」

「五智五仏」─仏語。五智と五仏。五智はそのまま五仏に配当することを示した語

       (『日本国語大辞典』)。

「五智」─大日如来が備え持つという五種の知恵の総称。密教で、法界体性智、大円鏡

     智、平等性智、妙観察智、成所作智の五つとする(『日本国語大辞典』)。

「五仏」─真言密教の両部曼荼羅法身大日如来と、如来から生じた、これをとりまく

     四仏。金剛界胎蔵界の五仏があるが、実は同体とする。金剛界では、大日

     (中央)・阿閦(東)・宝生(南)・阿彌陀(西)・不空成就(北)をい

     い、胎蔵界では大日(中央)・宝幢(東)・開敷華王(かいふげおう=

     南)・阿彌陀(西)・天鼓雷音(北)をいう(『日本国語大辞典』)。

「五戒」─仏語。在家の人の守るべき五種の戒。すなわち、不殺生戒、不偸盗戒、不邪

     淫戒、不妄語戒、不飲酒戒、優婆塞戒。五常(『日本国語大辞典』)。

「五情」─仏語。五根(眼、耳、鼻、舌、身の五官およびその機能)のこと(『日本国

     語大辞典』)。

「五色」─中国古代の五行説では、青、黄、赤、白、黒の五種の色。仏教ではこれを五

     正色とも称し、信、精進、念、定、慧の五根や、五智、五仏などに配する。

     また、一般に、五種類の色、多種の色をもいう。五彩。ごしょく(『日本国

     語大辞典』)。

「五味」─仏語。大般涅槃経で、牛乳を精製する過程で順次に生じる五段階の味、すな

     わち乳味・酪味・生酥味・熟酥味・醍醐味の五つの総称。醍醐味を涅槃経に

     比する。また、天台宗では、五時教に配して、釈迦一代の聖説が説かれた次

     第順序とする(『日本国語大辞典』)。

「五方」─五つの方角。中央と東、西、南、北(『日本国語大辞典』)。

五臓」─漢方で体内にある五つの内臓をいう。心臓、肝臓、肺臓、腎臓、脾臓の称。

     五内(『日本国語大辞典』)。

「大般涅槃妙法蓮華経」─涅槃経と法華経のことか。

「五たい」─「五体なら」身体の五つの部分。筋、脈、肉、骨、毛皮の称。一説に、

      頭、頸、胸、手、足、または頭と両手、両足。転じて、からだ全体。全

      身。「五大なら」仏語。地、水、火、風、空の五大種をいう。万物をつく

      り出す元素(『日本国語大辞典』)。

「法蔵」─仏語。①仏の説いた教え。また、仏法の経典。②真理の蔵。仏法の奥義。③

     仏のそなえる一切の徳のこと(『日本国語大辞典』)。

「法報応」─「法身(ほっしん)」三身などの一つ。真如の理体をいう。真理そのも

      の、永遠の理法としての仏。「報身(ほうじん)」仏語。仏の三身の一

      つ。菩薩であったとき顔を立て、修行の成就によって、その報いとして得

      た仏身をいう。たとえば阿彌陀仏。また、四身のうち自受用身と他受用身

      の二つを合わせた仏身。「応身(おうじん)」仏の三身である法身・報

      身・応身の一つ。衆生を救うためにその機根に応じた種々の姿をとって現

      れた仏のこと。

「三身」─仏語。仏身の三種。法身・報身・広身、自性身・受用身・変化身、法身・応

     身・化身などをいう。三仏身(『日本国語大辞典』)。

井上文書 その1

解題

 井上家は壬生(山県郡千代田町)の八幡宮神職をつとめる家である。当家には五行祭文や荒平舞詞をはじめとする祭文類が多数蔵されている。奥書から中世に属することが明らかなものだけでも、延徳二年(一四九〇)から慶長二年(一五九七)まで十三点を数える。

 これらは年代的に連続して残っており、しかも寺原・石井谷・北方・今田など今日の千代田町地域の在地名や、それを苗字としたものが多く見られるなど在地性の強いものである。当時の神事や芸能を考える上で、きわめて貴重な史料である。その中から延徳二年の五行祭文を収録した。

