周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

福王寺文書22 その2

   二二 安藝国金龜山福王寺縁起寫 その2

 

*本文に記載されている送り仮名・返り点は、もともと記載されているものをそのまま

 記しています。ただし、一部の旧字・異体字正字で記載しています。また、本文が

 長いので、いくつかのパーツに分けて紹介していきます。

 

  夫ルヤ物也法–界無外、法–然本–有コト一–事

  假–法トシテ而非當–躰卽–眞焉、是卽–事而–眞、凡

  法–門顕–密衍–門之行–者爲栖–心之所、然レトモニス

  其、如キハ顕–教則約スルカ攝–相–性–門、故卽–事而–眞

  義者古–賢論シテ密–家不–共者也、今不焉、既今非–情

  之樹–木直當–躰以不–動、是以我卽–事之爲一レ

                                  

  卽也、大師釋シテ卽–事卽–日義乎、是

  以今院–号取事–眞之二–字卽–而而已矣、

   つづく

 

 「書き下し文」

  夫れ物の物たるや法界外無し、法然本有りし故に事の仮法として当体即真に非ざる

  者有ること無し、是れを即事而真と曰ふ、凡そ此の法門は顕密衍門の行者栖心の所

  と為す、然れども尚ほ宗に隨ひ其の旨を異にす、顕教のごときは則ち摂相性門に約

  するか、故に即事而真の義は古賢論じて密家の不共と為す者なり、今悉くすべから

  ず、既に今非情の樹木直に当体以て不動の真と為す、是れ乃ち我が即事の即たる所

  以なり、大師即の義を釈して曰く、常の即事即日のごとし、豈に其れ当の義か、是

  を以て今の院号事真の二字を取りて即而の字を略するのみ、

   つづく

 

 「解釈」

 そもそも意識の対象のなかでしか、物が物であることはできない。本来のあるがままの姿が本来固有の存在であるから、どんな実体のない仮の存在でも、あるがままの本性が真理でないことはない。これを、現実世界の事物がそのまま真理である、という。そもそもこの寺院は、顕教密教を広く学ぶ行者が暮らす場所である。しかし、依然として宗派に従い、その目的を別にしている。顕教のようなものは、現象と本体を捉える考え方をまとめたものだろうか。だから、現実世界の事物がそのまま真理である、という意味は、昔の賢人たちが論じて、密教者は考えを同じにしないものである。今極め尽くすことはできない。すでに今現前している、感情を持たない樹木のあるがままの本性を、そのまま不動の真理と見なす。これはつまり、自分の目の前の現実世界の事物が、現実そのものである理由である。弘法大師が即の意味を解き明かして言うには、いつもの現実世界の事物と、ある事柄のあったその日のようなものだ。どうして「当」(あるがまま)の意味であろうか。こういうわけで、今の院号は「即事而真」のうち「事真」の二文字を採用して、「即而」の字を省略しただけだ。

   つづく

 

*注釈は数が多すぎるので省略しました。解釈はしてみましたが、難しくてよくわかり

 ません。