周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井英三氏所蔵)16

    一六 綱安書状寫

 

『竪紙書翰』

 其元ニ長々罷居候与三右衛門事、又被召還候て御つかい候する事肝要候、

              (致ヵ)

 於我等者少も御等閑不存候、爲其御報此候、尚口上ニ令申、恐々謹言、

            甲寅

       二月廿一日         綱安

    (ウハ書)(宗勝ヵ)

     「石井弥三郎殿         綱安

          まいる御宿所       」

 

 「書き下し文」

 其元に長々罷り居り候ふ与三右衛門の事、又召し還され候ひて御つかい候はんずる事肝要に候ふ、我等に於いては少しも御等閑に致さず候ふ、其の御報のため此くのごとく候ふ、尚ほ口上に申さしむ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 そちらに長々と出向いておりました与三右衛門のこと。再び(こちらに)呼び戻しまして使いますようなことが大切です。私たちの方では(与三右衛門を)少しもいい加減には扱いません。さらに口頭で申し上げさせます。以上、謹んで申し上げます。