読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

山野井文書10

広島県史 古代中世資料編Ⅳ 山野井文書

   十 大内氏奉行人書状(切紙)

 

 去五月十八日、至豊後国薄野浦奥郷動之時、別而有御馳走疵之段、

 則達上聞候之處、如此被遣 御感状候、御面目之至尤以珍重候、弥御

 忠節可専一候旨候、恐々謹言、

   文三年(1534)

     六月廿日           興實(花押)

       (仲次)

     能美縫殿允殿

 

 「書き下し文」

 去んぬる五月十八日、豊後国薄野浦奥郷に至り動くの時、別して御馳走有りて傷を致

 さるるの段、則ち上聞に達し候ふの處、此くのごとく御感状を成し遣わされ候ふ、御

 面目の至り尤も以って珍重に候ふ、弥御忠節専一たるべく候ふ旨に候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 去る五月十八日に、豊後国薄野浦奥郷に行き、大友軍と戦った時、格別に奔走して傷を被りなさったことは、すぐに大内義隆様のお耳に入りましたので、このように御感状をお遣わしになりました。この上ない名誉で、いかにもめでたいことでございます。ますますご忠節を遂げられることが第一であるということです。以上、謹んで申し上げます。

 

 「注釈」

薄野浦奥郷」─現大分県西国東郡真玉町臼野。『大分県の地名』(「臼野庄」)に、

        この史料が引用されています。

「興實」─右田興実。玄蕃助・下野守。薄野浦攻撃の軍事指揮官。周防右田氏は、周防

     国佐波郡右田保(現防府市)を本貫地とする大内氏の一族。有力庶家の一つ

     として宗家を支えたが、弘治三年(一五五七)毛利氏の防長侵攻に際し、大

     内氏を見限って毛利氏に味方した。

     (和田秀作「周防右田氏の相伝文書について」『山口県文書館研究紀要』

     四一、二〇一四・三、

     http://archives.pref.yamaguchi.lg.jp/user_data/upload/File/kiyou/041/kiyou41-04.pdf)。

「能美縫殿允殿」─七代仲次(秀依)。