 

 

   一 五行祭文 その1

 

 (端裏貼紙) (マヽ)

 「五行祭文延徳元年庚戌年之書

      今年文化五戊辰迄三百十九季ニ成

     (行)(祭文)(ん)

     五形さいも⬜︎

  (再拝)            (敬)

  さいはいゝゝゝゝ       うやまいて申、

      (降)(世)(明)   (行) (根) (守護) (給へ)

 南無東方ニかう三せミやう王、五きやう六こんヲしゆこし⬜︎⬜︎、

      (軍荼利夜叉)                 (へ)

 南無南方ニくんたりやしやミやう王、五行六こんヲしゆこし給⬜︎、

       (威徳夜叉明)

 南無西方ニ大いとくやしやミやう王、五形六こんしゆこし給へ、

      (金剛夜叉明)             (こ脱ヵ)

 南無北方ニこんかうやしやミやう王、五形六こんおしゆし給へ、

 南無中央ニ大日大聖不動明王、五行六こんをしゆこし給へ、

                  (余)(等)(部類眷属)

 さうしてかくりやう八万四千六百五十よ神とうふるいけんそくかいらいしゆさせしめ

 給へ、

   つづく

 

 「書き下し文」(必要に応じて、ひらがなを漢字に改めています)

 (端裏貼紙)                (1808)

 「五行祭文(割書)「延徳元庚戌年の書、今年文化五戊辰年まで三百十九年に成る」

 

     五行祭文

  再拜々々         敬いて申す、

 南無東方に降三世明王、五行六根を守護し給へ、

 南無南方に軍荼利夜叉明王、五行六根を守護し給へ、

 南無西方に大威徳夜叉明王、五行六根を守護し給へ、

 南無北方に金剛夜叉明王、五行六根を守護し給へ、

 南無中央に大日大聖不動明王、五行六根を守護し給へ、

 惣じてかくりやう八万四千六百五十余神等部類眷属かいらいしゆさせしめ給へ、

   つづく

 

*解釈は省略します。特に、最後の一文がよくわかりません。

 

 「注釈」

「五行」─中国で、万物を生じ、万象を変化させる五気としての木火土金水は、元来は

     日常生活に不可欠な五つの物質であるが、転じてこれらの物質によって象徴

     される気、あるいはそのはたらきの意となり、いわゆる五行説として展開す

     る。行とは運行の意で、五つの物質が五行となるのは、天上の五遊星にその

     名をあてたことに由来する。陰陽道では、運勢を判断するのに用いる(『日

     本国語大辞典』)。

五行説」─中国で、万象の生成変化を説明するための理論。宇宙間には木火土金水に

      よって象徴される五気がはびこっており、万物は五気のうちのいずれかの

      はたらきによって生じ、また、万象の変化は五気の勢力の交代循環によっ

      て起こるとする。循環の順序を、木は土に、土は水に、水は火に、火は金

      に勝つとして木金火水土の順とする相剋説と、木は火を、火は土を、土は

      金を、金は水を、水は木を生ずるとして木火土金水の順とする相生説とが

      ある。中国、戦国時代中期の鄒衍(すうえん)が歴代王朝の交代を相勝の

      理で説いたことに始まり、季節、方角、色、臭から人の道徳に至るまで、

      あらゆる事象を五行のいずれかに配当するようになった。漢代になると陰

      陽説と結合し、暦法、医学などにも取り入れられて、長く中国人の公私の

      生活を拘束することとなった(『日本国語大辞典』)。

「六根」─仏語。六識がその対象となる六境に対して認識作用のはたらきをおこす場

     合、その拠り所となる、六つの認識器官をいう。眼根・耳根・鼻根・舌根・

     身根・意根の六つ。六情。六界(『日本国語大辞典』)。

 

