周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

疫神の中世的イメージ

  応永二十八年(一四二一)五月二十八日条 (『看聞日記』2─133頁)

 

    (冷泉範綱ヵ)                  (後小松上皇

 廿八日、正永参語世事、洛中病死興盛、言語道断事云々、此間仙洞有御夢想、相国

  寺門前千頭許群衆、門内欲入、而門主防之追出、前牛声シテ曰、誠

  座禅之所也、不可入、牛共退散、京中乱入了、夢中人云、是コソ疫神ニテ

  候申、御夢覚了、室町殿院参之時被語申、則退出、相国寺へ入御、僧達悉可依

  座之由被仰、大衆依座勤行云々、不思儀御夢也、春日社有怪異、社頭鹿斃死又

  血流云々、(後略)

 

 「書き下し文」

 二十八日、正永参り世事を語る、洛中にて病死興盛、言語道断の事と云々、此の間仙

  洞御夢想有り、相国寺門前に牛千頭ばかり群衆す、門内へ入らんと欲す、而るに門

  主之を防ぎ追ひ出す、前に進む牛声を出して曰く、誠に座禅の所なり、入るべから

  ずと云ひて、牛共退散し、京中へ乱入し了んぬ、夢中に人云く、是れこそ疫神にて

  候ふと申し、御夢覚め了んぬ、室町殿院参の時語り申され、則ち退出し、相国寺

  入御す、僧達悉く座に依るべきの由仰せらる、大衆座に依り勤行すと云々、不思儀

  の御夢なり、春日社に怪異有り、社頭に鹿斃死し又血流ると云々、

 

 「解釈」

 二十八日、冷泉範綱(ヵ)がやって来て世間話をした。「洛中で病死する人が数多く出た。もってのほかのことである」という。この間、後小松上皇の夢でお告げがあった。相国寺の門前に牛千頭ほどが群衆し、門内に入ろうとした。しかし門主がこれを防ぎ追い出した。先頭を進んでいた牛が声を出して言うには、「ほんとうにまあ、ここは座禅の聖地である。入ってはならない」と言って、牛どもは退散し、京中へ乱入した。夢の中である人が言うには、「これこそ疫神です」と申し、夢が覚めた。室町殿が院参した時に上皇がお話し申し上げなさり、室町殿はすぐに退出して、相国寺へお入りになった。「僧たちはみな座に集まれ」と仰せになった。僧たちは座に集まり勤行したそうだ。不思議な夢である。春日社で怪異があった。社頭で鹿が斃死し、また血が流れたという。

 

*解釈は八木聖弥「『看聞日記』における病と死(2)」(『Studia humana et naturalia』38、2004・12、https://kpu-m.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=931&item_no=1&page_id=13&block_id=21)と、鈴木亨『日本史瓦版』(三修社、2006)を参照しました。

 

 「注釈」

 中世人が疫神を牛の姿でイメージしていたとは知りませんでした。後小松上皇の個人的な夢なので、一般化することはできませんが、興味深い事例ではあります。

 それにしても、なぜ牛なのでしょうか。ひょっとすると、当時疫神として崇敬されていた祇園社の祭神牛頭天王に由来するのかもしれません。「牛」つながり…。その名のとおり、牛頭天王の前頭部には牛頭が付いています。安直な発想ですが、その程度しか思いつきませんでした。

榊山神社文書(完)

 【榊山神社文書】

解題

 熊野庄内各社の物申役を勤めた梶山氏に伝来する文書である。

 

 

    一 熊野社神田注文

     熊野之内御神田[

 一米五石     八幡御神田       物申かゝへ

           (ヵ)

 一壹石五斗    す才神田        物申かゝへ

      此内四斗五升ハ不作

 一米五斗     熊のう神田       物申かゝへ

           (王)

 一米貳斗     天玉神田        物申かゝへ

 一米五斗     きおん神田      [     ]

         以上七石参斗

     (1555)

     天文廿四年十二月十日    赤川源左衛門尉(花押)

                   兒玉若狭守

                   渡邊新右衛門尉(花押)

       くまの物申 まいる

 

*書き下し文・現代語訳は省略。

 

