周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

流浪の果てに…

  宝徳二年(一四五〇)八月十三日条 (『康富記』3─198頁)

 

 十三日甲申 雨下、

  (中略)

 富樫被官人本折主計與兄絶行、一両年令流浪、近則爲鵜高寄人云々、今日富樫令人打

 之、折節甘露寺左中辨亭立入、臥下女局之時打之取頸云々、依之左中辨亭令触穢

 云々、

 

 「書き下し文」

 十三日甲申、雨下る、

  (中略)

 富樫被官人本折主計兄と絶行し、一両年流浪せしむ、近くは則ち鵜高寄人たりと

 云々、今日富樫人をして之を打たしむ、折節甘露寺左中弁亭に立ち入り、女局に臥せ

 下るの時之を打ち頸を取ると云々、之に依り左中弁亭触穢せしむと云々、

 

 「解釈」

 富樫成春の被官人本折主計は兄と絶交し、一、二年流浪していた。最近では鵜高の寄人であったそうだ。今日、富樫成春が被官人に本折主計を討たせた。ちょうどその時、本折主計は甘露寺親長の屋敷に立ち寄っていた。甘露寺親長に仕える女房の部屋で横になっていたときに、本折主計を討ち、首を取ったそうだ。これにより、甘露寺邸は触穢になったそうだ。

 

 「注釈」

「富樫」─加賀北半国守護富樫成春。

「近則」─書き下しがよくわかりません。

「鵜高」─和泉半国上守護細川常有の被官。

甘露寺左中弁」─甘露寺親長。

「女局」─未詳。甘露寺に仕える女房の部屋か。続く十八日条には、「甘露寺左中辨臺

     所隠居時分」という記載があります。「臺所」がそのまま台所の意味なら、

     女房の部屋ではなく、「甘露寺親長邸の台所に隠れていた」という意味にな

     りそうです。甘露寺親長やその女房と、本折主計はどのような関係であった

     のか、よくわかりません。

 

 

  宝徳二年(一四五〇)八月十八日条 (『康富記』3─201頁)

 十八日己丑

  (中略)

 加賀主護代本折﹅﹅相語賊等、今日誅戮弟本折主計允云々、折節甘露寺左中辨臺所隠

 居時分也、取首云々、

 

 「書き下し文」

 十八日己丑、

  (中略)

 加賀守護代本折﹅﹅賊らを相語らひ、今日弟本折主計允を誅戮すと云々、折節甘露寺

 左中弁台所隠居の時分なり、首を取ると云々、

 

 「解釈」

 加賀守護代本折何某が賊を仲間に引き入れ、今日弟の本折主計允を誅殺したそうだ。ちょうどそのとき、甘露寺親長邸の台所に隠れていたときだった。首を取ったそうだ。

 

 「注釈」

「隠居」─「隠れていた」くらいの意味か。

 

 

  宝徳二年(一四五〇)八月二十七日条 (『康富記』3─212頁)

 廿七日戊辰 晴、或語云、和泉半国守護細川刑部少輔被官人鵜高、去夏比歟、為主欲

 被誅戮之處、落失了、此間可赦免之由申之、出抜呼寄、今朝於惣領京兆屋形邊被討

 之、兄弟従類廿人許矢庭殺害云々、

 

 「書き下し文」

 二十七日戊辰、晴れ、或る人語りて云く、和泉半国守護細川刑部少輔被官人鵜高、去

 んぬる夏比か、主として誅戮せられんと欲するの処、落失し了んぬ、此の間赦免すべ

 きの由之を申す、出し抜けに呼び寄せ、今朝惣領京兆屋形辺りに於いて之を討たる、

 兄弟従類二十人ばかり矢庭に殺害すと云々、

 

 「解釈」

 二十七日戊辰、晴れ。ある人が語って言うには、「和泉半国守護細川刑部少輔常有は被官人鵜高を、去る夏頃か、主人として誅殺なさろうとしたが、逃亡されてしまった。鵜高が逃亡している間、赦免するのがよいと申し上げた。不意に鵜高を呼び寄せ、今朝惣領である京兆家細川勝元の屋敷辺りで、鵜高を討伐した。鵜高の兄弟・一族や被官人ら二十人ほどを不意に殺害したそうだ。

 

 「注釈」

「鵜高」─和泉半国上守護細川常有の被官。

「主」─細川常有のことか。

 

