周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

中世利根川のポロロッカ!?

  永享五年(一四三三)十月廿六日条

                   (『図書寮叢刊 看聞日記』4─235頁)

 

 廿六日、雨降、入風呂如例、(中略)抑関東有不思儀之怪異、先大地震、堂舎顛倒、

                       (全ヵ)      (利根)

  人多死、又八幡宮〈鶴岡」歟、〉金灯炉焼失、〈金焼」云々〉、又刀祢川逆ニ流

            〔議〕

  云々、凡四ヶ条有不思儀、今一ヶ條不聞、去夏秋之間事也、

 

*割書とその改行は〈 」 〉で記しました。

 

 「書き下し文」

 二十六日、雨降る、風呂に入ること例のごとし、(中略)そもそも関東に不思議の怪異有り、先づ大地震へ、堂舎顛倒し、人多く死す、また八幡宮〈鶴岡か、〉金灯炉焼失す、〈全焼と云々〉、また刀祢川逆に流ると云々、凡そ四ヶ条の不思議有り、今一ヶ條聞かず、去んぬる夏秋の間の事なり、

 

 「解釈」

 二十六日、雨が降った。いつものように風呂に入った。(中略)さて、関東で原因不明の怪異があった。まず大地が震え、堂舎が転倒し、人が多く死んだ。また、鶴岡八幡宮の金灯篭が焼失した。すべて焼けたという。また利根川の水が逆流したそうだ。だいたい四ヶ条の不思議があった。もう一ヶ条は聞いていない。この前の夏から秋にかけてのことである。

 

 「注釈」

*ただ「ポロロッカ」という言葉を使いたかった。それだけの記事です…。今回の場合は潮の干満によるものではなく、大地震後の津波発生による川の逆流現象でした。

 それにしても、発生原因が地震だけに不謹慎ではあるのですが、あの流域面積最大の利根川が逆流する様子を、一度は見て見たいものです。江戸時代以前の利根川は、現在と流路が異なり、東京湾に流れ込んでいたようですから(『利根川水系の流域及び河川の概要』国土交通省河川局、2005、36〜38頁

http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/051206/pdf/ref5.pdf)、江戸川や荒川、隅田川多摩川などが逆流するようなイメージでしょうか。

両頭の蛇

  永享五年(一四三三)閏七月二十七日条

                   (『図書寮叢刊 看聞日記』4─204頁)

 

 廿七日、晴、朝両頭小蛇一方入頭穴之間不見、尾方有頭、両頭初而見、希有事也、

 

 「書き下し文」

 二十七日、晴る、朝両頭の小蛇一方の頭を穴に入るるの間見えず、尾の方にも頭有り、両頭初めて見る、希有の事なり、

 

 「解釈」

 二十七日、晴れ。朝、頭の二つある小蛇が頭の一方を穴に入れていたので、見えなかった。尾のほうにも頭があった。両頭の蛇を初めて見た。珍しいことである。

 

 

 「注釈」

*どうやら、室町時代の日本にも両頭の蛇(双頭の蛇)がいたようです。こうした珍しい出来事に遭遇した場合、これまでの記事を踏まえると、必ずと言ってよいほど吉凶が問題になっていました。ところが、今回の場合「稀有事也」としか書いてないので、ただ純粋に、珍しいものを見た驚きを日記に書き残したのだと思われます。どうして、吉凶が問題にならなかったのでしょうか。

 両頭の蛇と聞いて真っ先に思い出されるのは、『蒙求』の「叔敖陰徳」というエピソードではないでしょうか。これは、春秋時代の学者孫叔敖の子どものころの話ですが、ある日、叔敖は頭の二つある蛇を見て、それを埋めてしまいます。当時の中国には、「頭の二つある蛇を見た者は死ぬ」という巷説があったようで、叔敖は自分が死ぬことを恐れるとともに、自分以外の人間がその蛇を見るのを心配して埋めたのです。これを聞いた叔敖の母は、人に知られない善行(陰徳)のある者には、天が幸いで応えてくれるから、死にはしない、と応えたのでした。こうした考え方を「陰徳陽報」思想と呼ぶようです。

