周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

横田唯二氏旧蔵文書2

   二 吉川元春小早川隆景連署書状(禮紙付)

 

 其方事、連々依馳走、分国中荷役并勘過之事、不相違之由、

 被遣御一通候、尤肝要候、謹言、

    (永禄十一年)

      十一月六日          元春(花押)

                     隆景(花押)

        横田藤右衛門尉殿

      (禮紙切封ウハ書)

       「横田藤右衛門尉殿     元春」

 

 「書き下し文」

 其方の事、連々馳走を抽づるにより、分国中の荷役并に勘過の事、相違有るべからざ

 るの由、御一通を成し遣はされ候ふ、尤も肝要に候ふ、謹言、

     (1568年)

      十一月六日          元春(花押)

                     隆景(花押)

        横田藤右衛門尉殿

      (禮紙切封ウハ書)

       「横田藤右衛門尉殿     元春」

 

 「解釈」

 そなたのこと。たえず人一倍尽力したことにより、分国中の荷役や関銭の免除については相違あるはずもないと、輝元様は免状を発給なさいました。何よりも重要なことです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

「御一通」─1号文書のことか。