周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書19

    一九 天寧寺仏通寺両寺住持并番衆次第写  ○住持記ニヨル

 

   両寺住持并番衆次第

  天寧寺            仏通寺

  一番             一番

 住持契沢庵主         住持明三庵主

 番衆聖喜寺派         番衆正覚庵派

  二番             二番

 住持玄貴庵主         住持養浩和尚

 番衆祥雲寺派         番衆大慈寺

  三番             三番

 住持景延庵主         住持的当和尚〈諱」周禎〉

 番衆〈華蔵寺派」加密伝派〉  番衆建国寺派

  四番             四番

 (後筆)「元哉和尚之事」     (後筆)「千畝和尚之事」

 住持慈雲和尚         住持常喜和尚

 番衆〈自派加」権管派〉    番衆 自派

  五番             五番

                (後筆)「一笑和尚之事」

 住持俊育庵主         住持円福和尚

 番衆〈自派加」得月派〉    番衆 自派

  番衆終而復始

  仏通寺            天寧寺

  一番             一番

 住持自立庵主         住持安柏庵主

 番衆聖記寺派         番衆正覚庵派

  二番             二番

 (後筆)「智泉院」

 住持常誠庵主字至心       住持真康知客

 番衆祥雲寺派         番衆大慈寺

  三番             三番

 住持従潤庵主         住持祖傑庵主

 番衆〈華蔵寺」密伝派〉    番衆〈建国寺」加法雲派〉

  四番             四番

 住持定膳庵主         住持善勗庵主

 番衆〈慈雲派」加権官派〉   番衆常喜院派

  五番             五番

 住持聖宗庵主         住持自純庵主

 番衆〈得月庵派」加大通院派〉 番衆円福寺

 両寺此年以来、住持并番衆以其缺典、故重加評議、題直弟老僧廿員

 名字、任両寺十年住持之職、又挙諸老門葉十派、配両寺五年之番衆

 五年終而復始之時、湏両寺番衆互換也、然則十年之間、住持各一度番衆各両回

             (小早川氏)

 也、住持交代之時、不檀那之命、唯以当住状一通之、若有辞退

 則当番或倩余之直弟、或擢其派一老主席空却也、番衆亦預報来番

 派下老僧一人、以知其期至、若番衆不出、則住持或自補或倩人相佐、

 若住持番衆共不出、則当住并当番衆湏其寺来年住持番衆、以眼同交代

 為期也、若無交代者縦雖住役一回、堅守寺家退出而空却矣、若

 缺番之一派者不両寺并門中出入、直湏擯出絶咲迹也、暫時会合

 尚不許、況同行同住乎、併可以所同罪者也、如此評議莫博愛之

 慈、只要老少同守此規式両寺無退転矣、又両寺各依常住米銭

 収納、定僧衆数而置年中之定案、更出余分修造之費、若依

 水旱土貢減損、則縦止修造僧衆、若止修造尚不足、則量

 其現納衆亦得矣、但願住持番衆彼此和合随順、以勤行専、且亦営

 修造、近来番衆或不定案規式、或減少至十人十五、而復不修造

 自招重罪、可慎乎、然則若有番衆濫減一レ衆者、住持宜算収納

 切加呵責、若否則者、住持亦付加免其責者也、又当寺僧堂衆内別有檀那捨

 六人分之田且要、此六人者湏常住普請等、専以道行上レ本矣、然則

 維那侍聖侍真祠堂坊主其外老僧二人以定置堂僧堂、如上六員

 湏諸務以応檀那信心願力也、

     (1447)

     文安四年丁卯九月廿八日

         仏通寺住持比丘禅慶書之、

 右依如上之評定、現前老僧十五人押花字、以為後代不易之式焉、

    前住中端各有判      前住周竹

    当住禅慶           俊育

       真康           定善

       祖傑           聖宗

   大慈本詢        大慈慈曇

   祥雲派善徹        大慈全機

   祥雲派宗春        祥雲派祥沢

   祥雲派通三

 此外任住持之不前衆、題其名字使、乞花字以為後証矣、

     契沢各有判       符契

     周禎         明三

     幻観無判        玄貴

     景延         安柏

     常誠         従潤

     永忠無判        善勗

     自純        右之人数一笑和上真筆在于肯心院

 