 このように中国では、両頭の蛇は不吉な兆候と考えられていたようですが、それとともに、陰徳を積んでいれば、その不吉を取り除くことができるとも考えられていたようです。

 ところで、この『蒙求』ですが、日本でもずいぶん古くから教科書として利用されていたようで、陽成天皇の元慶二年(878)に貞保親王がはじめて『蒙求』の講義を受けたという記事があるそうです。「勧学院の雀は蒙求を囀る」ということわざもあるように、藤原冬嗣藤原氏のために創立した学校「勧学院」でも盛んにこの書が読まれていました。(「蒙求」『漢詩・漢文解釈講座 故事・寓話Ⅱ』第16巻、昌平社、1995、317頁)

 ひょっとすると、記主伏見宮貞成親王も「両頭の蛇」のエピソードは幼いころに学んで知っていた可能性があります。だからこそ、「両頭の蛇」を見ても恐ろしいとか不吉だとか感じることもなく、ただただ珍しいと感じるだけだったのかもしれません。

自死の中世史 43 ─吾妻鏡のまとめ─

 ここまで、吾妻鏡に記された自死を紹介してきました。鎌倉幕府の歴史書だけあって、武士らしく、戦さに関する自殺記事が多いように思います。そのなかでも注目しなければならなかったのが、「恥」でした。

 「自死の中世史3〜17」では古代の史料を紹介しましたが、古代では「恥」と「自死」がセットで現れない、つまり「恥」が「自死」の原因になっていませんでした。しかし中世になると、生け捕られることを恥と考え、その恥を拭い去ろうとして自殺を決意する武士(右馬允)のエピソードが書き残されます(「自死の中世史29・中世の説話8」)。「恥」が「自死」の原因となる。敗戦・捕縛という「恥」を、「自死」という誰もができない勇ましい行為で相殺する。これが古代と中世の大きな違いでした。

 ところが、吾妻鏡を読んでみると、前述の右馬允のエピソードとは異なり、捕縛を恥としない価値観が存在したこともわかります(「自死の中世史32・35(吾妻鏡1・4)」)。どちらの観念が先に生まれたのか、どちらの観念が一般的だったのか、どちらかの観念が消えてなくなるのか。はっきりしないことばかりですが、少なくとも、中世では「捕縛を恥とする観念」と「捕縛を恥としない観念」が並存していたことだけはわかります。

 ただ、このような現象を指摘しただけでは何の意味もありません。どうして「捕縛」が「恥」になるのか、あるいは、ならないのか。どうして「恥」を雪ぐのに「自死」という手段を選ぶのか。他の手段を選ばない・選べない理由、また「恥の消去」と「自死」を結びつけた背景などを明らかにすることが、次の課題になりそうです。

 では、中世びとにとって「恥」とは何だったのでしょうか。まずは「恥」の具体的な事例を集めてみる必要がありますが、それはそれでまた別の研究になりそうです。「恥」事例の集積は今後の課題として、ひとまずここまで紹介してきた『吾妻鏡』の事例を振り返ってみようと思います。

 1つ目は「自死の中世史32・吾妻鏡1」で、自死を遂げたのは源頼朝に反逆した伊東祐親でした。祐親は頼朝に反逆したにもかかわらず、恩赦によって罪を償う機会を逸し、そのまま生き延びることを恥ずかしく思ったため、自ら命を絶ちました。つまり、原因動機は恩赦の恥、目的動機は恩赦を受け入れて生きる「恥からの逃避」。これが私の解釈でした。また祐親の自死は、敵対者である頼朝の感動を誘っています。理由によっては、自死が賞賛される行為になったことも、押さえておかなければ特徴でした。

 2つ目、「自死の中世史40・吾妻鏡9」では、承久の乱で官軍方の重要人物として戦った佐々木経高自死を遂げています。これは伊東祐親の事例とよく似ているのですが、幕府方の北条泰時から助命・恩赦を伝える使者が送られたことを契機としています。経高は、恩赦による恥の生起という原因動機と、その恥を雪いで死後に名誉を残す(「雪辱」「名誉挽回」)という目的動機によって、自死を遂行した、と私は解釈しました。

