周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

仏通寺文書8

    八 小早川持平書状   ○東大影写本ニヨル

 

 就入部之事態御僧上給候、恐悦之至候、殊預御礼物候、祝着仕候千萬候、

 炎天之時分暮々御音信畏入候、寺家之事毎事不疎略候、巨細ハ御僧

 申入候也、恐々謹言、

       六月廿一日        持平(花押)

      侍者御中

 

 「書き下し文」

 入部の事に就き態と御僧上り給ひ候ふ、恐悦の至りに候ふ、殊に御礼物を預かり候ふ、祝着仕り候ふこと千万に候ふ、炎天の時分とくれこくれ御音信畏れ入り候ふ、寺家の事毎事疎略有るべからず候ふ、巨細は御僧申し入れ候ふなり、恐々謹言、

 

 「解釈」

 入部の件について、わざわざ御僧(仏通寺の僧侶がこちらに)がお上りになりました。この上ない喜びです。とくにお礼物を受け取りました。きわめて嬉しく存じます。炎天の時分、とにもかくにもお便りをありがたく存じます。仏通寺のことは、すべてのことにおいて疎かに扱ってはなりません。詳細は御僧があなた様に申し入れるのであります。以上、謹んで申し上げます。