 「注釈」

榊山神社」─安芸郡熊野町中溝。熊野盆地の西北にそびえる城山と金ヶ灯籠山の間に

       ある谷の入口で、盆地の大半を眺望できる丘陵上に鎮座。もと本宮八幡

       宮と称し、神功皇后以下三神を祀る。旧村社。承平三年(九三三)宇佐

       (現大分県宇佐市)より勧請したと伝えるが詳細は不明。

       社蔵の享禄元年(一五二八)十二月二十七日付越中守相真補任状は、大

       内氏家臣で菅田氏と思われる相真が、二郎左衛門尉実憲(梶山氏か)を

       「熊野惣庄祝言職」に補任するというもので、前年熊野要害(土岐城

       か)を攻略した大内氏が熊野庄を支配するようになったこと、当社が熊

       野庄内で卓越した地位にあったことなどがうかがえる。このあと、天文

       二十四年(一五五五)十二月十日、毛利氏奉行人が、当社物申の抱える

       荘内各社の神田を書き上げた注文も伝えるが、そこでも当社の神田五石

       は他社を上回っている。宮司は梶山氏であるが、大内氏の熊野要害攻撃

       で大内勢に討たれた者のなかに梶山新左衛門尉の名が見えるし(大永七

       年二月十日「天野興定合戦分捕手負注文」天野毛利文書)、平谷村の草

       分百姓として近世庄屋を世襲したのも梶山氏で、熊野盆地南部に根を張

       った在地土豪であったことがうかがえる。

       当社境内で踊られる盆踊は梶山神社年中事物録(当社蔵)に「弘治二丙

       辰八月朔日祈願ニ付踊申候」とあり、当時多くの牛が死に、虫害がひど

       かったため、神楽踊を奉納したのに始まるといわれている。

       境内社に熊野本宮神社があり、養和元年(一一八一)紀州からの勧請と

       いうが、榊山神社が近世までは本宮八幡と称していたこと、「芸藩通

       志」所収絵図では熊野権現が中央で諏訪社と八幡(現榊山神社)はその

       両横に鎮座していることなどから、あるいは榊山神社よりも熊野本宮神

       社のほうが勧請時期が古い可能性もある(『広島県の地名』平凡社)。

「物申」─祝詞などを奏すること(『日本国語大辞典』)。

野村文書3(完)

    三 阿曾沼元秀宛行状(切紙)

 

        (安芸安南郡          (成)

 爲太郎給地、上世能之内貳貫目宛行候、彼者盛人之間者、其方奉公肝要候、

 左候者従勲功弥々可扶持候、仍状如件、

     (1579)

     天正七年〈己卯〉十一月吉日    元秀(花押)

             野村淡路守殿

 

 「書き下し文」

 太郎の給地として、上世能の内二貫目を充て行ひ候ふ、彼者成人の間は、其方の奉公

 肝要に候ふ、左候へば勲功に従ひ弥々扶持を加ふべく候ふ、仍つて状件のごとし、

 

 「解釈」

 太郎の給地として、上世能のうち二貫目の地を給与します。太郎が成人となるまでの間は、あなたの奉公が肝要です。そのような状況ですので、勲功によってますます俸禄を与えるつもりです。よって、充行状は以上のとおりです。

 

 「注釈」

「上世能」─上瀬野村(安芸区瀬野川町上瀬野)。瀬野川上・中流域に位置し、安芸郡

      東北端にあたる。南の賀茂郡熊野跡村から北流する熊野川が字一貫田で瀬

      野川に合流し、一帯にかなりの平地を形成する。集落はこの平地と瀬野川

      上流沿いに営まれる。北の八世以山、東の水丸山など急峻な山に囲まれ

      る。

      建久九年(一一九八)の官宣旨案(壬生家文書)に「世能村」とあり、鎌

      倉時代初頭、下瀬野村域も含めて世能村と称されている(ただし瀬野川

      南を除く)。この時世能・荒山両村が世能荒山庄として立荘されたが、承

      久三年(一二二一)十月八日付清原宣景申状(清原家文書)には「凡当御

      庄内地頭相交之地者、新山村・阿土村・下世能村等也(ヵ)、又号久武名

      者地頭名也、散在村々、此外於上世能村(ヵ)郡司領等者、自往昔地頭更

      不相交之地」とあり、この頃世能村が上下に分かれていたこと、上世能村

      は地頭の権限の及ばない地であったことが知られる。なお当村には国衙領

      もあったらしく安芸国衙領注進状(田所文書)に「上世乃正木[  ]

      小」とみえる。中世を通じて阿曾沼氏の治下にあり、天正七年(一五七

      九)「上世能之内貳貫目」が家臣野村氏に宛行われている(同年十一月吉

      日付「阿曾沼元秀宛行状」野村文書)(『広島県の地名』平凡社)。

野村文書2

    二 阿曾沼元秀宛行状(切紙)

 

     (野村)

 今度上口淡路守供之段神妙候、弥奉公肝要候、於然者壹貫五百目太郎ニ可

 者也、仍所定如斯、

     (1579)

     天正七年〈己卯〉

       貳月六日           元秀(花押)

              野村太郎殿

 

*割書は〈 〉で記載しました。

 