 3つ目は、「自死の中世史42・吾妻鏡11」です。これは、鎌倉在住のある男が実の娘を手込めにしようとしたところ、その現場を娘の夫(婿)に見られ、恥ずかしさに耐えきれず自殺したというエピソードでした。恥の内実を絞り込むには情報が少なすぎるのですが、おそらく、近親相姦・密懐未遂(倫理的タブー違反)が露見したことによって、恥が生起したのでしょう。そして、生きていては恥から逃れることができないために、来世へ逃避したのだと考えられます。倫理的タブー違反の露見を原因動機とし、露見による恥からの逃避を目的動機とした自殺だった、と私は考えました。

 以上、ここまで紹介してきた説話や『吾妻鏡』に現れた「恥」を分類すると、①「生け捕られた恥」、②「恩赦された恥」、③「倫理的タブー違反の露見による恥」に区分けできます。中世びとはこうした「恥辱」を原因動機とし、その恥からの「逃避」や、「雪辱」「名誉挽回」を目的動機として自死を遂げたと考えられます。

(*「恥辱」という用語の定義については、正村俊之『秘密と恥 日本社会のコミュニケーション構造』(勁草書房、1995、37─47頁)を参照しました。この研究によると、「恥辱」とは、自我理想からの失墜に由来し、自己の劣位性を意識させるもので、①人前でかく恥を「公恥」、②一人ひそかに抱く恥を「私恥」と分類しています。)

 

 このような「恥」を特徴とした自死以外にも、中世になると「究極の請願の形態としての自害」というものが現れました。これは「自死の中世史34・吾妻鏡3」で紹介したものですが、自殺するという脅しによって、所願の実現を求めたパターンです。つまり中世では、請願を目的動機として自死を遂げることがあったのです。清水克行氏の研究によると、中世では「自害した者や自害を試みようとするものに対しては、公権力も周囲の社会も理非を超えて」ある程度配慮がなされたそうです。こうした現象の要因として、死者が霊力をもっていると信じられていたこと(笠松宏至「『墓所』の法理」『日本中世法史論』東京大学出版会、1979年、初出1971年、勝俣鎮夫「死骸敵対」『中世の罪と罰東京大学出版会、1983年)や、「折中」や「中分」を最善とする独特の平衡感覚をもっていたこと(笠松宏至「折中の法」『法と言葉の中世史』平凡社、1984年、初出1977年)が挙げられる、と清水氏は指摘しています(「中世社会の復習手段としての自害」『室町社会の騒擾と秩序』吉川弘文館、2004、38頁)。

 公権力や社会が自殺に対して一定程度の配慮を示すのは、現代も同じことです。いじめやパワハラ、過重労働などによって自殺事件が発生すると、関係各所が慌てふためき、対応を迫られる状況によく似ています。ただし現代の場合、司法的側面や社会的倫理観に違反することによって問題化するのです。中世と現代では、公権力や社会に対処を迫らせる要因に違いはありますが、今も昔も自殺は社会に大きな影響を与えるものだと言えるでしょう。

 

 もう一つ、中世になって現れた自死に、「極楽往生」を目的動機としたパターンがありました。『吾妻鏡』の事例の場合、先に紹介した一連の説話事例のように、純粋に宗教的な理由によるものではありませんが(「自死の中世史30・中世の説話9・説話のまとめ」など)、『吾妻鏡』でも「臨終正念往生思想」(臨終に際して正念を保てば、極楽に往生できるという考え方)が自死の目的動機に影響を与えたようです。

 「自死の中世史36・吾妻鏡5」では、曾我兄弟の弟の僧侶が自殺の間際に、念仏読経を行なって正念を保っています。また「自死の中世史41・吾妻鏡10」でも、千葉秀胤が自死の間際、邸宅に放火することで時間を稼ぎ、念仏読経を行なって正念を保っています。前者の僧侶は、梟首を予期していました。後者の千葉秀胤は、戦の敗死を予期していました。このままでは、正念を保てないまま死を迎えることになり、極楽に往生することは叶わないわけです。往生できない死を迎えるくらいなら、正念を保てる自死を選ぶ。これが目的動機であり、自死を選択した理由だったと考えられます。

