周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

山野井文書13

   一三 陶晴賢加冠状

 

      加冠       賢次

    (1553)

    天文廿二年三月七日        晴賢(花押)

           (景頼)

         能美四郎殿

 

 「注釈」

「加冠状」─武士が元服して実名を名乗る場合、将軍、大名などから名乗りの一字を与

      えられる際の文書(『日本国語大辞典』)。

 

 *書き下し文、解釈は省略。

 *能美四郎景頼が、陶晴賢から「賢」の字をもらって、「賢次」と名乗ったものと考

  えられます。

山野井文書12

   一二 大内義隆安堵状

 

         (義隆)

          (花押)

  (仲次)               大内義興

 父秀依一跡事、任去明応九年十一月十五日凌雲寺殿證判、天文十七年八月二日

 譲与状之旨、能美弥三郎景頼可相続之状如件、

    (1550)

    天文十九年十一月廿九日

 

 「書き下し文」

 父秀依一跡の事、去んぬる明応九年十一月十五日凌雲寺殿の證判、天文十七年八月二

 日譲状の旨に任せ、能美弥三郎景頼相続すべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 父秀依の跡目のこと。去る明応九年(一五〇〇)十一月十五日付大内義興様の安堵状と、天文十七年(一五四八)八月二日付の譲状の内容のとおりに、能美弥三郎景頼に相続するべきである。

 

 「注釈」

「秀依」─七代仲次(秀依)。

「能美弥三郎景頼」─八代景頼(世次)。

 

*凌雲寺殿證判と譲状は残存していません。

山野井文書11

   一一 大内氏奉行人連署奉書(切紙)

 

          越智郡                    (冷泉)

 去月十五日、於豫州中途表動之時、郎従澁屋小次郎被矢疵右肱之由、隆豊注

 進到来遂披露畢、尤神妙之由、所 仰出也、仍執達如件、

 

    (1546)           (青景隆著)

    天文十五年九月十三日      右京進(花押)

                  (杉宗長)

                    沙 弥(花押)

                  陶隆房

                    尾張守(花押)

         (仲次ヵ)

        能美四郎殿

 

 「書き下し文」

 去月十五日豫州中途表に於いて動くの時、郎従渋屋小次郎矢疵「右肱」を被るの由、

 隆豊の注進到来し披露を遂げ畢んぬ、尤も神妙の由、仰せ出ださるる所なり、仍って

 執達件のごとし、

 

 「解釈」

 去る八月十五日伊予国越智郡中途島沖で河野軍と戦ったとき、能美氏の被官渋屋小次郎が矢傷を右肘に受けたという、冷泉隆豊の注進が到来し、大内義隆様に披露した。いかにも感心なことである、と義隆様は仰せであった。そこで、以上の内容を下達する。

 

 「注釈」

豫州中途表」─愛媛県今治市吉海町椋名の中渡島。能島村上氏の有力な海賊城。この

        史料は『愛媛県の地名』(「中渡城跡」)で引用されています。

「渋屋小十郎」─能美仲次の被官か。

「冷泉隆豊」─大内氏の重臣で、安芸国佐東銀山城の城番。

山野井文書10

   十 大内氏奉行人書状(切紙)

 

 去五月十八日、至豊後国薄野浦奥郷動之時、別而有御馳走疵之段、

 則達上聞候之處、如此被遣 御感状候、御面目之至尤以珍重候、弥御

 忠節可専一候旨候、恐々謹言、

   文三年(1534)

     六月廿日           興實(花押)

       (仲次)

     能美縫殿允殿

 

 「書き下し文」

 去んぬる五月十八日、豊後国薄野浦奥郷に至り動くの時、別して御馳走有りて傷を致

 さるるの段、則ち上聞に達し候ふの處、此くのごとく御感状を成し遣わされ候ふ、御

 面目の至り尤も以って珍重に候ふ、弥御忠節専一たるべく候ふ旨に候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 去る五月十八日に、豊後国薄野浦奥郷に行き、大友軍と戦った時、格別に奔走して傷を被りなさったことは、すぐに大内義隆様のお耳に入りましたので、このように御感状をお遣わしになりました。この上ない名誉で、いかにもめでたいことでございます。ますますご忠節を遂げられることが第一であるということです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