 「書き下し文」

 両寺此の年以来、住持并びに番衆其の欠典有るを以て、故に重ねて評議を加へ、直弟老僧二十員の名字を題し、両寺十年住持の職に任ず、又諸老門葉十派を挙げ、両寺に五年の番衆を配す、五年終わりて復始むるの時、須らく両寺の番衆を互換すべきなり、然れば則ち十年の間、住持各々一度番衆各々両回なり、住持交代の時、檀那の命を要めず、唯当住の状一通を以て之を請へ、若し辞退有らば則ち当番或いは余の直弟を倩ひ、或いは其の派一﨟を擢き主席を空却せしむる莫かれ、番衆も亦報を来る番の派下の老僧一人に預け、以て其の期の至るを知る、若し番衆出でずんば、則ち住持或いは自ら補し或いは人を倩ひ相佐けよ、若し住持・番衆共に出でずんば、則ち当住并びに当番衆須らく其の寺の来年の住持・番衆を請ふべし、眼を以て同じく交代の期と為すなり、若し交代する者無くんば縦ひ住役一回と雖も、堅く寺家を守り退出して空却する莫かれ、若し欠番の一派は両寺并びに門中出入りを許すべからず、直に須らく擯出し咲迹を絶つべきなり、暫時会合尚許さず、況んや同行同住をや、併しながら以て同罪とせらるべき者なり、此くのごとき評議博愛の慈を欠くと道ふ莫かれ、只老少同じく此の規式を守るを要め、両寺をして退転を無からしめよ、又両寺各々常住米銭収納により、僧衆の数を定め年中の定案を置け、更に余分を出だし修造の費えに充てよ、若し水旱により土貢減損せば、則ち縦ひ修造を止むとも僧衆を減ずべからず、若し修造を止め尚足らざらば、則ち其の現納を量り衆を減らすも亦得るか。但し願はくは住持・番衆彼此和合随順し、勤行を以て専らと為し、且つ亦修造を営め、近来の番衆或いは定案の規式を用ゐず、或いは減少し十人に至り、十五なれども復修造を営まず自ら重罪を招くこと、慎まざるべけんや、然れば則ち若し番衆濫りに衆を減らすこと有らば、住持宜しく収納を計算し切り加へ呵責すべし、若し否らずんば則ち、住持も亦付け加へ其の責めを免ずる者なり、又当寺僧・堂衆の内別に檀那六人分の田を捨て且つ要むる有り、此の六人は須らく常住の普請等を免じ、専ら道行を以て本と為すべし、然れば則ち維那・侍聖・侍真・祠堂坊主其の外老僧二人を以て堂に定め置き僧堂を離るべからず、如上の六員須らく諸務を免じ檀那の信心・願力に応ずべきなり、

     文安四年丁卯九月廿八日

         仏通寺住持比丘禅慶之を書く、

 右、如上の評定により、現前の老僧十五人花字を押し、以て後代不易の式と為す、

   (中略)

 此の外住持に任ずるの前に現れざる衆、其の名字を題し、使ひを遣はし花字を乞ひ、以て後証と為す、

 

 「解釈」

 天寧寺・仏通寺はこの文安四年(1447)以降、住持と番衆についての規則が不完全であるため、重ねて評議を行ない、直弟の老僧二十人の名前を書き、両寺それぞれ十年間(一人一年?)の住職に任命する。また老僧たちの流派十派を示し、両寺に五年間の番衆を配置する。五年間の当番が終わって再び始めるときは、必ず両寺の番衆を入れ替えるべきである。だから、十年のうちに、住持はそれぞれ一度、番衆はそれぞれ二回担当するのである。住持交代の時は、檀那(小早川氏)の任命を求めない。ただその時の住持の書状一通だけを用いて、次の住持就任を要請しなさい。もし辞退することがあれば、当番の住持は他の直弟を雇い、あるいはその流派の最長老を抜擢し、主席である住持を空席にしてはならない。番衆交代の時もまた、次の番衆となる流派の老僧一人に依頼状を預け、それによって交代の時期が来たことを知る。もし次の番衆が出てこなければ(辞退すれば)、住持が自ら補任するか、あるいは人を雇って、互いに助け合いなさい。もし次の住持・番衆がともに出てこなければ(辞退すれば)、現在の住持と番衆がその寺の来年の住持・番衆を要請しなさい。自身の眼によって同じく交代の時期とするのである。もし交代する者がなければ、たとえ住持職を一度遂行していたとしても、厳密に寺家を守り、寺を退いて住持を空席にしてはならない。もし欠番の一派があれば、両寺並びに門派への出入りを許してならない。直ちに追放して、その痕跡も残してはならない。しばらくの間は、寄り集まることさえも許さない。このような評議は、博愛の情を欠くと言ってはならない。ただ老いも若きも皆に、同じようにこの規則を守ることを求め、両寺を衰退させないようにしなさい。また、両寺はそれぞれ通常の米銭収納額によって、僧衆の員数を決め、年中行事を定めなさい。さらに余分の収納を堂舎の修理・造営の費用に当てなさい。もし洪水や旱魃によって年貢が減少するならば、たとえ修理・造営を止めても、僧衆を減らしてはならない。もし修造を止めてさらに僧衆の給分が足りなければ、米銭の現納量を計量し、僧衆を減らすのもまた可能であろうか。ただし、住持・番衆は、どうかあれやこれやと和合随順して勤行に専念し、さらにまた修理・造営に励んでください。最近の番衆は、一方では定まった規則を用いず、一方ではその数を減らして十人になり、十五人であるのにもかかわらず、またしても修理・造営に励まず、自ら重罪を招くことは慎まなければならない。だから、もし番衆がむやみに僧衆を減らすことがあれば、住持は収納を計算し、番衆の給分を増やしたり減らしたりして、ひどく責め立てるべきである。もしそうしないのであれば、住持がさらに修造費用を付け足し、番衆らの負担分を免除するものである。また、当寺の僧侶や堂衆のうちで、別に檀那が六人分の田を喜捨し、さらにその田を求める者がいる。この六人は必ず通常の普請等を免除し、もっぱら仏道修行を中心とするべきである。だから、維那・侍聖・侍真・祠堂坊主、その他に老僧二人を設定し、僧堂を離れてはならない。上述の六人は必ず雑務を免除し、檀那の信心・願力に応えなければならないのである。