 「臨終正念往生思想」のような浄土信仰の影響は、良く言えば、他者によって殺害されることが予期されている人間に救いを与えたことになりますが、悪く言えば、自死のハードルを下げたことにもなります。「臨終正念往生思想」は、このような両義的な影響を中世びとに及ぼしたと言えるでしょう。

 

 この他に、古代でも見られた自死のパターンがありました。その1つが、盗人が捕縛時に自殺を試みるという事例です(「自死の中世史33・吾妻鏡2」)。これは、盗人自身が捕縛・処刑されることを予期したことが原因動機であり、その苦痛から逃れたいという目的動機によって自死を遂げた、と私は解釈しました。

 ただ、この解釈には少し問題がありました。弘仁十三年(822)二月七日官符によって、強窃盗はすべて徒刑にされたので、それ以降の盗人は原則、死刑を恐れることはなかったはずです。したがって、死刑の予期という原因動機と、その苦痛からの逃避という目的動機によって自殺したとする解釈は成立しないように思われます。

 ところが、この「吾妻鏡2」の事例は、元暦二年(1185)五月二十七日に起きた事件で、壇ノ浦の戦い直後です。当時の混乱した状況であれば、平安初期に公布された官符の有効性は疑問とせざるを得ず、むしろ当時の源氏は、さまざまな違法行為を厳しく罰していた可能性があります。戦争時の厳罰化が、盗人をして自殺に走らせたのではないでしょうか。

 また、中世の公家法・武家法では、盗犯は死刑にならず、在地法や本所法では死刑が採用されていました。したがって中世では、誰に捕縛され、どこの法廷で裁かれるかによって、量刑が異なるのです。「吾妻鏡2」の盗人は、御成敗式目武家法)未成立時に捕らえらたわけですから、死刑を予期していたのではないでしょうか。死刑が予期されれば、捕縛時に自殺する可能性が高まり、死刑が予期されなければ、自殺の可能性はなくなる。一応、こうした仮説を立てておきますが、検証自体は今後の課題にしておきます。

 

 以上、『吾妻鏡』を中心に自死事例を振り返ってきましたが、まずは、中世の自死を理解するうえで、「恥」という観念が重要なキーワードであったことがわかりました。恥はさまざまな要因によって生起しますが、その「恥から逃避する」、「恥を雪ぐ」、あるいは「名誉回復・汚名挽回」を目的に、自死を遂げるのが、中世に現れた新たな特徴であったと考えられます。

 こうした「雪辱目的の自死」の他に、「請願目的の自死」や「往生目的の自死」も、中世の自死の特徴であったと言えます。また、苦痛からの「逃避目的の自死」も、古代からずっと起き続けていたようです。これらが、中世の古典籍の検討から得られた知見でした。今後はこうした特徴が、古文書や古記録でも実証できるかどうかを検証していくつもりです。

 

 さて、ここで一旦、古典籍の分析は終えて、次から古文書や古記録に書き残された自死の紹介に移ろうと思います。説話にしろ、軍記物にしろ、まだまだ読み切れていない作品は多いので、もし新たに事例を書き足すことがあれば、カテゴリー「ライフワーク part1」で紹介する予定にしています。そして、古文書・古記録は「ライフワーク part2」に掲載していくことにします。

自死の中世史 42 ─吾妻鏡11─

  建長二年(一二五〇)六月二十四日条

                   『吾妻鏡』第四十(『国史大系』第三三巻)

 

 廿四日戊午、今日居住佐介之者、俄企自害、聞者競集、圍繞此家、觀其死骸、有此人之聟、日來令同宅處、其聟白地下向田舎訖、窺其隙、有通艶言於息女事、息女殊周章、敢不能許容、而令投櫛之時取者、骨肉皆變他人之由稱之、彼父潜到于女子居所、自屏風之上投入櫛、息女不慮而取之、仍父已准他人欲遂志、于時不圖而聟自田舎歸着、入來其砌之間、忽以不堪慙、及自害云々、聟仰天、悲歎之餘、即離別妻女、依不隨彼命、此珎事出來、不孝之所致也、不能施芳契之由云々、剰其身遂出家修行、訪舅夢後云々。

