周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

横田唯二氏旧蔵文書3(完)

   三 小早川隆景書状

 

   (切封ウハ書) (鵜飼元辰)

    「      鵜新右       隆景」

           (先)

 態申登候、横田了喜事、千年堺津切々差上せ辛労候、乍重疊之儀、爰許太篇

 之普請ニ付而、遠國候条、可然衆登遣候儀不相成候間、彼者可相頼候、

 此等之趣能々可申渡候、謹言、

      二月廿九日          隆景(花押)

 

 「書き下し文」

 態と申し登り候ふ、横田了喜の事、先年堺津に切々差し上らせ辛労に候ふ、重畳の儀

 ながら、爰許太篇の普請に付けて遠国に候ふ条、然るべき衆を登り遣はし候ふ儀相成

 らず候ふ間、彼の者相頼るべく候ふ、此れ等の趣能く能く申し渡さるべく候ふ、謹

 言、

 

 「解釈」

 特別に申し上げます。横田了喜のことですが、先年堺津にたびたび上らせ、苦労させております。その働きにはこのうえなく満足しておりますが、こちらは大がかりな普請で遠国におりますため、適切な衆を派遣する件は叶わないので、横田了喜を頼りにするべきです。これらの内容を慎重に申し渡すべきです。以上、謹んで申し上げます。