周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

磯部文書2

    二 毛利元就同隆元連署願文

 

    敬白

 (安芸賀茂郡西條) (之)

  新宮大明神願書□事

 一廿貫之地、於防芸之間、可寄進者也、

  右意趣者、去月廿八日如御詫、来二月三月之間、当[   ]事者、右之

  所願速可成就者也、依之仰神威[ ]祈誓如件、

     (1560)

     永禄三年十二月七日      隆元(花押)

                    元就(花押)

 

 「書き下し文」

    敬白

  新宮大明神江願書之事

 一つ、廿貫の地、坊芸の間に於いて、寄進致すべき者なり、

  右の意趣は、去月二十八日御詫びのごとく、来たる二月・三月の間、当[  ]事者、右の所願速やかに成就致すべき者なり、之により神威を仰ぎ、祈誓する所(ヵ)件のごとし、

 

 「注釈」

    謹んで申し上げる、新宮大明神への願文のこと。

 一つ、二十貫の地を、周防国安芸国の間で、寄進いたすはずである。

  右の意向は、去る十一月二十八日に(そちらが)歎願なさったとおりに、来たる二月から三月の間に、(解釈不能)右の願いを速やかに叶え申し上げるはずである。この寄進により神威を尊び、祈誓することは、以上のとおりである。

 

*書き下し・解釈ともによくわかりませんでした。

 

 「注釈」

「新宮大明神」─団子山南麓に鎮座する新宮神社(旧村社)は大同二年(807)の勧

        請と伝え、伊邪那美命など十四神を祀る。毛利元就・隆元父子が永禄

        三年(1560)願文を捧げ二〇貫の地を寄進している(磯部文

        書)。六日市付近にあった賀茂社が消失したので合祀したと伝え、

        「芸藩通志」は「熊野新宮賀茂社」と記す。元就が賀茂社に奉納した

        という鏡が現存。村北部の郡八幡神社(旧村社)は伊邪那岐命など十

        六神を祀る。もと福原神社と称したが、明治四二年(1909)村内

        の郡八幡神社・雨乞神社を合併し、翌年改称したという。もとの郡八

        幡神社は賀茂郡総鎮守社だったのでこの称があると伝える(「寺家

        村」『広島県の地名』平凡社)。