 

 「書き下し文」」

 二十四日戊午、今日佐介に居住するの者、俄に自害を企つ、聞く者競ひ集ひ、此の家を囲繞し、其死骸を観る、此の人の聟有り、日来同宅せしむるの処、其の聟あからさまに田舎に下向し訖んぬ、其の隙を窺ひ、艶言を息女に通はす事有り、息女殊に周章し、敢へて許容する能はず、而るに櫛を投げしむるの時取らば、骨肉も皆他人に変はるの由之を称し、彼の父潛かに女子の居所に到り、屏風の上より櫛を投げ入る、息女慮はず之を取る、仍て父已に他人に准じ志を遂げんと欲す、時に図らずして聟田舎より帰着し、その砌に入り来たるの間、忽ち以て慙に堪へず、自害に及ぶと云々、聟仰天し、悲歎の余り、即ち妻女を離別す、彼の命に随はざるにより、此の珍事出来す、不孝の致す所なり、芳契を施す能はざるの由と云々、剰へ其の身出家を遂げ修行し、舅の夢後を訪ふと云々、

 

 「解釈」(『現代語訳 吾妻鏡』13、吉川弘文館、2010)

 二十四日、戊午。今日、佐介に居住していたものが急に自害した。(話を)聞いたものが続々と集まってこの家を取り囲み、その死体を見物した。この人には婿がおり、このところ同居していたが、その婿が一時田舎に下向した。(父は)その隙を窺って息女を口説いた。息女はたいそう狼狽し、決して受け入れることはできなかった。しかし、櫛を投げた時に取れば、肉親であっても皆、他人になると言われており、その父は密かに息女の居所に向かい、屏風の上から櫛を投げ入れた。息女は何の考えもなくそれを拾った。そこで、父はもう他人も同然だとして思いを遂げようとした。その時、はからずも婿が田舎から帰着し、その場に入ってきたため、(父は)たちまち恥ずかしさに耐えられずに自害したという。婿は驚き、悲嘆のあまりにすぐその妻女を離別した。父の命令に従わなかったため、このような珍事が起きたことは不孝によるものであり、契りを保つことはできないという。そのうえ自身は出家を遂げ、修行して舅の死後を弔うという。

 

 「注釈」(以下、断らないかぎり、『現代語訳 吾妻鏡』の注釈を引用)

「佐介」─佐介谷。現鎌倉市鎌倉駅西方、源氏山の南西にある谷。

「櫛を投げた時…」─『日本書紀』神代一のイザナギイザナミの黄泉国神話から見ら

          れるように投げ櫛は不吉とされ、絶縁を意味すると考えられた。

 

 

*この史料は、すでに勝俣鎮夫「死骸敵対」(『中世の罪と罰東京大学出版会、1983、51頁)で分析されているので、まずはその紹介をしておきます。

 

 (婿は父の命にしたがわなかったこの娘を不孝者として離別し、自分は舅の後世を弔うために出家した)行動は、亡父の遺恨をなだめるためのものと思われるが、ここで興味深いのは、この男の自害を聞いた人々が競い集まり、その家をとりまいてその死骸を観たと記されていることである。このような状況における死骸のありかた、その意志(遺恨)の表示が人々の興味をひいたものと考えられ、それがまたこの聟の行動とも深く関わっているのではないかと思われるのである。すなわち、死にかたの問題と死骸の意志は深く結びつき、その意志を叶えてやるのが当事者の義務と信じられていたのである。

 (中略)

 以上、不十分ながら、わが国においても古くは、死骸もまた意志を持つ存在であり、その意志は、とくに子孫などに絶対的拘束力をもつものと信じられてきたことをみてきた。このような観念が「死骸敵対」の語をうみだしたものといえる。そして、これがおそらく置文・譲状の子孫に対する効力をその根底においてささえていたものであったと考えられる。また不遇な死にもとづく死骸の遺恨をとりのぞく「亡父の死骸の恥をそそぐ」行為たる敵討が子孫・従者などに強く義務づけられたのも、この死骸の意志と深く関連していたといえるであろう。