*それほど重要なことではないのかもしれませんが、逃亡・逐電した人間はどんな生活をしていたのか、個人的にものすごく気になったので、この記事に注目してみました。きちんと解釈できなかったところも多いのでよくわからないのですが、中世人の逃亡がどんなものだったのか、少しは状況が明らかになります。

 どんな理由かわかりませんが、加賀守護代本折某と弟の本折主計允は絶交し、弟は逃亡してしまいます。自らの所属する共同体から離れてしまうことは、生きる糧(諸権益)を失ってしまうことになるはずなので、かなり勇気のいる行動だと思います。逃亡すると野垂れ死すると思っていたのですが、どうもそうではないようです。一つのパターンとして、逃亡後に出家・自害することも考えられますが、この本折主計允は一年ほどの流浪の後、細川常有被官鵜高の寄人になっていました。流浪中にどのような生活をしていたのか気になるのですが、他家を転々としていたのかもしれません。それにしても、他家で問題を起こし、逃亡した人物を、よくも抱え込んだものだと思います。鵜高は揉め事があったのを知らなかったのでしょうか。それとも知っていて受け入れたのでしょうか。こうした事情がはっきりすると、当時の慣習が明らかになるのですが。

 さて、本折主計允は、元の主である加賀守護富樫成春と守護代の兄に所在をつかまれ、甘露寺親長邸で殺害されてしまいます。本来なら、鵜高は自分の寄人を殺害されたわけですから、本折家と揉めてもよさそうなのですが、そうした記載はありません。記主の中原康富が書かなかっただけかもしれませんが、中世では個人の揉め事が家どうしの揉め事に変化することがよくあるので、そうした記事がないことは不思議です。私の解釈が間違っていなければですが、むしろ本折主計允を寄人とした鵜高のほうが、主人の細川常有から誅殺されてしまいます。本折主計允を寄人にした責任を問われたのかもしれません。いったい、裏でどんな政治的な取引があったのでしょうか。それもと、本来の主人の生殺与奪権が、新しい主人よりも優先されるのでしょうか。いずれにせよ、よくわかりません。が、逃亡者はしぶとく生き延びることがある、ということだけはわかりました。

圓立寺文書8

   八 万壽書状(切紙)

 

 爲新春之儀申越、殊更百疋本望候、尚期面談申述候、恐々謹言、

      三月十日          万壽(花押)

       善明 まいる

             申給へ

 

 「書き下し文」

 新春の儀として申し越され、殊更百疋本望に候ふ、尚ほ面談を期し申し述ぶべく候

 ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 新春のご祝儀としてお手紙を送り申し上げなさり、とくに百疋を贈り申し上げなさったことに満足しております。なお、お目にかかることを期待し、その時にお礼を申し述べるつもりでおります。以上、謹んで申し上げます。

圓立寺文書7

   七 富田康直書状(切紙)

 

 爲今年之御祝儀、 御父子様へ被仰上候、百疋宛則遂披露候、御祝着之

 由候て被御書候、具ニ雖申入、我等事軈而其地罷上候之条、

 以拜顔万可御意候、恐惶謹言、

                 富田又兵衛尉

      三月十日          康直(花押)

       善明様 参 御返 人々

                申給へ

 

 「書き下し文」

 今年の御祝儀として、御父子様へ仰せ上げられ候ふ百疋ずつ則ち披露を遂げ候ふ、御

 祝着の由に候ひて御書を成され候ふ、具に申し入るべく候ふと雖も、我等の事軈て其

 の地に罷り上り候ふの条、拜顔を以つて万御意を得べく候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 今年のご祝儀として、毛利元就・隆元様へ贈り申し上げなさった百疋ずつを、すぐに披露しました。父子様はご満足になって御書状を発給なさいました。詳細に申し伝えるべきですが、我らはそのうちそちらに参上しますので、お目にかかることで様々な件についてお考えを承るつもりでおります。以上、謹んで申し上げます。

圓立寺文書6

   六 富田康直書状(折紙)

 

     私も百疋御下まいり、御ねんころノたん、申もおろかに存候、いまほと御きふんともあし

     く御さ候や、爰元そうおうの御用御申下候、謹言、

 爲御年頭、態壹人被下、委敷遂披露候、遥々之儀ニ入被御祝着

 由、被仰出候、委細御父子様より御書を被成候間、不申入候、於趣者

 須市右より重疊可申得御意候、猶御使申入候、恐々謹言、

                   富又兵

      二月廿一日         康直(花押)

        る

      善明さま 申給候

 

