周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

己斐文書12

   一二 厳島社神主藤原了親(親詮)書状

 

 御礼委細承了、

 抑舊冬入見参申奉之条、于今難忘悦入候、自然之御次者可御尋候、

 又御茶大勢賜候之条、返々喜入候、自當方こそ可進候ニ、結句送給候之条

 難申盡候、委細定荘原坊主御物語候歟之間、令省閣候之事候、期後信

 候、恐惶謹言、

      卯月廿四日         了親(花押)

 

 「書き下し文」

 御札委細承り了んぬ、

 抑も旧冬見参に入り申し奉るの条、今に忘れ難く悦び入り候、自然の御次いでは御尋

 ね有るべく候ふ、又御茶大勢賜り候ふの条、返す返す喜び入り候ふ、当方よりこそ進

 らすべく候ふに、結句送り給ひ候ふの条申し尽くし難く候ふ、委細定めて荘原坊主御

 物語り候ふかの間、省き閣かしめ候ふの事に候ふ、後信を期し候ふ、恐惶謹言、

 

 「解釈」

 お手紙の内容は詳細に承りました。

 そもそも昨年の冬にお目にかかりましたことは、今でも忘れられず喜んでおります。もしよい機会があれば、お尋ねください。また、お茶をたくさんくださいましたことに、とても喜んでおります。こちらから差し上げるべきでしたのに、結局そちらから送ってくださったことへの感謝の気持ちは、言葉では言い尽くせません。細かいことはきっと荘原坊主がお話しになるかと思いますので、省略することでございます。次のお便りをお待ちしております。以上、謹んで申し上げます。