周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

稲葉桂氏所蔵文書2

    二 景経奉書写

 

 信成申梨子羽郷弁海名間事、民部大夫奉書并七郎左衛門入道内々状如此、子細

                                (所ヵ)

 見状候処、停止違乱、如元御安堵候て、可下知之旨仰候也、

 仍執達如件、

     (1321)              (判)

     元亨元年四月六日       景経在ー

    (マヽ)

    梨羽郷預所殿

 

 「書き下し文」

 信成申す梨子羽郷弁海名の間の事、民部大夫奉書并びに七郎左衛門入道内々の状此くのごとし、子細状に見え候ふ処、違乱を停止し、元のごとく御安堵し候ひて、下知せしめ給ふべきの旨に候ふ所なり、仍て執達件のごとし、

 

 「解釈」

 源信成が訴え申す梨子羽郷弁海名のこと。民部大夫の奉書と七郎左衛門入道の内々の書状はこのとおりです。詳細は訴状に見えていますので、違乱を停止し、元のようにご安堵になりまして、ご下知になるべきである、という仰せです。よって、以上の内容を下達します。