周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

2017-10-15から1日間の記事一覧

己斐文書13

一三 光珍請文 三たの(正覚) (道) しやうかく寺の御事ハ、代々申をかるゝしたい候によて、入たうのしやうかく寺をと (坊主) (仰) りたて申候、代々はうすのをほせおかれて候ハん寺しきの事、いけいきにおよひ候 (周防守) (文書) はゝ、御そうり…

己斐文書12

一二 厳島社神主藤原了親(親詮)書状 御礼委細承了、 抑舊冬入二見参一申奉之条、于レ今難レ忘悦入候、自然之御次者可レ有二御尋一候、 又御茶大勢賜候之条、返々喜入候、自二當方一こそ可レ進候ニ、結句送給候之条 難二申盡一候、委細定荘原坊主御物語候歟…

己斐文書11

一一 光珍寄進置文 (神領) (土橋)(湯屋谷) 御しんりやうの内三田しんしやう下村のうち、つちハしゆやたにゝさきたち候て、 (正覚) た二たんきしん申候き、かさねて彼所のうちの田二たん、しやうかく寺へきしんた てまつり候なり、もし寺りやうの田は…