薄野浦奥郷」─現大分県西国東郡真玉町臼野。『大分県の地名』(「臼野庄」)に、

        この史料が引用されています。

「興實」─右田興実。玄蕃助・下野守。薄野浦攻撃の軍事指揮官。周防右田氏は、周防

     国佐波郡右田保(現防府市)を本貫地とする大内氏の一族。有力庶家の一つ

     として宗家を支えたが、弘治三年(一五五七)毛利氏の防長侵攻に際し、大

     内氏を見限って毛利氏に味方した。

     (和田秀作「周防右田氏の相伝文書について」『山口県文書館研究紀要』

     四一、二〇一四・三、

     http://archives.pref.yamaguchi.lg.jp/user_data/upload/File/kiyou/041/kiyou41-04.pdf)。

「能美縫殿允殿」─七代仲次(秀依)。

山野井文書9

   九 大内義興下文

 

         (義興)

          (花押)

 下            能美縫殿允仲次

   可早領知安藝國能美嶋中村内拾六石地(割書)「能美左近将監先知行」

   事

 右、今度藝州忩劇、㝡前以来別而奔走神妙之条、爲勧賞充行也者、早守

              (節)

 先例領知、弥可忠切之状如件、

     (1525)

     大永五年六月十三日

 

 「書き下し文」

 下す   能美縫殿允仲次

   早く領知せしむべき安藝国能美嶋中村中村の内拾六石の地(割書)「能美左近将

   監先に知行」事、

 右、今度藝州の忩劇、最前以来別して奔走神妙の条、勧賞のため充て行う所なり、て

 へれば早く先例を守り領知を全うし、弥忠節を励むべきの状件のごとし、

 

 「解釈」

 下す 能美縫殿允仲次

   早く領有するべき安芸国能美島中村内十六石の地(割書)「能美左近将監が先に

   領有していた」のこと。

 右、今度の安芸国の争いごとで、当初より格別に奔走したことは感心なことであるので、その功労を賞して給与するところである。というわけで、早く先例のとおり知行を全うし、ますます忠節を尽くすべきである。

 

 「注釈」

「能美縫殿允仲次」─七代仲次(秀依)。

「藝州忩劇」─大内氏厳島神主職を望む友田興藤との争いのことか。

不当な出世で大喧嘩! 出世間なのに…

  文安四年(一四四七)七月十四日条 (『建内記』9─18)

 

 十四日、甲辰、天霽、

  (中略)

 後聞、                     (雪心等柏)

 今日相國寺有物忩事、沙弥・喝食等頻悪行有閇籠之企、住持加制止、以行者・力者

 等警固之、沙弥不承引及刃傷墜命云々、禅家繁昌之餘、動如此事連續及自滅、可

       

 憐々々、此事、喝食一両人就強縁望得度、直沙門不経沙弥許容了、仍上首沙弥愁

 超越望比丘、不承引、仍催沙喝等閇籠輪蔵有喧嘩、是訴住持・都聞等云々、住持退

 院之時、沙喝以飛礫打破輿後、長老打損腰云々、

 

 「書き下し文」

 後に聞く、今日相国寺に物忩の事有り、沙弥・喝食等頻りに悪行し閉籠の企て有り、

 住持制止を加へ、行者・力者等を以って之を警固す、沙弥承引せず刃傷に及び命を墜

 とすと云々、禅家繁昌の余り、動もすれば此くのごとき事連続し自滅に及ぶ、憐れむ

 べし憐れむべし、此の事或いは喝食一両人強縁に就き得度を望む、直に沙門(割書)

 「沙弥を経ず」許容し了んぬ、仍って上首の沙弥超越を愁ひ比丘を望むも、承引せ

 ず、仍って沙喝等を催し輪蔵に閉籠し喧嘩有り、是れ住持・都聞等を訴ふと云々、住

 持退院の時、沙喝飛礫を以って輿を打ち破る後、長老腰を打ち損なふと云々、

 

 「解釈」

 後で聞いた。今日相国寺で物騒なことがあった。沙弥と喝食たちがたびたび悪事を行い、閉籠を企てた。住持の雪心等柏は閉籠を止めようとして、行者と力者たちを使って警固した。沙弥は制止を聞かず刃傷沙汰に及び命を落としたそうだ。禅寺は賑い栄えるあまり、場合によってはこのような事件が続き、自滅する状態にまでなる。気の毒なことである。なかでもこの件は、喝食の一人か二人が強力な縁故者について出家を望み、沙弥を経ずにすぐに比丘になることを、相国寺が認めてしまったことによる。そこで、首座の沙弥が超越されたことを嘆き訴え、正式な僧侶になることを望んだが、住持は承諾しなかった。そこで、他の沙弥や喝食たちを呼び集め、転輪蔵に閉籠して喧嘩した。首座の沙弥は住持と都聞を訴えたそうだ。住持がその職を退いたとき、沙弥や喝食たちは小石を投げて、住持の乗っている腰を壊した後、住持は腰を怪我したそうだ。

