周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

石井文書(石井英三氏所蔵)6

    六 大内氏奉行人書状寫

 

『前ニ同』

 去〈天文七〉、従造賀要害令在城、人数普請已下別而馳走之段、遂注進

 之處、被遣 御感状候、尤御面目之至候、弥諸事馳走肝要候、恐々謹言、

                     (杉)

       五月十六日          隆信

         (房家)           『在判』

       石井和泉守殿

 

*割書は〈 〉で記しました。

 

 「書き下し文」

 去んぬる〈天文七〉より、造賀要害に在城せしめ、人数普請已下別して馳走するの

 段、注進を遂げ候ふの処、御感状を成し遣はされ候ふ、尤も御面目の至りにて候ふ、

 いよいよ諸事馳走肝要にて候ふ、恐々謹言、

 

 「解釈」

 去る天文七年(一五三八)より造賀要害に在城し、人員を集めての普請をはじめとして、とりわけよく奔走したことを、大内義隆様に注進しましたところ、御感状を発給なされました。いかにもこの上ない名誉です。ますます諸事に奔走することが肝要です。以上、謹んで申し上げます。