 「書き下し文」

 御年頭として、態と一人下され、委しく披露を遂げ候ふ、遥々の儀に入り御祝着に成

 らるるの由、仰せ出だされ候ふ、委細御父子様より御書を成され候ふの間、申し入る

 るに能はず候ふ、趣に於いては須市右より重畳申し御意を得べく候ふ、猶ほ御使申し

 入れ候ふ、恐々謹言、

    私も百疋御下し参り、御懇ろの段、申すも疎かに存じ候ふ、今程御気分共悪し

    く御座候ふや、爰元相応の御用御申し下し候へ、謹言、

 

 「解釈」

 御年始の挨拶として、あなた様はわざわざお使い一人を下され、私は細かに毛利元就様・隆元様に披露を遂げました。遥々お使いを下されたことに感じ入り満足している、と仰っております。細かいことは元就様・隆元様が御書を発給されますので、これ以上は申し入れることもできません。お伝えする内容は、須市右から念入りに申し上げますので、あなた様のお考えを承るつもりでおります。さらに、お使いが申し入れます。以上、謹んで申し上げます。

    私へも百疋を下される手厚さに、申し上げる言葉もございません。今頃は御気分も悪くいらっしゃるのでしょうか。こちらに相応の御用を申しつけくださいませ。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「御父子様」─毛利元就毛利隆元か。

「須市右」─未詳。毛利の家臣のなかには、須子氏がいます(村井良介「芸備国衆家臣

      団一覧表」https://core.ac.uk/download/pdf/35266460.pdf)参照)。その

      一族か。須子市右衛門という名前でしょうか。

「富田康直」─未詳。

 

*日付と充所の間に「る」のような大きな文字があるのですが、さっぱり意味がわかりません。

圓立寺文書5

   五 繁澤元氏書状(切紙)

 

   以上

 爲今年之祝儀申越、殊百疋祝着存候、遠方被存寄之処本望候、尚重々

 可申、以上、恐々謹言、

      三月十日          元氏(花押)

       善明 進之候

 

 「書き下し文」

   以上

 今年の祝儀として申し越さる、殊に百疋祝着に存じ候ふ、遠方より存じ寄せられるる

 の処本望に候ふ、尚ほ重ね重ね申すべし、以上、恐々謹言、

 

 「解釈」

   以上

 今年のお祝いとして送ってくださった百疋は、とくに満足しております。遠方から思いを寄せてくださったことは本望です。なお、くれぐれもお礼を申し上げます。以上、謹んで申し上げます。

圓立寺文書4

   四 繁澤元氏書状(切紙)

 

 今年之爲祝儀、一束差越祝着候、謹言、

      二月六日          元氏(花押)

       善明

 

 「書き下し文」

 今年の祝儀として、一束差し越すこと祝着に候ふ、謹言、

 

 「解釈」

 今年のお祝いとして、紙一束を送っていただいたことに満足しております。以上、謹んで申し上げます。

圓立寺文書3

   三 繁澤元氏書状

 

       (安藝山縣郡)

 其方只今罷居候朝枝之屋敷之儀、先年以来筋目之地之由候条、無異儀

 遣置候、随分普請等取刷、心安可罷居事肝要候、爲其申聞候、謹言、

      九月廿一日         元氏(花押)

 (捻封ウハ書)   (明)

  「     善⬜︎ 

                    元氏」

       ○以上、三通ヲ一巻ニ収ム

 

 「書き下し文」

 其方只今罷り居り候ふ朝枝の屋敷の儀、先年以来筋目の地の由に候ふ条、異儀無く遣

 はし置くべく候ふ、随分普請等取り刷り、心安く罷り居るべき事肝要に候ふ、其の為

 申し聞こえ候ふ、謹言、

 

 「解釈」

 あなたがただいま住んでおります朝枝の屋敷の件については、先年以来あなたにとって由緒のある地ですので、異論なくあなたに遣わし置くはずです。できるだけ普請等を執り行い、安心して住むべきことが肝要です。そのため申し上げます。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「朝枝」─広島県山県郡北広島町大朝朝枝。

「取刷」─未詳。

「繁沢元氏」─吉川元春次男

圓立寺文書2

  二 安藝國山縣郡大朝村之内打渡坪付

 

 藝州山縣郡大朝村之内打渡坪付之事

        (繁澤元氏)

     合   (花押)

 野田

  畠貳段半       代四百文    五郎右衛門尉

 國近畠三段六百之内    粟屋藤兵衛先給

  畠貳段        代四百文    自作

                    横路

  畠壹段        代貳百文    孫兵衛

        五段半

   以上畠數

        代壹貫文

      慶長参          (繁澤)

