周梨槃特のブログ

史料紹介という修行

楽音寺文書60 その2

    六〇 安芸国沼田庄楽音寺略縁起写 その2

 

*『広島県史』の読点の打ち方を変更したところがあります。

 

 純友此時據備前州釜島城、妨往来之船運送之資、倫実率官軍

 釜嶌力闘戦賊勢熾盛官軍敗積、或打落海底或斬倒船中、倫実未死而

 在伏尸之間、便擒死者之腹膲而置心腹上腥血於手足欺為死人

 於是鵄烏飛攅鵰鷲来摯抓裂彼肉啄眼精、倫実不堪小動揺、悪鳥斯散乱、

 純友怪疑曰、船中之屍恐死者也、使兵一一刺殺之、倫実嘗造薬師

 仏像一寸二分、自加冠之年之髫中、依十有二誓願深致

 信敬、至于斯愈益起信涕泣曰、吾始年十三今至齢三十二、日夜

 所仰薬師之聖約、朝暮所恃医王之効験、本願無誤則令我命助、苟如

 所願則建一宇伽藍、安置髫中之霊像、至誠之感応時而呈、当

 倫実時卒然大亀出首、水上賊兵卒見之嘲笑移時、忘倫実而去、是以

 倫実乗闇夜棹船密上陸、直到闕下奏言凶賊強猛巨之力無能也、請 命

 虎賁之士、謹謝罪焉、

   つづく

 

 「書き下し文」

 純友此の時備前国釜島城に據り、往来の船を妨げ運送の資を奪ふ、倫実官軍を率ゐ釜島を攻め力を尽くして闘戦すれども、賊の勢ひ熾盛にして官軍敗積す、或いは海底に打ち落とされ或いは船中に切り倒さる、倫実未だ死せずして伏せる尸在るの間、便ち死者の腹膲を擒へて心腹の上に置き腥血を手足に塗り、欺きて死人となす、是に於いて鵄烏飛び攅ひ、鵰鷲来たりて摯り、彼の肉を抓き裂き眼精を鑒み啄む、倫実堪へず少し動揺するに、悪鳥斯ち散り乱る、純友怪しみ疑ひて曰く、「船中の屍に未だ死せざる者有るを恐るるなり、兵をして一々之を刺し殺さしめよ」と、倫実嘗て薬師仏の像一寸二分を造り、加冠の年より之を髫中に内れ、十有二請願の力を頼むにより、深く信敬致す、斯に至り愈々益々信を起こし涕泣して曰く、「吾年十三より始め今齢三十二に至り、日夜仰ぐ所の薬師の聖約、朝暮恃む所の医王の効験、本願誤り無くんば則ち我が命を助けしめたまへ、苟も所願のごとくならば則ち一宇の伽藍を建立し、髫中の霊像を安置せん」と、至誠の感応時に呈はる、当に倫実を刺さんとする時、卒然として大亀首を出だす、水上の賊兵卒かに之を見、嘲笑して時を移す、倫実を刺すを忘れて去る、是を以て倫実闇夜に乗じ船を棹し密かに上陸す、直ちに闕下に到り奏して言く、「凶賊強猛にして巨き力無能なり、請ふ 他の虎賁の士に命ぜよ」と、謹んで謝罪す、

   つづく

 

 「解釈」

 藤原純友はこの時、備前国釜島城を拠点としており、船の往来を妨げて運送している資財を奪っていた。藤原倫実は官軍を率い、釜嶋を攻めて戦ったが、賊軍の勢いは盛んで官軍は大敗した。ある者は海底に打ち落とされ、ある者は船中で切り倒された。倫実はまだ死んでおらず、横たわっている死体があったので、そのまま死者の内臓を取り出して自分の胸と腹の上に置き、生き血を手足に塗って、純友軍を騙して自身を死人とした(死人のふりをした)。ここに鳶や烏が飛び集まり、鷲などが飛来して、死者の肉をつかみ掻き切り、目玉を啄んだ。倫実は耐えられず少し動いたので、人に害をなす鳥はすぐに飛散した。純友はこの様子を怪しみ疑って言うには、「船の中の死体でまだ死んでない者がいるのを恐れているのである。兵に死体を一つずつ刺し殺させろ」と。倫実は以前に、一寸二分の薬師如来像を造り、元服の年からこれを髫の中に入れ、薬師如来の十二請願の力を頼りにすることにより、深く信敬してきた。ここに至っていよいよますます信心を起こし、涙を流して泣きながら言うには、「私は十三歳から始め、今の三十二歳に至るまで、日夜敬ってきた薬師如来の請願や、いつも頼りにしてきた薬師如来の効験、本願に誤りがないなら、私の命をお助けください。もし願いのようになるならば、一宇の伽藍を建立し、髫の中の霊像を安置しよう」と。倫実の真心に対する仏の感応はその時すぐに現れた。今にも倫実を刺そうとするとき、突然、大きな亀が首を出した。船上の賊兵たちはすぐにそれを見て、嘲笑っているうちに時間が過ぎた。そして、倫実を刺すのを忘れて立ち去ってしまった。こういうわけで倫実は闇夜に乗じて船を進ませ、密かに本土に上陸した。すぐに朱雀帝の御前にやってきて申し上げて言うには、「凶賊たちは強く勇ましくて多くの官軍は役に立たなかったのです。どうか他の勇猛な軍勢に討伐を命じてください」と。そして謹んで謝罪した。

   つづく