 

 「注釈」

「住持」─相国寺住持四九世、雪心等柏。一四四六年九月二二日〜一四五九年一月二二

     日(相国寺寺住持位次、http://www.shokoku-ji.jp/s_rekidai.html)。

「沙弥」─①剃髪して十戒を受けた未熟な僧。②剃髪しているが妻子があり在家の生活

     をしているもの(『古文書古記録語辞典』)。

「喝食」─禅宗で、大衆に食事を知らせ、食事について湯、飯などの名を唱えること。

     また、その役をつとめる僧(『日本国語大辞典』)。

「行者」─あんじゃ。禅宗で、未だ得度せず、寺にあって諸役に給仕する者(『古文書

     古記録語辞典』)。

「力者」─①公家・寺社・武家に仕えた力役奉仕者。剃髪しているが僧侶ではない。駕

     輿・馬の口取り、警固・使者などをつとめる。荘園領主の使者として荘園現

     地へ下向し、年貢・公事の催促を行うこともあった。②青色の衣を着る者を

     青法師、白色の衣を着る者を白法師と称した(『古文書古記録語辞典』)。

「都聞」─禅宗寺院の経済面を担当した東班衆の最高位の役職。

 

* 寺院の世界でも、「超越」が大きな問題になっていたようです。公家の世界では、

 家格・正嫡庶流の違い・臨時の功績・強力な後ろ楯などによって、上位者を超越して

 昇進することがあったそうです。超越されて不満をもった公家は、不出仕・籠居とい

 った抵抗の姿勢を見せる場合もあれば、出家してしまう場合もありました。道理のな

 い超越であれば、こうした抵抗はやむなし、と社会的に容認されていたようです(百

 瀬今朝雄「超越について」『弘安書札礼の研究』東京大学出版会、二〇〇〇)。

  今回の沙弥の閉籠事件も、公家と同様に、超越に対する抵抗の手段だったのでしょ

 う。ただし、暴行殺人事件にまで展開しているので、公家に比べると随分乱暴な事態

 になっています。当時の寺院関係者はかなり気が荒いようです。

  詳しくはわかりませんが、禅宗寺院(相国寺)では、喝食から沙弥、そして比丘へ

 というように、だんだんと出世?していくようです。喝食から比丘へという一足飛び

 の出世は、道理に反した人事だったのでしょう。出世間であるはずの寺院社会にも、

 俗世間にあるような強力な縁故が、しっかりと反映されているようです。

  公家の世界では、抵抗が身を結んで、超越の人事が取り消されたり、被超越者が超

 越者をさらに超越して出世していったりすることもあったそうです(前掲百瀬論

 文)。今回の沙弥の比丘昇進の嘆願は認められませんでした。おそらく定員も固定さ

 れているでしょうから、比丘への昇進は見送られたのでしょうが、それにもまして喝

 食の後ろ楯が強力だったのでしょう。公私混淆は、公家や武家の世界だけではないよ

 うです。

山野井文書8

   八 大内氏奉行人連署書状(切紙)

 

   (能美)                     (弘中)(被)

 就御同名与三言上之儀、爲御尋之⬜︎正長披官候、於

 (儀)                     (謹言)

 旨⬜︎者見申状候之条、[   ]被遣候、恐々⬜︎⬜︎、

      八月廿八日        正長(花押)

                   景忠(花押)

 

 「書き下し文」

 御同名与三言上の儀に就き、御尋ねを成さるべきの⬜︎のため正長被官を遣はし候ふ、

 旨儀に於いては、申状に見え候ふの条、[  ]遣はされ候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 御同名の能美与三が訴え申した件について、大内義興様がお尋ねになろうとしたため、弘中正長の被官を遣わします。与三の所存については、申状に見えておりますので、そちらにお遣わしになりました。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「御同名与三」─未詳。

「正長」─弘中正長。大内氏奉行人。

「景忠」─未詳。

山野井文書7

   七 大内氏奉行人連署奉書(切紙)

 

 去三日、至厳島敵船相懸之處、警固船衆懸合即時追散、殊僕従二人被矢疵

       (越後)     (興房) (遂披露)           (之由)

 次第、弘中[  ]守書状等陶尾張守[  ]慥被知食畢、尤神妙[  ]、

          (執達)