       十月廿八日        次郎兵衛尉(花押)

                   山縣

                    五郎兵衛尉

                   井上

                    肥 前 守(花押)

            西泉坊 参

 

*慶長三年は一五九八年。書き下し文・解釈は省略しました。

 

 「注釈」

「大朝村」─広島県山県郡北広島町大朝。

「繁沢元氏」─吉川元春次男

「五郎右衛門尉」─未詳。市川五郎右衛門尉か(村井良介「芸備国衆家臣団一覧

         表」https://core.ac.uk/download/pdf/35266460.pdf)参照)。

「横道孫兵衞」─未詳。横道藤兵衛尉春重の一族か(村井良介「芸備国衆家臣団一覧

        表」https://core.ac.uk/download/pdf/35266460.pdf)参照)。

「山県五郎兵衛尉」─未詳。

「井上肥前守」─未詳。

圓立寺文書1

解題

 この寺は宝徳三年(一四五一)の開基で、初め西泉坊と称していたが、慶長のころ再建され、次号を円立寺と改めたという。山県郡真宗寺院では最も古い由緒を持っており、江戸時代には郡内真宗寺院の中枢的立場にあった。ここにおさめる文書は、戦国時代における当時とこの地を支配した武将との交流を示すものである。

 

 

   一 小坂越中守書状

 御方屋敷之儀被申候、似合之所、普請被申付候ハ丶、引渡候、遣可申候、

 恐々謹言、

                  (小坂越中守)

      九月廿八日         少越(花押)

  (捻封ウハ書)

   「    善妙          より

          まいる        少 」

 

 「書き下し文」

 御方屋敷の儀申され候ふ、似合ひの所、普請申し付けられ候はば、引き渡し候ひ、遣

 はし申すべく候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 あなた様は屋敷の件について申し上げなさいました。適切な場所の普請を申し付けられますなら、引き渡しまして遣わし申し上げるつもりです。以上、謹んで申し上げます。

吉田郷土資料館所蔵文書(完)

解題

 本文書は吉川元春の書状である。さまざまな所有者を経て、当館に所蔵される事になったものである。

 

 

   一 吉川元春書状(折紙)

   返々以書中申上候条、上へ御方御持参候て、趣可仰上候く、付而御油候、

         (毛利)

 宇山申分之儀、自元康此被申越候、趣者書中ニ相見之候、何と申候

 而茂事破候てハ不然候条、先早々御撿使被差上、以其上互之意趣

 被 聞召候ハてハと存事候、御方最前之都合御存知之儀候間、有御披露

 兎角頓御撿使肝要候、恐々謹言、

                   駿河

      十一月廿一日         元春(花押)

      (就親ヵ)

    庄原兵部丞殿

          御宿所

 

 「書き下し文」

 宇山申し分の儀、元康より此くのごとく申し越され候ふ、趣は書中に之相見え候ふ、

 何と申し候ひても事破れ候ひては然るべからず候ふ条、先ず早々に御検使差し上げら

 れ、其の上互ひの意趣を以て、聞こし召され候はてはと存ずる事に候ふ、御方最前の

 都合御存知の儀候ふ間、御披露有り、兎角頓て御検使肝要に候ふ、恐々謹言、

   返す返す書中を以て申し上げ候ふ条、上へ御方御持参候ひて、趣仰せ上げらるべ

   く候ふべく候ふ、付して御油断有るべからず、

 

 

 「解釈」

 宇山の訴えの件について、毛利元康からこのように取り次がれました。その内容は書面に見えています。何と申し上げましても、この件が破綻しましてはよくありません。まずは早々に御検使を差し上げられ、そのうえでお互いの主張を輝元様がお聞きにならなくては、と存じております。あなた様の最新の事情を輝元様もご存知ですので、ご披露ください。いずれにせよすぐに御検使を差し上げることが肝要です。以上、謹んで申し上げます。

   くれぐれも書面をもって申し上げます件は、輝元様へあなた様自身が書面をご持参になりまして、主張を仰らなければなりません。さらに、ご油断があってはなりません。

 

 「注釈」

「宇山」─未詳。

「御方」─あなた様。庄原兵部丞のことか。

「上」─毛利輝元か。

 

*「宇山」「御方」「上」など、ほとんどの人物を否定できず、関係性もよくわからな

 いので、かなりいい加減な書き下しと解釈になってしまいました。