 「書き下し文」

 今度上口淡路守の供の段神妙に候ふ、弥奉公肝要に候ふ、然るに於いては一貫五百目

 太郎に遣はすべき者なり、仍て定むる所斯くのごとし、

 

 「解釈」

 この度、上口淡路守の供をしてくれたことは感心なことである。ますます奉公することが肝要です。そこで一貫五百目の地を野村太郎に与えるつもりである。よって、決定したことは以上の通りである。

 

 「注釈」

「上口淡路守」─3号文書の野村淡路守のことか。野村太郎の一族で、後見人なのかも

        しれません。

野村文書1

解題

 野村氏は承久三年(一二二一)阿曾沼親綱が甲斐国より安芸国世能庄に移った際に、その三男信綱・四男貞綱が従って来たのにはじまるという。

 

 

    一 毛利輝元書状(切紙)

 

  (捻封ウハ書)   (元勝)

   「     國司右京亮殿

           (就秀)

         粟屋宗兵衛殿       輝元

        [    ]殿         」

 

 爰元陣替之儀、来廿六日儀定候之間、路中宿所々之儀堅可申付候、対郡司

 能々可申遣候、自然於緩者一廉可申付候、此由従各可申聞候、謹言、

     (永禄十二年)(1569)

       卯月十九日          輝元(花押)

 

 「書き下し文」

 爰元陣替の儀、来たる二十六日の儀に定まり候ふの間、路中の宿所々の儀堅く申し付

 くべく候ふ、郡司に対し能く能く申し遣はすべく候ふ、自然緩びに於いては一廉申し

 付くべく候ふ、此の由各々より申し聞かすべく候ふ、謹言、

 

 「解釈」

 こちらの陣替の件について、来たる四月二十六日に決まりましたので、道中所々の宿所に厳密に申し付けなければなりません。郡司に対しても念を入れて申し伝えなければなりません。もし務めを怠ることがあるなら、いっそう厳密に申し付けなければなりません。この内容をあなたたちから申し聞かせるべきです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「郡司」─「郡奉行」のことか。室町時代、守護領国内で郡単位に置かれた奉行(郡

     代)。守護役の徴収実務に従った。守護役の中から礼物(銭)や役夫銭を所

     得とした(『古文書古記録語辞典』)。

三戸文書(完)

解題

 三戸源十郎は有次の二男で、元就の代に新規に召し出され、別家を建てたという。永禄五年(一五六二)元就から就の一字を賜り、就安を称することになる。元亀二年(一五七一)西市助、同三年輝元から一郎右衛門に任じられている。

 

 

    一 毛利輝元書状(切紙)

 

 急度令申候、尼子諸窂人一揆相催之由候、其表之儀、無御油御心遣可

 本望候、猶委細此者可申候、恐々謹言、

     (永禄十二年ヵ)(1569)

       六月十三日         輝元(花押)

       山中治部少輔殿

         (就安)

       三戸源十郎殿 御旅所

 

 「書き下し文」

 急度申さしめ候ふ、尼子諸窂人一揆相催すの由に候ふ、其の表の儀、御油断無き御心遣ひ本望たるべく候ふ、猶ほ委細此の者申すべく候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 取り急ぎ申し上げます。尼子の牢人どもが一揆を起こしたということです。その事柄について、ご油断のないお心遣いに満足しております。なお詳細についてはこの者が申し上げるはずです。以上、謹んで申し上げます。

 

尾崎八幡宮文書5(完)

    五 矢野八幡宮御供注文

 

 一 御くう上せんの事

  もちかす 大宮十六

    十一せん

   小せん

  もちかす 十

    十一せん  合廿二前

 一しゝこまいぬのもち二ツつゝ

  門まろうと二ツつゝまり

 一ゑひすのもち一ツ

  まいさん米一升三合

   (1554)

   天文廿三年八月

 

 「書き下し文」

 一つ、 御供上膳の事、

  餅数 大宮十六

    十一膳

   小膳

  餅数 十

    十一膳  合はせて二十二膳

 一つ、獅子狛犬の餅二つづつ

  門客二つづつ椀

 一つ、夷の餅一つ

  舞散米一升三合

   (1554)

   天文廿三年八月

 

 「注釈」

 屋能八幡宮(尾崎八幡宮)にお供えする御膳の数を記した注文だと思われます。大宮(本殿か)にお供えする餅の数は十六個で、御膳は十一、摂社・末社にお供えする餅は十個で、小膳(大宮よりもランクの下がった御膳か)は十一だったと考えられます。その他に、獅子・狛犬には餅を二つずつ、随神門の客神には器に入れた餅を二つずつ、夷神には餅一つ、舞人には散米を一升三合与えたということではないでしょうか。よくわかりません。

