周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

米山寺文書4

    四 某書状

 

 御書令披見候、如仰今度ハ村上河内守方就下着、各々同意趣申請候、然者

                 (伊予)

 以御使者仰致恐悦候、対来嶋方相請候、猶威書記用

 御状候、恐々謹言、

 (後闕)

        ○以上、二号カラ四号マデノ三通ヲ一巻ニ収ム

 

 「書き下し文」

 御書披見せしめ候ふ、仰せのごとく今度は村上河内守方の下着に就き、各々同意の趣申し請ひ候ふ、然れば御使者を以て仰せを蒙り恐悦致し候ふ、来嶋方に対し相請け致すべく候ふ、猶ほ威書記御状を用ゐ候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 お手紙を披見いたしました。あなた様の仰せのとおりに、今度は村上河内守方の到着について、各々が同意するという趣旨を願い出ました。だから、ご使者をもってご命令をいただき、大変喜んでおります。来島方に対しては互いに保証するつもりです。なお、威書記があなた様の御書状を取り次ぎます。以上、謹んで申し上げます。

 

*解釈がさっぱりわかりません。