*何のための祭文なのか、いまいちよくわかりませんが、五大明王に五行六根の守護を

 祈願しています。五大明王を勧請し、息災・増益・調伏等を祈願する密教修法に五壇

 法というものがありますが、最初の部分はこれに似ています。また、「八万四千六百

 五十余神等部類眷属」という表現は、牛頭天王の祭文や縁起によく登場してきます

 (「須佐神社文書」の記事参照)。

楽しくない栗拾い

  宝徳二年(一四五〇)八月二十八日条 (『康富記』3─204頁)

 

大炊御門殿若公御讀始参事、

 廿八日己亥 晴、

  (中略)

 後日或語云、今日北歓喜寺後苑有栗、山名方中間下人等亂入拾栗之間、加制止之處、

                                    

 不承引、及悪口、仍喧嘩出来、寺僧琛侍者被疵云々、琛蔵主者、佐々木鞍智叔父也、

            テハ

 馬田中間切件僧、仍於 下手人馬田中間逐電之由申之云々、

 

 「書き下し文」

 後日或る人語りて云く、今日北歓喜寺の後苑に栗有り、山名方の中間・下人ら乱入し

 栗を拾ふの間、制止を加ふるの処、承引せず、悪口に及ぶ、仍つて喧嘩出来、寺僧琛

 侍者疵を被ると云々、琛蔵主は、佐々木鞍智の叔父なり、馬田の中間件の僧を切る、

 仍つて下手人の馬田の中間に於いては逐電の由之を申すと云々、

 

 「解釈」

 後日、ある人が語っていうには、「今日、北歓喜寺の後ろの園に栗の木があって、山名方の中間や下人らが乱入し、栗を拾っていたので、寺僧らが制止したところ、中間らは聞き入れず、悪口を言うまでになった。そこで喧嘩が起きてしまった。寺僧の琛侍者は傷を負ったそうだ。琛蔵主は佐々木鞍智高春の叔父である。馬田の中間がこの琛蔵主を切った。だから、下手人の馬田の中間については逃亡した」と申し上げたそうだ。

 

 「注釈」

「北歓喜寺」─未詳。

「琛侍者」─京極氏の庶家で、室町幕府外様衆佐々木鞍智高春の叔父(清水克行「ある

      室町幕府直臣の都市生活」『東京大学史料編纂所研究紀要』一二、二〇〇

      二・三、http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/kiyo/12/kiyo0012-shimizu.pdf)。

「馬田」─未詳。

 

*秋の行楽?ではないのでしょうが、楽しいはずの栗拾いが、凄惨な事件になってしまいました。この記事も、現代人の私には理解しにくいのですが、そもそも他人の敷地に入り込み、栗拾いをする感覚がよくわかりません。そして、勝手に栗を拾ったにもかかわらず悪口を言い、挙げ句の果てに寺僧を斬りつけてしまいます。単なる逆ギレのように見えますが、中間や下人にも、彼らなりの正当性があったのかもしれません。ひょっとすると、この栗林を無主地とでも思っていたのでしょうか。それにしても、栗拾いで喧嘩なんて、何とも大人気ない話です。

香川文書(完)

解題

 都志見(山県郡豊平町)の香川氏は、佐東郡八木(広島市佐東町)城主の香川氏と同族で、鎌倉権五郎景政を祖とする。経高が相模国香川庄をえてから香川を称するようになった。その後、承久の変における戦功によって、経景が八木村、義景が戸谷村を得、同地の松尾山城に拠っていたという。江戸時代に帰農してから長笹村に、ついで都志見村に移ったものである。

 

 

   一 大内義隆感状(切紙)

 

 就備州動之儀、⬜︎上六郎左衛門尉之處、則令出張馳走之由候、神妙候、重而

 隨一左右相動候也、恐々謹言、

      六月十六日          義隆(花押)

                   香川五郎殿

 

 「書き下し文」

 備州の動きの儀に就き、⬜︎上六郎左衛門尉の處、則ち出張・馳走せしむるの由に候

 ふ、神妙に候ふ、重ねて一左右に隨ひ相動くべく候ふなり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 備州での働きの件について、⬜︎上六郎左衛門尉はすぐに出向き奔走しました。感心なことです。今後もこちらからの知らせに従い、働くべきであります。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「⬜︎上六郎左衛門尉」─未詳。