   (中略)

 右、上述の評定により、現前の老僧十五人は花押を押し、それによって後世において不変の規則とする。

   (中略)

 この他、住持に任命する僧侶で、前に書いてない衆は、その名字を書き記し、使者を遣わして花押を書くように依頼し、それによって後々の証拠とする。

 

 「注釈」

「一老」

 ─「一﨟」の当て字か。

 

「或減少至十人十五、而〜」

 ─未詳。強引に書き下し、訳してみましたが、まったく確信がありません。

 

*書き下し・解釈ともに、よくわからないところばかりです。

仏通寺文書18

    一八 管領畠山持国奉書   ○東大影写本ニヨル

 

  (豊田郡生口島

 安芸国向上寺事、為祈願寺精誠之由所仰下也、仍執達

 如件、

     (1444)          畠山持国

     文安元年十二月廿六日     沙弥(花押)

               住持

 

 「書き下し文」

 安芸国向上寺の事、御祈願寺として精誠を致さるべきの由仰せ下さるる所なり、仍て執達件のごとし、

 

 「解釈」

 安芸国向上寺のこと。将軍家御祈願寺として、誠実に祈祷を致しなさるべきである、とご命令になるところである。よって、以上の内容を下達します。

仏通寺文書17

    一七 管領細川持之奉書   ○東大影写本ニヨル

 

 安芸国仏通寺事、為御祈願所精誠之由所仰下也、仍執達

 如件、

     (1441)           細川持之

     嘉吉元年十二月廿一日     右京太夫(花押)

               住持

 

 「書き下し文」

 安芸国仏通寺の事、御祈願所として精誠を致さるべきの由仰せ下さるる所なり、仍て執達件のごとし、

 

 「解釈」

 安芸国仏通寺のこと。将軍家御祈願所として、誠実に祈祷を致しなさるべきである、とご命令になるところである。よって、以上の内容を下達します。

周梨槃特の巨木コレクション その4(未完)

徳島県三好郡東みよし町加茂「加茂の大楠」

f:id:syurihanndoku:20211205211333j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205211654j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205211001j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205210936j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205210846j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205210828j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205211517j:plain

 

香川県仲多度郡琴平町「琴平の大センダン」

f:id:syurihanndoku:20211205212016j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205212125j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205212114j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205212101j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205212040j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205212242j:plain

 

香川県善通寺市善通寺町「善通寺の大楠」

f:id:syurihanndoku:20211205213607j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213146j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213134j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213116j:plain

 

同地「五社明神の大楠」

f:id:syurihanndoku:20211205213313j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213412j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213358j:plain

f:id:syurihanndoku:20211205213345j:plain

 

仏通寺文書16

    一六 真知外三名連署規式写   ○住持記ニヨル

 

 (前闕ヵ)

 「

 右両寺住持先年以衆評定定、太半隕没恰如残星、以故此職

 以為患矣、故重設規式以題直弟若干名字、向後湏此臘、次択

 其器用、以可住持者也、

  但除三十三回於両寺不出頭、蓋以老病辞故也、

     (1441)

     嘉吉元年八月廿五日

                 字一咲禅慶 〈圓福寺」甲州人〉

                 字元哉符契 〈丹後州」慈雲寺〉

             〈字千畝」京城人〉周竹 〈初称筠侍者」後改竹〉

                    真知

 

 「書き下し文」

 右両寺住持先年衆の評定を以て定む、大半隕没すること恰も残星のごとし、故に此の職を以て衆を欠くごとに以て患ひと為す、故に重ねて規式を設け以て直弟若干の名字を題し、向後須らく此の臘に依るべし、次いで其の器用を択び、以て住持を請ふべき者なり、

  但し除く、三十三回両寺に出頭せざる者に於いては、蓋し老病を以て辞と為す故なり、

 

 「解釈」

 右、両寺(天寧寺・仏通寺)の住持を、先年評定衆の評議によって決定した。住持候補者たちの大半が死没し、あたかも有明の星の輝きがすぐに消えるように、残りの候補者たちもわずかである。だから、候補者たちが欠けるごとに思い悩んでしまう。したがって、もう一度住持に関する規則を設け、幾人かの直弟らの名前を書き、今後は必ずその僧の臈次に従うべきである。次にその人の器量を選び、それによって住持を招請するべきものである。

 ただし、次の場合は除く。両寺に三十三回出頭しない者については、老病をもって辞退したとみなすのである。

 

*書き下し文・解釈ともに、よくわからないところが多いです。