 所仰出也、仍⬜︎⬜︎如件、

    (大永三ヵ)(1523)      (杉興重)

    [   ]年十月十三日     兵庫助(花押)

                    散 位(花押)

 

 「書き下し文」

 去んぬる三日、厳島に至る敵船相懸かるの處、警固船懸け合ひ即時追ひ散らす、殊に

 僕従二人矢疵を被るの次第、弘中越後守の書状等を陶尾張守披露を遂げられ、慥かに

 知ろし食され畢んぬ、尤も神妙の由、仰せ出ださるる所なり、仍って執達件のごと

 し、

 

 「解釈」

 去る十月三日、厳島にやってきた敵船が攻め掛かったところ、能美方の警固船が敵船に激しく攻め掛かり、すぐに追い散らした。とくに能美方の配下二人が矢傷を被った事情については、それを知らせた弘中越後守武長の書状等を、陶尾張守興房が大内義興様に披露し、たしかにご存知になった。いかにも感心なことであるとの仰せである。そこで、以上の内容を通達する。

 

 「注釈」

「弘中越後守」─大内氏家臣。永正五年(一五〇八)、大内義興に従って上洛。山城守

        護代(『戦国人名事典』)。

山野井文書6

   六 大内氏奉行人連署奉書(切紙)

 

                  (安芸佐西郡)(安南郡

 就海上搦之儀、警固船去月十七日夜至廿日市并能美江田嶋押懸、敵船壹艘引取之

     (武長)

 次第、弘中越後守注進之趣、慥被知召訖、弥忠節可肝要之由所

 出也、仍執達如件、

 

        (1523)          (杉興重)

        大永三年十月四日       兵庫助(花押)

                       散 位(花押)

          (仲次)

        能美縫殿允殿

 

 「書き下し文」

 海上搦めの儀に就き、警固船去月十七日夜廿日市并に能美・江田島に至り押し懸か

 り、敵船壹艘を引き取るの次第、弘中越後守注進の趣、慥かに知ろし召され訖んぬ、

 弥忠節肝要たるべきの由仰せ出さるる所なり、仍って執達件のごとし、

 

 「解釈」

 海上捕縛作戦の件について、能美方の警固船が先月の九月十七日の夜に廿日市や能美・江田島に向かって攻めかかり、敵船一艘を奪い取った事情を、弘中越後守武長が注進し、大内義興様はたしかにご存知になりました。ますます忠節を尽くすことが大切である、と義興様が仰せである。そこで、以上の内容を通達する。

 

 「注釈」

「海上搦」─海上で敵船を捕縛する作戦か。

「警固船」─中世の水軍、海賊や敵水軍から輸送船を守る軍船。

「弘中越後守」─大内氏家臣。永正五年(一五〇八)、大内義興に従って上洛。山城守

        護代(『戦国人名事典』)。

「能美縫殿允殿」─七代仲次(秀依)。

山野井文書5

   五 大内氏奉行人連署書状(切紙)

 

       (安芸)

 去廿七日、至府中動之時、堀越在家令放火、同仁保嶋敵船一艘同[  ]者、引

    (弘中越後守ヵ)   (露候) (神妙ヵ)     (被申旨候ヵ)

 執之由[   ]注進慥令披⬜︎⬜︎、尤⬜︎⬜︎之由、能々可[   ]、恐々謹言、

 

   (大永二年三月)(1522)     (弘中)

    [     ]         正長(花押)

                 (杉)(興)

                    ⬜︎重(花押)

 

 「書き下し文」

 去んぬる廿七日、府中動きに至るの時、堀越の在家に放火せしむ、同じく仁保嶋の敵

 船一艘・同じく[  ]は、引き執るの由弘中越後守注進し慥かに披露せしめ候ふ、

 尤も神妙の由、能く能く申さるべき旨に候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 去る三月二十七日、安芸府中の戦に向かったとき、堀越の民家に放火させた。同じく仁保島の敵船一艘、同じく[  ]を奪い取ったことは、弘中越後守が注進してきた内容を、確かに大内義興様に披露しました。「いかにも感心なことである、とくれぐれも能美氏(仲次ヵ)に申し伝えられるべきだ」、という仰せです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「堀越」─現広島市南区堀越か。旧仁保島村(『広島県の地名』)。

「弘中越後守」─大内氏家臣。永正五年(一五〇八)、大内義興に従って上洛。山城守

        護代(『戦国人名事典』)。