尾崎八幡宮文書4

    四 元勝名字状(折紙)

 

        實名

         勝重

      永禄拾(1567)

        十一月十八日        元勝(花押)

     矢野祝部

       香川神六殿

        ○以上、四通ヲ一巻ニ収ム

 

*書き下し文、解釈、注釈は省略しました。

尾崎八幡宮文書3

    三 神田勝乗寄進状

 

          (営)

 屋能八幡宮江爲御造榮、屋能郷内壹貫貳百目、岡入宮之脇在之、

 右御神田、當年天文拾年之従上毛引進上候、彼田年々之土貢を以可

 御造立之由候、

     (1541)           神田三河

     天文十年十月三日          勝乗(花押)

         物申源左衛門殿

 

 「書き下し文」

 屋能八幡宮江御造営のため、屋能郷内一貫二百目、岡入宮の脇に之在り、

 右の御神田、当年天文十年の上毛より引き進らせ上げ候ふ、彼の田年々の土貢を以て御造立有るべきの由に候ふ、

 

 「解釈」

 屋能八幡宮の造営のため、屋能郷内一貫二百目の田地を寄進する。岡入宮の脇にある。

 右の御神田は、当年天文十年の収穫物から引いて進上します。この田の毎年の年貢を使って、御造立なさるべきです。

 

 「注釈」

「岡入宮」─未詳。

「上毛」─未詳。作毛のことか。

中世のファフロツキーズ ─空から鮒が降ってきた─

  応永二十七年(一四二〇)六月二十九日条 (『看聞日記』2─59頁)

 

 廿九日、晴、晡夕立降、

  (中略)

  抑室町殿仕女局鮒自天降下云々、不思儀事也、陰陽師火事之由占申云々、此局

  洞院娘西御方也、其後此女房室町殿背御意、被成尼云々、所詮此女房恠異也、

 

 「書き下し文」

 二十九日、晴る、晡に夕立降る、

  (中略)

  抑も室町殿の仕女の局に鮒天より降り下ると云々、不思儀の事なり、陰陽師火事の

  由占ひ申すと云々、此の局洞院の娘西の御方なり、其の後此の女房室町殿の御意に

  背き、尼に成らると云々、所詮此の女房の怪異なり、

 

 「解釈」

 さて、室町殿の女房の部屋に鮒が空から降ってきたという。不思議なことである。陰陽師が火事の前兆だと占い申し上げたそうだ。この部屋は洞院氏の娘で西の御方の部屋である。その後この女房は室町殿足利義持のご意向に背き、尼にお成りになったという。要するに、この女房の怪異である。

 

 「注釈」

「仕女」─この場合、室町幕府の女房を指します(羽田聡「室町幕府女房の基礎的考察

     ─足利義晴期を中心として─」『学叢』26、京都国立博物館、2004・

     5、http://www.kyohaku.go.jp/jp/gaiyou/gakusou/num026.html)。

 

ファフロツキーズ(英語: Fafrotskies)もしくは怪雨(かいう)は、一定範囲に多数の物体が落下する現象のうち、雨・雪・黄砂・隕石のようなよく知られた原因によるものを除く「その場にあるはずのないもの」が空から降ってくる現象を指す。ファフロツキーズ現象、ファフロッキー現象ともいう(ウィキペディアより引用)。

 こんな事件が室町時代にも起きていたようです。まさか、古記録にこのような記事が残されているとは思ってもいませんでした。これが日本の最古の事例だったらもっと興奮したのですが、残念ながら、仁和元年(885)六月二十一日の事例(『日本三代実録』巻四十八、十一月二十一日条)が最も古いそうです。

 『日本三代実録』の記事によると、出羽国秋田城中と飽海郡神宮寺(遊佐町吹浦にあったと想定される大物忌神社の神宮寺『中世諸国一宮制の基礎的研究』)の西浜に石鏃が降ったそうです。陰陽師はこの怪異を凶秋(凶作)・陰謀・兵乱の予兆だと占い、神祇官は神々への不敬による祟りだと進言しています。

 今回の場合は火事の予兆で、しかも将軍の意に背いて出家した女房の行為が原因とされています。少しずつ違いはありますが、いずれにせよ、古代・中世では、ファフロツキーズは怪異と認識されていたようです。中世でこうした現象が他にあったのかどうかわかりませんが、事例の1つとして紹介しておきました。ちなみに、古代の朝鮮でもファフロツキーズ現象は起きていたそうです(小林健彦三国史記に見る災害情報の言語文化―倭国に於ける災害対処の文化論との対比に於いて―」『新潟産業大学経済学部紀要』50、2018・2、http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/handle/10623/75349)。