 

 さて、私の問題関心はあくまで自死なので、そこにこだわってまとめてみようと思います。鎌倉の佐介谷に、ある家族が住んでいました。家族構成は、父と実の娘、娘の夫(婿)でした。六月二十四日のこと、婿がちょっと家を留守にしているうちに、父は自分の娘に言い寄りました。娘はそれを受け入れなかったのですが、その現場を帰宅した婿に見られ、それを恥じて自害したのです。

 自害を遂げた父は、いったい何を恥じたのでしょうか。実の娘を手込めにしようとしている(近親相姦未遂)現場を見られたことか、それとも人妻強姦未遂現場を見られたことか、それともその両方か。このような疑問がはっきりすれば、恥の内実も明確になるのでしょうが、これ以上のことはわかりません。いずれにせよ、恥に耐えられなくなったことが自殺の原因動機であり、その恥から逃れたいという目的動機によって自殺を遂げたと説明でそうです。

 ただ、恥から逃れるための方法として、自殺を選んだ理由はよくわかりません。仮に恥から逃れるだけなら、所在を知らせず逐電する、あるいは娘夫婦を殺害して事実をもみ消すなどの方法も考えられるはずです。が、そうした方法を選ばなかったということは、現世内での逃避よりも、来世への逃避(自殺)のほうにメリットがあると判断したから、ということになります。自殺した男が、死を、あるいは来世・後世・彼岸を、どのように考えていたのかがわかれば、自死を選択した背景に迫ることができるのでしょうが、この点についても、ここで手詰まりになりました。今後の課題にしておきます。

荒谷文書4

    四 荒谷吉長同国長連署譲状

 

  去渡申領地之事

   合〈給地御判并下作職」本支証目録以下共悉〉定

              (段)

 右給地云下作職、不残旦歩打渡申所実也、御公役被馳走、全知行

 肝要候、此上者、向後我等少綺之儀有-間-敷之候、乍去無力相究候之

 条、其方以分別、如形憐愍之儀頼存候、仍為後日譲状如件、

     (1564)            荒谷内蔵丞

     永禄七年〈甲子〉正月五日      吉長(花押)

                      同美濃守

                       国長(花押)

      (勝長)

      善五郎殿 参

 

*割書は〈 〉、その改行は 」 で表記しました。

 

 「書き下し文」

  去り渡し申す領地の事

   合わせて〈給地の御判并びに下作職の本支証目録以下共に悉く〉定め

 右給地と云ひ下作職と云ひ、残らず段歩を打ち渡し申す所実なり、御公役馳走を遂げられ、知行を全うすること肝要に候ふ、此の上は、向後我等少しも綺の儀之有るまじく候ふ、去りながら力無く相究まり候ふの条、其方分別を以て、形のごとく憐愍の儀頼み存じ候ふ、仍つて後日のため譲状件のごとし、

 

 「解釈」

  譲り渡し申す領地のこと。

   給地の御判や下作職の本公験・目録などを一緒にすべて譲与する。

 右の給地も下作職も、残らず領地を引き渡し申すことは事実である。御公役を勤められ、支配を全うすることが大切です。このうえは、今後我々は少しも干渉することはありえません。しかしながら、我々は力なく困窮しておりますので、あなたの配慮をもって、並一通りのお情けを頼り申し上げております。そこで、将来のため、譲状は以上のとおりである。

 

 「注釈」

「本支証」─「本公験」に同じか。土地に関する権利の存在を証明する証文。一枚の証

      文に数か所の土地が記載されているときは買得人に本公験を渡すわけにい

      かないので、別に案文を作成して渡す。同時に本公験の方のその土地につ

      いての記載を抹消する(『古文書古記録語辞典』)。

「段歩・反歩」─田や畑などの面積を反を単位として数えるのに用いる語(『日本国語

        大辞典』)。

「公役」─国家的な色彩の濃い年中行事の費用として徴収された雑税。造内裏役・神宮

     役夫工、また酒屋役、土倉役、味噌役も公役と言われた(『古文書古記録語

     辞典』)。